メッセンジャー力投、クリーンアップ+今成タイムリーで西武に快勝

2016年6月4日@甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
西武 0 0 0 0 0 0 1 0 0   1
阪神 2 0 2 0 0 0 0 1 x   5

勝利投手  メッセンジャー(5勝4敗)

セーブ

敗戦投手  多和田(0勝2敗)

本塁打

 

今日はメッセンジャーが7回無失点

昨日の岩貞の借りを返してくれたが

昨日よりストライクゾーンが広く思えた・・・

 

そして、8回はドリスが、

9回は藤川が、無失点継投

 

打線も新人投手に襲いかかった

 

1回裏、鳥谷、北條、福留の3連打で先制

ゴメスの犠飛で2点先制

高山が四球で繋いだが追加点を取れず

 

3回裏には、福留、ゴメスを塁において高山タイムリー

横田三振に続いて、今成タイムリー2塁打で

計2点追加

 

メッセンジャーは安定したピッチングで回を重ねていたが

7回表、記録上は秋山のタイムリーで1点返されたが

鳥谷に捕って欲しかった・・・・

 

8回裏、ゴメスのタイムリーで1点追加して

5-1の4点差

2死1・2塁で、左腕に対して

高山に代打狩野を送ったが、三振

 

得点圏打率 .361と阪神の規定打席到達者で一番高い打者

期待の高い新人打者

今日もタイムリーを打っている

 

9回表の西武打線はかなり力の落ちる下位打線

4点差あれば、普通なら、高山に代打を送る必要はない

 

クローザーに出す藤川への不安感が

1点でも多く取れる可能性にかけたということだろう

 

その藤川

下位打線相手に、三者凡退に抑えたが

ボール球を振って助けられていたのは間違いない

一人でも四球を選ばれていたら

一番の秋山に回り、藤川劇場再演の可能性も・・・・

低調な下位打線だからこその、紙一重の1回無失点

 

 

今季だけでなく、来季のためにも

至急、新外国人のクローザーを求む

 

今日は、原口がお休みで

8番岡崎の4打席、すべてが得点圏の打席で

三振2をふくむ無安打

犠飛すら打てず、

セリーグ主催試合で岡崎がスタメンに入る怖さも感じた・・・

岩崎 今季初勝利。原口、ヘイグ連発も、藤川劇場で冷や汗

2016年5月28日 @東京ドーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 4 0 0 0 0 2   6
巨人 0 0 2 0 0 0 0 0 2   4

勝利投手  岩崎(1勝0敗)

セーブ

敗戦投手  今村(2勝2敗)

本塁打   原口5号(9回表ソロ 宮國)、ヘイグ2号(9回表ソロ 宮國)

 

岩崎、7回途中まで2失点、自責点0

スタミナには課題があるが

いつも試合を作ってくれる岩崎、今年も健在

 

7回2死から、大田に2塁打を打たれ、重信に四球。。。。

この回を投げきれなかったのは残念だったが

安藤が、坂本を1球で抑える好救援

 

4番から始まる8回は髙橋

内飛をゴメスと髙橋が交錯し落球したが

後続を抑え無失点

 

9回は4点差で藤川

巨人は8番から始まる下位打線

しかも2割に満たない打者がずらり・・・・

しかし唯一の 236の亀井に安打を打たれると

1割打者大田に安打、

代打の相川も1割打者だが四球

1死満塁から、坂本の時に暴投

坂本は打ち損じの犠飛で助かった。。。

2点差で2死2塁でクルーズ

なんとか捕手邪飛でEND

 

しかし。。。。

1割打者にここまで追いつめられる藤川劇場

2失点で終わったのは運以外ないだろう

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

続きを読む

神宮らしく?乱打戦 福留が打てなかった犠飛を球児が打たれてサヨナラ負け

2016年5月25日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 4 0 0 3 0 1 0   8
ヤクルト 3 0 3 2 0 0 0 0 1x   9

勝利投手  オンドルセク(1勝1敗9S)

セーブ

敗戦投手  藤川(2勝3敗1S)

本塁打            バレンティン13号(1回表2ラン 横山)14号(3回裏3ラン 横山)

ゴメス12号(3回表3ラン デイビーズ)、鳥谷3号(6回表2ラン 村中)

 

本塁打の数では、2対2と負けていなかったが

藤川がサヨナラ犠飛を打たれて負けた

 

中継ぎ、クローザーが打たれるのはいつものこと

そして、守備が乱れるのもいつものこと

しかし・・・・・

 

ヤクルトの先制点は、2塁に走者を置いて

ヘイグが三塁ゴロをトンネルしたもの

ヘイグが普通にさばいていれば、

2死2塁でバレンティン、

フルカウントから四球を避けるべく

甘く入って2ランを打たれることもなかったかもしれない

 

横山は、バレンティンに

2打席連続で本塁打を打たれてはいるが・・・・

 

中盤まで点の取り合い、経過は省くとして

 

8回の攻撃

1死2・3塁から代打狩野の左前安打

バレンティンがワンバウンドで捕球しようとして

大きく弾いていたにも拘らず

二走の新井は何故本塁に走れなかったのだろう

 

同点に追いついて1死1・3塁

ここで三走を俊介に代えるが

福留が外野飛球も内野ゴロも打てず三振

ゴメスも三振

 

一方のヤクルトは

9回裏1死2・3塁から代打の今浪がサヨナラ犠飛

 

 

今日は、鳥谷、ゴメスが久しぶりの本塁打を打ち

横山がプロ初安打、初長打を打ち

北條のタイムリーで初得点を記録(おそらく)

福留も5月に入って、やっと、2打点目を記録

攻撃面では、いつもと違う側面を見せてくれたものの・・・・・

 

 

今日は先発横山も崩れたが

若い投手に3試合連続で好投しろなんて言わない

今日も中継ぎ陣をつぎ込んで

勝ちパターンにも使いたい、

榎田、安藤、藤川も使って、勝てなかったし

7-9回を無失点で切り抜けることもできなかった

 

未だ、今週は4試合残っているし

疲労気味の中継ぎ投手の補充、

10日間の再調整も必要だよね

 

 

そして、ヘイグ・・・・

初回のタイムリー失策のほか、危うい守備の乱れが2つほどあった

もともと守備には期待できないと言われた選手

本塁打打者ではない選手

当初から、求めるスペックと違う気がしていた

せめて安打を量産してくれれば、良かったけれど

 

マテオ、ドリスに不安があって

さらに勝ちパターンの投手が必要な今

やはり外国人投手の補強が必要だと思う

 

 

明日の予告先発は

阪神・藤浪vsヤクルト・小川

横山から石崎。。。。、球児が締め、5割復帰

2016年5月18日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
中日 0 0 0 1 0 0 0 1 0   2
阪神 0 1 0 1 1 0 0 0 x   3

勝利投手  横山(2勝0敗)

セーブ   藤川(1勝2敗1S)

敗戦投手  山井(0勝6敗)

本塁打     ゴメス11号(5回裏ソロ 山井)

 

先制点は、2塁打の板山を原口のタイムリーで帰したもの

同点に追いつかれた4回裏

原口の2塁打、犠打野選、死球でつくった1死満塁は、

鳥谷の犠飛で1点のみ

(福留凡退)

 

5回裏にゴメスの本塁打で追加点

 

6回表、1死1・2塁 打者ビシエドのところ

横山から石崎に継投

高めのストレートで、ビシエド三振

ナニータは一ゴロで、

全球ストレートで、2点リードをキープ

超変革 継投編、成功!

 

6回裏、投手は、新人左腕 福

守備から入った北條を高山が送り

大和四球で、1死1・2塁

鳥谷三振、福留左飛。。。。

 

7回表も石崎

難しいと言われる

大ピンチを抑えた後のイニング跨ぎだが

あっぱれ石崎

三者凡退、力で抑えこんだ

 

8回表、1死1・2塁と走者を残して

榎田から安藤に

しかし、初球を平田にタイムリー

(1死1・2塁) ビシエド三振

(2死1・2塁) ナニータ右飛

 

1点リードの9回表、クローザーは、藤川球児

コールされた時に大歓声

ストライクを投げるたびに大歓声

 

中日は6番打者からと若干恵まれた感はあるが

今日の球児は、先発の時とは違う

先頭の堂上は、3ボールから、

高めのストレートで三振

亀澤はニゴロ

代打野本は、中飛

球児復活となれば、心強い

 

若手の活躍にベテランが続いたナイスゲーム

 

ヒーインは、昨年のドラ1、2コンビの横山、石崎

 

明日の予告先発は

藤浪vs若松

結局、岩貞は、貧打線に泣いたということではないか

2016年5月14日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 0 1 0 0 0 0   1
DeNA 0 3 0 0 0 0 0 0 x   3

勝利投手  今永(2勝4敗)

セーブ   山崎(1勝2敗8S)

敗戦投手  岩貞(3勝2敗)

本塁打  筒香11号(2回裏ソロ 岩貞)

 

岩貞は、筒香に今季初被弾され、

1点取られたら負けくらいの覚悟で投げていたかのように動揺??

今季の岩貞らしくなく球があれ、

投手今永にまで粘られた末に四球を出し

桑原にレフト新井の前に落ちる2点タイムリーを打たれ

2回裏に、2失点。。。。

 

3、4回は立ち直った岩貞だったが

5回表に、陽川の初安打、原口の四球で

初のチャンスになったときに

代打を出されてしまった。

 

代打の狩野がタイムリーを打ったので

やむなし感はあるけれど、

点の取れない打線は、投手を苦しめる

 

6回表に1死1・3塁のチャンスでは

新井の当たりは中前に抜けないで併殺・・・

 

 

桑原の当たりはあと一歩・・・・

新井が前に出るのを一瞬躊躇したためにタイムリーになり

新井の当たりは、抜けないで併殺

昨日のラッキー中年新井が

今日はアンラッキー中年になったということか

(4打数0安打)

 

新井は、わざわざ外野に使うほど打撃への期待値は高くない

でもそうせざるを得ないほど

打線の調子が悪いということ

 

8回表の2死1・2塁で、ゴメスの当たりは

大きな中飛で、スタンドまであとひとつ・・・・

 

今日は、不運な日だった

 

本来打線を牽引して欲しい最近の福留も鳥谷も

時折安打を打ったり、四球で出塁したりはするけれど

得点に絡めていない・・・・

 

若手を使いたくて使っているわけではなく

中堅、ベテランを使っても、

貧打が解消するわけではなく

シーズン後半や来季以降に向けて

貧打解消の可能性を探っているだけ

 

前監督の残した大きな借金を背負って戦うのは大変

 

さて、藤川球児・・・・

1回無失点に抑えたけど、内容は・・・・・・

板山の好返球で本塁刺殺!

 

明日の先発は

能見 vs 山口

先発球児3回5失点・・・・一度追いつくもタイトな継投で敗戦

2016年5月7日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
ヤクルト 3 0 2 0 0 0 5 0 0  10
阪神 0 0 3 2 0 0 0 1 0   6

勝利投手  秋吉(1勝1敗)

セーブ

敗戦投手  ドリス(1勝1敗)

本塁打            バレンティン9号(1回3ラン 藤川)、雄平2号(3回2ラン 藤川)

原口2号(8回裏ソロ 松岡)

 

藤川は、1回表、2四球そして、バレンティンに3ラン

3回表にも、高井に2ラン

3回5失点3四球、79球・・・

バッティング投手のように気持ちよく打たれていた感じもあった

 

3回まで先発がもたなかったにもかかわらず

4回裏までに5点差を同点にしたために

中継ぎも勝ちを強く意識した継投をすることになり

さらに、延長も考慮しなければいけないことが

タイトな投手起用をさせることになった・・・

そして、今月5試合目で、3連投のドリスが

7回表につかまった・・・

 

もっとも1死満塁から前進守備の大和への打球

併殺可能な当たりに見えたが

イレギュラーして、少し弾く間に勝ち越し点を奪われ

その後は怒涛の攻撃でこの回5失点

 

勝ちパターンのヤクルト継投から

原口の本塁打で1点を返し

少し意地をみせたが

マテオ以外の投手を使い尽くしての非常に残念な敗戦

 

先発投手の3回5失点KOが全てだろう

 

藤川球児は、

今日が5試合目だが、先発投手として合格点は1試合のみ

防御率は、6.12・・・・

ブルペンの負担も大きくしている

 

来週は、藤川よりも、

ファームで調子を戻しつつある岩崎にチャンスを

 

明日の先発は

能見 vs 原

球児抹消!? ローテ再編

阪神藤川球児投手(35)が14日に出場選手登録を抹消されることが13日、分かった。

この日のDeNA戦(甲子園)が雨天中止となり、同戦に先発予定だった岩田が中10日で17日中日戦(ナゴヤドーム)に向かうことが決定。この先発ローテ再編によって、当初17日中日戦の先発が見込まれていた藤川に再調整する期間が生まれた。藤川は前回10日広島戦で5回途中7失点。今季初黒星を喫して「申し訳ないとしか言いようがない」と悔しさをにじませていた。

最短10日間の抹消期間ならば、24日広島戦(マツダスタジアム)から再登録が可能となる。
日刊

球児のプライドなのか、

金本監督以下の冷静な判断なのか

もう一度投げさせてみての判断かと思っていたが

早々の抹消は

球児も特別扱いでないということ

良いことだと思う

 

残念な乱調藤川、5回投げきれず7失点KO

2016年4月10日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
広島 2 0 0 0 5 1 0 0 0   8
阪神 0 0 4 0 0 0 0 0 3   7

勝利投手  福井 (1勝)

セーブ   中崎(1敗4S)

敗戦投手   藤川(1勝1敗)

本塁打          菊地1号(1回表2ラン 藤川)

 

スタメン大幅改造

ヘイグ発熱、ゴメス腰痛だというが、

北條や今成も名を連ね楽しい名前が並び

実際、相手投手が福井ということを割り引かないといけないが

打線はつながり、7得点

 

しかし、問題は藤川球児・・・

立ち上がり、ボール先行、ストライクも高い・・・

1番打者に四球、2番に2ラン・・・・

3番は、バックスクリーン前で、江越がジャンプし好捕

5番エルドレッドにも四球を出し、

モーションを完全に盗まれ二盗され、

よく2点で収まったなという立ち上がり

 

そして、4対2と逆転してもらったが

5回表、投手福井は打ちとったものの

1番から5番まで5連打・・・・でKO

4回1/3で7失点

球威も制球もスタミナも・・・・

 

 

打線は

 

3回裏、1死から、高山・鳥谷の連打で作ったチャンス

まずは江越のタイムリー、

福留は浜風に負けて中飛だったが、

5番今成から、西岡、北條が連続タイムリー

梅野の一二塁間のゴロは菊地のファインプレーだったが

新打線が機能!

タイムリー4本で一挙4点

 

9回は、江越の3塁への内野安打が始まり

福留が安打で、今成が死球で続き、無死満塁

西岡タイムリーで、なお無死満塁

北條の一塁線への当たりで1点追加し

なお、1死2・3塁と一打同点のチャンス

 

ここで梅野は三振

代打を送ろうにも野手が残り少なかったのは残念

 

2死2・3塁から投手に代打狩野は遊撃への内野安打で1点差

2死1・3塁で一塁走者は代走大和、打者高山

この時点で残り野手は岡崎のみ・・・

一気に逆転サヨナラを狙うためにも

Wスチール含みの代走大和だと思ったが大和は動かず

そして、高山は粘った末に見逃しの三振

高山は低いと見きったように思えたが

審判の判定だから止むなしか・・・・

 

走らないほうが、1・2塁間が開くからかもしれないが

大和には、走って欲しかったなあ

 

サンデー球児??

防御率 6.46

前試合は、打線低調なDeNAにはなんとか対応できたが

中日戦、広島戦の投球内容なら

安藤と同じく、中継ぎのほうが適任に思えてくる

 

藤川復帰初勝利、北條・江越本塁打でダメ押し

2016年4月3日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 3 0 0 0 0 1 1 1 2   8
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 0 3   3

勝利投手   藤川(1勝)

セーブ

敗戦投手   石田(敗)

本塁打           ゴメス4号(1回表2ラン 石田)、北條1号(7回表ソロ 石田)

江越1号(9回表2ラン 福地)

 

1回表、高山、ヘイグの安打で作った1死1.3塁から福留の犠飛で先制すると

ゴメスが2ランで追加点

 

一方で、先発藤川は、1、2回で4四死球と制球が定まらなかったが

DeNAの打ち損じに助けられた感じながら

6回まで無失点に抑えて、復帰後初勝利

 

阪神の追加点は

6回表、横田と福留の2塁打で1点

7回表に、藤川に代打の北條がレフトスタンドに

プロ初安打・初本塁打・初打点

8回表、横田安打・盗塁から、福留のタイムリー

9回表、安打の大和を2塁において、江越が2ラン

 

藤川以降の継投は

7回榎田

8回高橋

9回金田。。。3失点

 

ヒーインで昨日の岩貞に続いて

今日の藤川からも

「こんな良いキャッチャだったんだ」

と配球を感謝された梅野にもうれしい連勝だったね

 

阪神・藤川“スイッチバンター”初披露 香田コーチも興味津々

東スポに、藤川球児が右打席でバント練習している写真が・・・・。

 

球児は右投げ左打ちだったけれど

クローザーだったため、打席での球児は思い出せない(苦笑)

 

今季は、先発からスタートするようだから

球児の打席も楽しみ・・・

 

阪神・藤川“スイッチバンター”初披露 香田コーチも興味津々