高山の3ランなどで、西7勝目

「広島3-7阪神」(7日、マツダスタジアム)     デイリー

 

3回表に高山の3ランが出て、7-0
先発西も8回まで投げて3失点

西は、7勝8敗とタイまであと1勝

 

 

追加点のチャンスは何度かあったものの
犠飛すら打てなかったのも何度か

完璧な試合展開ではなかったものの
快勝と言っていいよね

CSにもチャンスを残したというのが
解説者。。。

 

若手の活躍でDeNAに快勝

「DeNA2-9阪神」(5日、横浜スタジアム)    デイリー

 

走者は出すけどホームは遠かった序盤
3回1死満塁から高山の2点タイムリーから
梅野の押し出し、青柳の犠飛
近本の2点タイムリー
6得点とビックイニング

7回は大山のタイムリー
8回にマルテの犠飛
9回は宇mrののタイムリーで
9点と大量得点で
継投も先発青柳以降
島本、能見、望月と
勝ちパ投手を使わずに勝てたのは大きいね

今日マルチ安打は
1番木浪  近本に並ぶ新人13試合連続安打
2番近本  高山の新人球団記録安打を更新(通算137安打)
6番高山
7番大山
8番梅野

クリーンアップ以外のスタメン野手全員がマルチ
というちょっと不思議な現象

ちなみに3番福留は、1安打ながら3三振で途中交代

bsp;

中谷代打で決勝本塁打

「阪神4-2巨人」(31日、甲子園球場)   デイリー

 

糸原の内安打、表情が送って
高山、梅野の連打で先制し、
西の犠打で2点差先制

西は、2点取られて、同点のまま
6回で降板・・・

7回代打中谷が決勝本塁打

8回は2塁打マルテの代走植田
糸原が送って1死3塁
北條の代打大山の振り逃げで2点差

今日マルチ安打は糸原、高山のふたり
高山は今日も申告敬遠も・・・

福留サンは、今日も2死無走者からの単打1本
明日は左腕だし、
福留サンはお休みかな

チーム全員で、西に6勝目をプレゼント

「ヤクルト4-7阪神」(24日、神宮球場)   デイリー

 

1回表に福留が先制2ラン

先発西は、2回まで無失点と
珍しく良い立ち上がりだったが
3回先頭の7番打者に四球を出すと
3失点で逆転を許した

西は、リードしているのは落ち着かないのかなぁ(苦笑)

4回に高山、梅野の連続タイムリー2塁打で
4点取って、再逆転

5回にさらに1点取って、7-3
西には、長い回を投げてほしいところだったが

5回に1失点取られて、この回で降板
西は、リードしているのは落ち着かないのかなぁ(苦笑)

6回以降は、能見、岩崎、ジョンソン、藤川球児が抑えて
選手全員で、西に6勝目をプレゼント

望月6回無失点、プロ初勝利

「阪神8-0DeNA」(22日、京セラドーム大阪)    デイリー

 

望月プロ初勝利

巨人に三タテ食らった直後の
横浜戦に三タテ

先制点は3回、2塁打の近本を木浪が返して先制
続く福留が2ラン

申告敬遠が4つ
うち8回の申告敬遠2つが
8回の5得点につながり
投手起用を楽にしたね

6回は無死1・2塁から大山が送って
高山申告敬遠で1死満塁
ここでは、梅野レフトライナー
代打鳥谷見逃し三振で
DeNAnの申告敬遠成功

8回は無死1・2塁で
(無死1塁から代走植田が盗塁すると
糸原申告敬遠に結果)
大山は普通に打たせて
タイムリー2塁打
1点追加で無死2・3塁
また高山敬遠・・・・
そして、この回5点

9回は藤川ではなく、守屋に任せることができた

今日は、望月が6回無失点と結果を出したこともあって
連投の岩崎、ドリス、藤川球児を温存できたのは大きかった

高山の先制ソロ、木浪・マルテで追加点2で、快勝

「阪神3-1DeNA」(21日、京セラドーム大阪)     デイリー

 

先発・秋山は、5回被安打7ながら
失点1と粘って、降板

以降は、岩崎、ドリス、ジョンソン、藤川球児と
鉄壁な継投

得点は、3回に、高山の2号ソロで先制

4回先頭の木浪が2塁打
福留は三球三振で走者を進めることはできなかったが
4番マルテが三塁筒香の横を抜けるタイムリー2塁打

6回も先頭木浪が2塁打
今度は福留の内野ゴロで1死三塁として
4番マルテが犠飛で3点目

得点差は僅少ではあったものの
好調な救援陣の前では
安心して見ていられた試合だったよ

あと一本出ず高橋遥人をまたも見殺し

「巨人2-1阪神」(16日、東京ドーム)    デイリー

 

先発高橋遥人は、7回被安打4で2失点
これで負け投手

本当に打てないね
というより、点を取れないね・・・

阪神は、8安打
3番福留が3安打
7番高山が2塁打を含むマルチ

特に8回1死1・3塁
走者はいずれも代走の植田と島田
で、6番大山が併殺打・・・
元4番打者だから、作戦はできなかったのでしょう
最低限同点犠飛と言いたいところだが
次打者高山だから、
せめて、併殺打だけでも打たなかったらなぁ

巨人に連勝 チーム全員で粘り勝ち

「阪神3-2巨人」(27日、東京ドーム) デイリー

 

先発西は、いつものごとく、1,2回に失点し
その後も毎回走者を出し粘ったものの
投球数が多くて、5回までしか投げることができなかった

 

一方の打線は、相変わらずの貧打だったが、
5回5番ソラーテがチーム初安打(2塁打)
7番北條がタイムリー
7回マルテが同点弾

その後は両チームとも本塁が遠く・・・

10回、1死一、二塁のピンチで
炭谷が放った打球は右越えへの一打。
外野手は前進守備を敷いていたが、
高山が必死に背走
体を後ろ向きにねじるようにしながらスーパーキャッチ
倒れ込みながらもボールは離さず、
サヨナラ負けの大ピンチをしのいだ

 

その直後11回表2塁打の梅野を
この日無安打だった大山が決勝タイムリー

11回裏は、藤川球児が連投
2四球1安打され、2死満塁まで攻められたが
最後は田中俊太を捕邪飛に仕留めて
長い試合をクローズ

 

北條から近本でサヨナラ勝ち やっと勝てたね

「阪神4-3ヤクルト」(20日、甲子園球場)  デイリー

 

2回裏に2塁打の大山を塁において

高山が先制打

6回に2失点でこの1点を守れなかったけれど

7回2失点と好投

西や岩田と違って、

粘れたなんてコメントがなかったのが

逆転勝ちにつながったと思う

 

8回に逆転して、1点リードでドリス

しかし、ドリスはあっさり同点に追いつかれ

 

9回裏無死で代打北条が二塁打

陽川が送って、1死3塁から

近本の犠飛でサヨナラ勝ち!!

 

 

勝つ気の無い矢野采配にはがっかりしかないわ

中日1―0阪神 ( 2019年6月30日 ナゴヤドーム )    スポニチ
先発・高橋遥人が6回無失点と好投したものの

打線に火はつかず・・・

延長11回、ドリスが

先頭の平田をストレートの四球で歩かせ

ドリスが暴投、サヨナラ負け

 

 

6回表無死で高山が2塁打、8番木浪の進塁打で1死3塁

9番投手、1番近本が連続三振

つい最近見たのと同じ光景・・・

 

8回は1死で高山安打、

この日唯一のマルチの高山に代走江越

昨日唯一の打点木浪に送らせて

代打に、最も打率の低い鳥谷(.127)

(得点圏27打数0安打らしい)

そして三邪飛・・・・

原口もいた、昨日マルチの陽川も・・・・

もっとも当たっている高山を代えての代走なら

盗塁のできる植田じゃないのか?

そして、まず木浪に勝負させるべきではないか?

そのあと。代打原口

歩かされたら、近本にも代打

 

8回表の攻撃は、

高山に代走を出したのなら

こうすべきだろう

 

10回表にマルテの代走植田が盗塁して

2死2塁で江越が三球三振・・・

 

矢野監督は、勝負勘ではなく、

勝負を捨て、何を大切にしているのか?

全く腹立たしい

 

近本の打率は急降下で、260台

最近5試合では。1割を割っている・・・

糸原も好調とはいいがたい

4番大山もしかり

 

好調なのは、3番糸井、5番マルテ、7番高山、8番木浪

矢野監督の見る目もデーターを読む力も無いんだよね

 

この貧打が中継ぎの使い過ぎにもつながってもいる