阪神 与四死球合戦の末 広島にサヨナラ負け

2017年4月1日 @マツダ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
阪神 4 2 0 0 0 2 0 0 0  0   8
広島 3 0 0 0 2 2 1 0 0  1x   9

 

勝利投手  中崎(1勝0敗)

セーブ

敗戦投手  ドリス(1敗)

本塁打    丸1号(1回裏3ラン 岩貞)、鈴木1号(5回裏2ラン 岩貞)

 

阪神は今日も序盤制球の定まらない岡田から6得点、

楽に勝たないといけない試合だったけれど・・・・

阪神投手陣は

先発岩貞は、1回裏 安打、四球、そして3ラン

5回裏 四球、そして2ラン。。。

5回投げて5四死球

 

6回は、松田、髙橋、桑原と3人も使い

6回終了ですでに4投手を使ったことで、

延長を見据えた投手継投が苦しくなった

 

7回は藤川球児

今年は昨年より良い!?

そんな太鼓持ちのような評論家の言葉を打ち消すに十分足りる投球

1回でなんと押し出しを含む3四球

 

同点にされたことで、投手起用は更に苦しくなった

 

1死満塁からラッキーにも併殺打を打ってくれたから

なんとか火だるま球児にはならずにすんだけれど

昨年と全く同じ不安定さ

勝ちパターンに使えないベテランだったら

早く見切らないと

 

8,9回は。マテオが結果的に無失点に抑えたが

52球投げて、4四死球に

バントを一塁へ悪送球(昨日に続き)

 

10回はドリス

1塁牽制悪送球をしながらの

サヨナラ負け投手

 

後ろの投手陣

日本人投手を育てるのは時間がかかるかもしれないが

外国人投手は早急に補強すべきだと思う

 

さて、今日は四球合戦

阪神投手の与四死球は、13

広島は更に多くて、15

 

確かに今日のストライクゾーンは狭かったけれど

それにしても酷すぎる

残念ながら、疲れるだけの試合だった・・・・

 

藤川球児が打たれて、今季らしく逆転負け

2016年9月3日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 0 0 1 0 2 0   3
阪神 0 0 0 1 0 0 1 0 0   2

勝利投手  山口(10勝5敗)

セーブ   山崎(2勝5敗28S)

敗戦投手  藤川(5勝6敗3S)

本塁打   福留9号(7回裏ソロ 山口)

 

先発能見は、6回2死満塁で宮崎を迎えた時に

サターホワイトにリリーフを仰いだものの

1失点と試合を作り、

サターホワイトも次の回も無失点継投

 

打線は、高山の先制タイムリー

追いつかれた後は、福留の勝ち越し本塁打・・・

 

7回を終わって、2-1と1点リード

勝たないといけない試合だったが、

8、9回を投げる投手がいなかった。。。。

 

8回は藤川球児。

筒香の2点タイムリーは、

いわゆるポテンヒットだったが

安定感とは程遠い、今季の藤川がコールされた時すでに

覚悟していた逆転が現実のモノとなっただけ

 

(試合数)

無失点 失点 うち複数点失点
5月  4  3  1
6月  8  2  1
7月  9  0  0
8月  5  3  2

 

7月には無失点だったが、

9試合中複数走者を出したのが、3試合。

3者凡退は3度だけ。

 

今季、大きく負けこんだ要因の一つが

7回以降を安心して任せる投手がいなかったことだが

まさにこの試合もそうだった。

 

また、この試合、大和が何度も登場した。

4回無死2塁から、バントが転がらず、

捕手と交錯し守備妨害を取られ

6回無死1塁では、エンドランの打球が

一走の北條の目の前に転がり

北條がまさかの守備妨害

8回表1死1塁で石川の打球を好捕したが

グラブトスがセカンドベースカバーに入った北條の頭上に・・・

グラブトスが決まっていれば、併殺で逆転はされなかっただけに

ちょっと残念・・・・

 

今日は、大和にツキがなかったね

 

しかし、4安打では勝てないわ

 

明日の予告先発は

阪神・岩貞 vs DeNA・今永

青柳4勝目。打線は北條ひとりでジョーダンを粉砕。

2016年8月13日 @京セラ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
中日 0 0 0 0 0 0 0 2 0   2
阪神 2 0 0 0 1 0 1 1 X   5

勝利投手  青柳(4勝2敗)

セーブ   マテオ(1勝3敗14S)

敗戦投手  ジョーダン(5勝5敗)

本塁打   北條2号(5回裏ソロ ジョーダン)

 

青柳は被安打1、無失点好投も、球数は多く 投球数100で、

7回からサターホワイトが無失点継投

 

打線は、左腕対策打線を組んだものの

北條3安打(本塁打、2塁打2)に原口1安打だけの

不発左腕対策打線

 

しかし、北條が得点を演出

初回は、北條の2塁打に相手失策により2点先制

さらに、5回に2号ソロ

これぞ左腕キラーという働きぶり

 

7回には、大和のタイムリーが出て

4点差がついて、楽勝ムードだったが

 

藤川球児が登場しもつれる・・・・

8回6番から始まる打線も1死しかとれず、

被安打3で走者二人を残して、KO降板

3試合連続、劇場演出の藤川球児

1シーズンを通したら、足を引っ張りまくりの藤川

 

藤川の残した走者は、

原口の無理な体制からの2塁悪送球で

さらに1失点したものの

島本が好救援

 

8回裏、先頭の福留3塁打も

原口、ゴメス凡退。。。。

しかし、途中出場の高山がタイムリー

藤川、原口、ゴメスをカバーする新人

得点圏打率リーグ2位の高山の存在感!

 

残り試合も少なくなった今

左右関係なく、

高山は固定して使うべき選手だと思う

1番より3番か、6番辺りで

 

 

明日の予告先発は

阪神・岩崎vs中日・小笠原

また左腕だけれど・・・・・・

左右にこだわり過ぎはどうかと思う

能見、坂本、北條は頑張ったね・・・ クローザー・藤川球児は危険な演出家!

2016年8月10日 @マツダ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 1 0 0 0 1 0 0 0   2
広島 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1

勝利投手  能見(7勝9敗)

セーブ   藤川(5勝5敗3S)

敗戦投手  福井(2勝4敗)

本塁打

 

今日は、能見・坂本のバッテリー、北條

そして、藤川球児の試合だった(苦笑)

 

1回表に能見のボークで先制され

この回を含めて序盤に

北條の2度のまずい守備もあったが、

能見は6回2/3を1失点と粘り

好調菊地に、安藤が安打

さらに、丸には相性の良い髙橋をだしてこの回無失点

 

得点は、北條の同点犠飛と勝ち越しタイムリー

中盤までは、北條が目立った試合だったが

最終回に大きく盛り上がった(苦笑)

 

7回を終わって1点リード、

おそらく中軸に回る8回をマテオ、

9回を藤川球児でという順番だったと思うが

8回、マテオが併殺もあり無失点で切り抜けたが

2安打1四球と打順を進めてしまい・・・・・

 

9回は、9番から。。。。

代走から出て守備に入っていた赤松まで歩かせ

なんと3四球で、2死満塁で新井を四苦八苦

広島ファンをサヨナラ期待で大き盛り上げ

中飛に抑え、盛り下げた・・・・

 

力んでストライクが入らないベテランクローザーって

なんなんだろう

 

今日のヒーインは、プロ初の北條

能見さん7勝目おめでとう

坂本は2度めのスタメンで初のフル出場

投手との息は今ひとつ感はあったが

今後に期待というところか

 

明日の予告先発は、

藤浪vs九里

明日はもっと点を取ろう

チグハグ采配で負けた感あり、ヤクルトにサヨナラ負け

2016年8月7日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
阪神 0 0 1 0 3 1 0 0 1 0    6
ヤクルト 0 0 0 2 0 1 2 1 0 1x   7

勝利投手  中澤(1勝0敗)

セーブ

敗戦投手  マテオ(1勝3敗12S)

本塁打   山田33号(4回裏2ラン 岩崎)

 

6回表を終わって、5-2と3点リード

岩崎の球数83

 

6回から安藤ができてき驚いた

山田、バレンティンで始まるのが怖くて

右の安藤を出したのだろうが、いきなり連続四球

2死1・3塁で島本のリリーフを仰いだが

島本は阪神キラーの今浪にタイムリーを打たれ

2点差。。。。

2つのアウトのうち1つは大和の超ファインプレー

 

安藤が無失点継投したとして

残りの3回は誰を投げさせるつもりだったのか

藤川、サターホワイト、マテオ?

 

7回に出てきた藤川は2失点し岩崎の勝ちを消し同点

延長12回を意識したのだろうが

よくない藤川を8回も続投させ、また失点

結果的に、2回で、52球も投げている

 

9回、10回とイニングまたぎさせたマテオは

9回1死も取れず3連打でサヨナラ負け

 

阪神は6得点だが、

バレンティンと比屋根のタイムリーエラーの3点を含んでのもの

 

9回に江越のタイムリーで同点となったが

この時逆転の走者原口を坂本に代えている

 

延長を意識すべき打順なのになぜ原口を代えた?

 

1死2・3塁で、北條

北條は、15球粘ったが三振

この粘りは評価できるが

2死2.3塁で、藤川の打順で残っていたのは

1割打者の新井

北條を三振にとってホッとしたのか

新井にはボール先行。。。

次打者が3安打の高山だけに

安打よりも粘って四球を期待したかったが

予想通り、あっさり、1塁邪飛

 

10回表先頭の高山は死球で4度目の出塁

大和が送って、

鳥谷はストライクを2球見逃して三振

2ストライク目を見逃した時点で

見逃しの三振を予想してしまったが、見事的中

わざわざ、犠打で2塁に送ったのは

坂本ではなく、鳥谷に期待したからだろう

 

<鳥谷の見逃しの三振で負けを確信した>

 

5番原口には坂本を使っていただけに

4番福留は敬遠。。。。

坂本には荷が重すぎ三振で

10回裏のサヨナラにつながっていく

 

ヤクルト打線では

タイムリーエラーの比屋根とバレンティンには

きっちり打点を稼がれたが

それよりも途中出場の今浪に2打数2安打&

15球粘られた末の四球

今浪対策はできてるのか??

藤川好投も、救援投手が失点、ゴメス2ランも追いつけず

2016年4月30日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 1 0 0 0 1 1   3
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 2   2

勝利投手  井納(3勝2敗)

セーブ   山崎(0勝1敗4S)

敗戦投手  藤川(1勝2敗)

本塁打   宮崎1号(8回表ソロ 榎田)

ゴメス9号(9回裏2ラン 山崎)

 

DeNA打線が低調とはいえ

藤川球児は、初めて先発らしい働きをした

6回2/3 失点1

 

しかし、DeNAと同様阪神打線も低調で

井納、三上に抑えられ

クローザー山崎に対して

9回裏2死からゴメスの2ランで追い上げたものの

1点足らなかった。。。

 

今成、狩野をベンチに残したままだったのは

止むなしなのか。。。

 

 

投手リレーは、藤川の後

榎田1回1/3 失点1

高宮1回 失点1

 

高宮のところ

せっかく上げたのだから石崎を見たかった・・・

とはいえ、結果的に1点差まで追い詰めたことを考えると

石崎を使うリスクは取れなかったということか

 

打てない打線をバックにする投手陣は

超変革は難しいのかな

OP戦 オリックスに連勝

2016年3月20日 阪神 4-2 オリックス  (@京セラ)

 

今日のスタメンは

17髙山

28横田

35ヘイグ

49福留

53ゴメス

66鳥谷

74上本

82梅野

91藤川

 

今日も初回先頭の高山がいきなり安打で出塁、

横田は、7球粘って四球で、無死1・2塁

ヘイグは凡退したが、4番福留が先制タイムリー

ゴメスは、遊ゴロ併殺・・・・

 

2回には、鳥谷、梅野で作ったチャンスに、高山が技ありのタイムリー

 

3回表に、藤川は新人吉田に右翼へ大きな本塁打を打たれ

さらに、平凡な三塁ゴロをヘイグが悪送球、タイムリーエラーで同点に追いつかれるが

その裏、鳥谷、梅野のタイムリーで突き放す

 

藤川は6回を2失点と試合をつくり

7回は、安藤が2安打されながら、結果的には無失点

8回は、福原が無死2・3塁のピンチを迎えながら

オリックスの拙攻に助けられ、無失点

9回は、マテオが1安打無失点で締める

 

 

安藤は、らしいといえば、それまでだが

無失点で抑えたものの、勝ちパターンのセットアッパーとしては

昨年に続き、不安一杯・・・・

 

8回無死1塁で、1塁走者は、T岡田のフェンス上部に当たる打球を、

中堅・江越のフェイクで、3塁止まり。

そして、駿太の二直で、2塁走者代走の岩崎が飛び出し併殺・・・・

(大和が捕球後の2塁への送球の速さは流石だった)

今日の福原は、好守に助けられた登板だった。

 

本塁打0ながら、唯一の防御率1点台の阪神が

オープン戦首位に立った

 

PS) 大和・・・8回無死1塁、走者になった時、盗塁して欲しかったなあ

 

OP戦 好調北條先制タイムリー、

2016年3月13日 阪神 4-0 日本ハム (@甲子園)

 

先発藤川は、丁寧な投球で

5回無安打無失点と、軟投もできるところを見せてくれた

 

6回以降は、安藤、ドリス、守屋、金田が無失点で継投、

日本ハムを1安打で完封、

昨日に引き続き、阪神投手陣は安定感を見せてくれた。

 

一方で、昨日完封された阪神打線、

6回、この試合3度めの併殺で2死3塁となった後

途中出場の北條が先制タイムリー。

その後、ヘイグ、ゴメス、福留が連打でつなぎ、一挙、4点。

北條のタイムリーが、開かずの扉を開けてくれたようだ。

 

北條は、次の打席もレフトへの2塁打。

阪神で、今、最も期待の持てる打者だ。

 

一方で、新井良太。

今日も途中出場で打席をもらったが、三振。

昨年同様の、進化のないスイングだった。

昨年一年間、なぜ一軍に居続けたのか不思議な新井だったが

今年のOP線も、その不思議は継続中だ・・・・

 

高山は休養日?で、代打の一打席のみ。

 

 

OP戦 巨人に快勝、高山も左腕から2安打

2016年3月6日 阪神 6-1 巨人 (@甲子園)

 

阪神の先発は藤川、巨人は内海

ともに先発ローテ入りが期待されるベテランだが、

藤川が、4回1失点と無難にまとめたのに対して、内海は4回6失点。

 

阪神の同点打は、ゴメスの外野の前に落ちるタイムリー。

そして、4回には打線がつながった。

先頭の狩野が安打で出ると、高山、横田も安打で続き、無死満塁

小宮山、鳥谷、西岡が連続でタイムリー。

6連打などでこの回一気に5得点と逆転。

 

藤川以降の投手は、守屋(2回)、石崎、榎田、鶴と無失点で抑え、

セットアッパーとしての期待が膨らむ内容だった。

 

この試合、高山は、4打数2安打、

内海、山口というベテラン左腕から打つ姿は、新人離れした感じもあった

横田は、4打数1安打ながら盗塁を記録

途中出場の大和は、なめらかな守備は、一味違うと思わせたが

安打を打ったあと、走って欲しかった。

 

若手打者としては、代打の緒方もいいあたりの中飛を打ったが

右打者には、もうひと踏ん張りして欲しいところか。