OP戦 対ロッテ (@甲子園)北條が好調を維持

2016年3月5日 阪神 2-4 ロッテ (@甲子園)

 

先発投手は能見

スターティングメンバー

1 (二) 西岡 剛      両
2 (指) 板山 祐太郎  左
3 (遊) 鳥谷 敬          左
4 (一) ゴメス                右
5 (右) 福留 孝介   左
6 (三) 今成 亮太      左
7 (左) 高山 俊           左
8 (中) 横田 慎太郎  左
9 (捕) 岡崎 太一      右

 

左打者がずらりと揃う打線・・・・・

開幕カードの中日には大野がいるだけに、

江越が調子が上がらず、ファーム調整になったのは残念だが、

この並びが開幕直後のスタメンの原型になのではないかな

高山を使いたいので、中堅ではなく左翼に、

横田が調子を落とせば、

2番に中堅で、右投手なら緒方、左腕なら大和を考えていそう。

さて、今日の試合、先発能見は、4回無失点(2安打、2四球)とまとめたが

2番手新人の青柳が登板直後に3連続四球、犠飛、タイムリーと乱れたものの

以降を抑え、2回を2失点となんとか修正

9回は高橋が3連打などで2失点

 

打線の方は、10安打したものの、中心のベテランが初のオープン戦のためか

打線がつながらず2得点のみ

 

期待の若手は・・・

横田は安打が打てなかったものの、安打の高山が封殺されたあと盗塁1

途中から鳥谷に代わって遊撃に入った北條が2打数2安打

高山が3打数1安打1四球

 

捕手は、岡崎、小宮山が、ともに2打数1安打

 

開幕まで3週間を切り、開幕オーダーも見え始めてきた

 

OP戦 今日も昨日と同じスコアで引き分け

2016年3月4日 ソフトバンク 3-3 阪神 (ヤフオクドーム)

 

阪神の失点は、メッセンジャーとドリスが、柳田に一発を打たれ、計3失点

一方で、阪神の3点は、遊撃に入った北條の2打点と西岡の1打点

北條は足への死球の影響を心配していたが

今日は、ソフトバンクの先発摂津からの2塁打を含み、

4打数2安打(2塁打2本)、2打点

横田だけではないぞというところを見せてくれた北條だが

その横田も途中出場で、2打数1安打と、好調を維持

そのほか高山は1安打、緒方は2打数1安打、板山も代打で安打・・・

 

一方で、三振の山を築いた選手もいた。。。

4番に入った陽川は、3打数3三振、代打の新井も三振

江越も4打数0安打3三振

プロでの経験年数は異なるけれど、打席でのイメージは ”若さ” と似ている

新井はベテランの年齢だが(苦笑)

OP戦 積極的な攻撃・・・・ソフトバンクと引き分ける

2016年3月3日 ソフトバンク  3-3 阪神 (ヤフオクドーム)

 

先発岩田が5回3失点で先制を許したが、

西岡に続いて、横田、高山のタイムリーで、3点返し、引き分け。

 

野手では

1番打者緒方(DH)が、3打数2安打1死球

7番横田が、4打数2安打2三振(1打点)

6番高山が、4打数1安打(タイムリー内野安打)

 

緒方、横田、荒木(代走)が盗塁にチャレンジするもいずれも失敗

 

投手では、岩田以降の鶴、榎田、マテオが無失点で好投した模様

 

試合観戦をしたわけではないが、

変わろうとしていること、積極野球を目指していることは感じられる。