西好投で善戦?巨人に完敗でジエンド

「セCSファイナルS・第4戦、巨人4-1阪神」(13日、東京ドーム)  デイリー

CS Final第4戦◇東京ドーム
チーム   計
阪  神 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
巨  人 0 0 0 0 1 1 2 0 x 4
【阪神】
● 西(0勝1敗)
【巨人】
○大竹(0勝1敗)
Sデラロサ(1S)
[本塁打]
岡本3号、ゲレーロ2号

今日で、2019年は終了
シーズン中盤を思うと
予想外に長いシーズンだったね

クリーンアップの差
それ以上でもそれ以下でもない

中日もナゴドを本塁打が出やすいように小さくするとか

甲子園ももう少し狭くしないと
打者は育たないね

外国人(特に野手)の補強を
フロントはまじめにやらないといけないな

今日も巨人メルセデスに完敗、無策阪神

「セCSファイナルS・第2戦、巨人6-0阪神」(10日、東京ドーム)  デイリー

CS Final第2戦◇東京ドーム
チーム   計
阪  神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨  人 1 0 0 2 2 0 0 1 X 6
【阪神】
● 高橋遥(0勝1敗)
【巨人】
○メルセデス(1勝0敗)
S(セーブ)
[本塁打]
ゲレーロ1号

シーズン終盤から1STステージまで
ウソのようにうまくいった超ショートイニングでの系統が
ことごとく失敗・・・
というより、中継ぎに頼りすぎた故の
中継ぎ陣の疲労が出ているんだと思う

それにしても打てなさすぎ
今日はたったの3安打!???

今日も先制のチャンスがあった
1死2塁で福留はまたも三振

いつまでもチャンスで打てない
福留をありがたがってる限り
将来はないよね

オフには、外国人を中心に
戦力をまじめに整えないと・・・・
フロントまじめにやれ!!

CS1ST初戦を 6点差を大逆転勝利

「セCSファーストS・第1戦、DeNA7-8阪神」(5日、横浜スタジアム)  デイリー

 

CS1st 第1戦◇横浜
チーム   計
阪  神 0 0 0 1 0 0 4 3 0
DeNA 3 0 0 0 4 0 0 0 0
【阪神】
○ドリス(1勝0敗)
S藤川(1セーブ)
【DeNA】
●エスコバー(0勝1敗)
[本塁打]
筒香1号(D)
北條1号(神)

 

1回表1死2塁で3番福留が三振

その裏、先発西は
3番筒香に先制3ランを打たれるなど
打者5人に5安打され
1死もとることなくノックアウト・・・・

 

そして一時、6点差をつけられたが
北條の3ランなどで逆転
直後の8回は岩崎が三者三振にとるなど
勢いを阪神にとどめ

9回は藤川がヒヤッとしながらも逃げきった

2番北條が5打点、1番近本が3安打
途中出場の木浪が2打数2安打
同じく高山も得点に絡む2打数1二塁打

3番福留が、6タコ3三振と
大ブレーキの中
CS史上初めての6点差を逆転
だそうな

公式戦から7連勝・・・・
勢いに乗ってるね

 

CS敗退とドラフト

CS1st stage

2017年10月75日 @甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 3 0 0 3 0 0 0 0 0   6
阪神 0 0 0 0 0 1 0 0 0   1

勝利投手  ウィーランド(1勝)

セーブ

敗戦投手  能見(1敗)

本塁打   ロペス1号(4回表2ラン 岩崎)

 

いきなりの四球から始まって

1死とっただけで3失点

満塁のピンチを残し降板した能見・・・

残念だけれど、この3失点で、the Endo を感じた試合

 

この試合、得点は大山のタイムリーの1点のみ

3戦を通じても、打率538の大山にはいい経験になったネ

植田海も途中出場で2塁打、

走って守れる遊撃手だけに来季への期待も膨らむ

 

投手では石崎が、1死満塁をピシッと抑え、2回2/3を無失点

故障は心配だけど、石崎も来季に期待

 

一方でベテランの、糸井、福留、鳥谷、中堅の俊介

打撃が期待されたけれど、湿っていたね。。。

 

先発でも能見は。シーズン中同様、投げてみないとわからない

藤浪、岩貞の復活、才木、小野、望月、ドラフト

先発陣の再編も必要だねぇ

 

監督は一発のある外国人を熱望しているが

ファンとしても2年前から同意

この2年間の外国人セレクトは監督の希望は届いていなかったのか?

ドラフトでは主導権を握っていたらしいけど(苦笑)

 

もっとも、ゲレーロはシーズン当初、大スランプだったから

金本だったら使い続けていたのか

疑問ではあるけど

 

さあ、次のイベントは来週のドラフト

清宮もいいけど、即戦力左腕と言われる

田島、東が気になるところ(苦笑)

 

雨に負けたね

CS1st stage

2017年10月15日 @甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 2 0 2 0 6 0 3   13
阪神 0 2 1 0 0 1 2 0 0   6

勝利投手  三上1勝)

セーブ

敗戦投手  桑原(1敗)

本塁打   大山1号(3回裏ソロ 今永)

 

試合開始前から雨でグランドコンディションは悪く

試合中も雨が降り続く・・・・

シーズン中だったら、中止にしているとのセ・リーグの談話も

文字通りの泥仕合

糸井が死球で交代した以外は故障がなくてよかった

 

足元が悪い中、投手も踏ん張りきれない

そんな中、DeNAは、

1番が3出塁、2番から5番がマルチ安打(4人で12安打)

6番の代打が3ラン

7,9番もマルチ

8番で途中出場の選手もマルチ

 

一方で、阪神は、マルチは4安打の大山のみ

 

雨中の泥仕合に負けた

CS先勝!メッセンジャーから継投で完封

CS1st stage2017年10月14日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 1 0   1
阪神 1 0 0 0 3 0 2 0 x   6

勝利投手  メッセンジャー(1勝)

セーブ   ドリス(1S)

敗戦投手  井納(1敗)

本塁打   福留1号(6回裏2ラン 井納)

 

中3日のメッセンジャーが6回、

以降、マテオ、桑原、ドリスが各1回を抑えて

DeNAを完封

 

打線の方も井納から点を奪えず苦戦したが

6回裏福留の2ランで2点先取し先行逃げ切り