岩貞好投も報われず・・・

2018年7月 8日 @甲子園

チーム   計
DeNA 0 0 1 0 0 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝利投手   井納(3勝0敗)

セーブ    山崎(18S)

敗戦投手   岩貞(3勝4敗)

 

3試合雨で中止、明日からのマツダでの3連戦も早々に中止決定

オールスター前の最終試合だったので

岩貞は5回で降板したが、

失点は、北条が遊ゴロをはじいたタイムリーエラーによるもの

これで敗戦投手か・・・・

 

リリーバーは、能見、藤川、桑原はさすがという安定した内容

9回のドリスは、完調まであと少しというところかな

 

打線は、雨で湿っていたというところか

チャンスでいい当たりが正面をついたり

好守備にあったり

でもあったものの、

最近好調な陽川、糸原が無安打に終わったのが

逆転までいけなかった要因かな

それほど、二人は打線をけん引してくれたということだね

 

阪神の次の試合は、1週間後の7月16日の月曜日

 

梅野4号3ランから4点差を逆転勝ち

2018年7月 4日 @甲子園

チーム   計
中  日 0 1 3 0 0 0 0 0 1
阪  神 0 0 0 3 0 1 0 2 X

勝利投手   桑原(2勝1敗)

セーブ    ドリス(19S)

敗戦投手   祖父江(1勝1敗)

[本塁打]    梅野4号(神)

 

藤浪やドリスは、力で押し込む「らしい」投球ではなく

不安を感じる投球だった

「らしい」投球だったら。

不運なプレーや失策があっても

簡単に失点することはないだろうな

というのが、本音

 

6回途中からリリーフの能見の安定感

藤川らしさ、復調近い桑原

この3人は今日も良かったね!

 

さて、打線は、スタメン野手全員安打

マルチは、梅野とナバーロ

 

梅野は3ランと8回の6点目となるタイムリー内野安打

ナバーロは、同店犠飛と、得点に絡む安打2本

8回勝ち越し点はナバーロの安打から

代走の俊介は2死から盗塁

大山は、浜風に戻されながらも

俊介が2塁に行ったことで前進守備をしていた右へ3塁打で

1ヵ月以上ぶりの打点!

 

俊介が代走に送られる度に思っていたこと

代走に送るなら盗塁のできる選手じゃないと意味ないだろうと

今日も植田が残っていた・・・・

しかし、今日は代走の価値があったね(笑)

 

4点差を逆転して、不安定なドリスのために2点勝ち越す

打線が活発になってきたね

 

敗因は藤浪の独り相撲よりむしろ貧打線

2018年4月6日 @京セラ
チーム   計
中日 1 0 0 0 1 0 0 1 0 3
阪神 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
勝利投手  小笠原(1勝1敗)

セーブ     田島(2S)

敗戦投手   岩崎(0勝1敗)
[本塁打]   糸井2号(神)

藤浪、今年も波高しという感じか

初回いきなりの四球、盗塁

投前犠打を一塁悪送球

そして冒頭で先取点を奪われ

5回は、連続ストレート四球の押し出しで降板・・・

 

打線は、1回裏上本を塁に置き糸井の2ランで逆転

6回上本、糸井で作った無死2・3塁は

ロサリオ内飛、福留投ゴロ

9回、大山二塁打も糸原に送らせ

1死3塁から梅野に見え見えの

セイフティバンドは併殺失敗

 

6回の主力の凡退で点が取れず

9回に糸原のバント・・・

攻撃のポイントはここだった

 

投手は、9回3失点

及第点だろう

しかし、藤浪が5回持たなかったことで

岩崎にイニングマタギ

 

6回を投げた藤川が2四球を出し

2死満塁で投手小笠原でやっと切り抜けた・・・・

無駄に打順を回してしまった

前登板の3ラン被弾・・・・

藤川球児もベテランらしい投球に切り替えないと

阪神打線爆発、秋山を勝たせた主役は、昇格即スタメンの俊介

2017年5月30日 @マリン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 2 0 1 1 6 2 1 0 2   15
ロッテ 0 4 0 0 3 0 0 0 0   7

勝利投手  秋山(4勝3敗)

セーブ

敗戦投手  石川(0勝5敗)

本塁打   糸井7号(1回表2ラン 石川)、高山4号(3回表ソロ 石川)

大嶺3号(2回2ラン 秋山)

 

こんな悪い秋山、今季初めて見た。

好投しても勝てないときもあれば、

酷く打たれても、勝てるときもある。

次は、いつもの秋山を見せてほしい!

 

さて、秋山を支えた打線。

糸井をDHに、中堅に俊介。

 

1回表、糸井がいきなりの先生2ラン

3点取られて、逆転されると、高山が追撃のソロ。

 

そして、8番俊介が2塁打で出て、牽制悪送球で3塁に進むと

バントの職人梅野がスクイズで同点。

 

俊介は、3打席連続2塁打で、4打点。

試合の流れを一気に阪神に引き寄せたのは俊介だった。

 

今日は。みんな打った・・・

5番一塁キャンベル以外は。

4タコだったが、2打席目から

走者を2人置いて、3打席連続三振

(見逃し、空振り、空振り)

一人だけ、タイミングが合わなかった感じ

 

PS) 藤川球児が、1,000奪三振達成!

 

 

明日は左腕対決

能見 vs チェン

負けへの執念さえ感じた藤川投入、3ラン献上して逆転負け

2016年9月8日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
巨人 0 0 0 0 0 0 0 3 0   3
阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1

勝利投手  内海(8勝6敗)

セーブ   澤村(4勝3敗37S)

敗戦投手  青柳(4勝5敗)

本塁打           坂本21号(8回表3ラン 藤川)

 

8回1死から代打堂上に死球、代走鈴木

走者を気にして、代打長野に死球

ここで常識を超越した藤川球児。。。。。

正気の沙汰とは思えなかった

 

代えるのならサターホワイトだろ!!

あるいは、松田か・・・・

 

青柳に負けをつけ

広島に今日優勝させないために

敢えて巨人に負けようという起用にしか思えなかった

 

藤川球児は、代打の坂本に

高めのフォークを3ラン

やはり、打たれた藤川球児

足の故障で代打に回っている坂本に

高めに投げて3ランとはねえ・・・・・

今年を象徴している投手継投だった

 

気になるのは、

鈴木が代走で出た時に香田コーチは

マウンドに行き何を話したのか?

鈴木なら警戒しても走られる

1死2塁でOKだから、

青柳を苦手にしてスタメンを外れている長野に集中していけ

と言うべきところだっただろう

 

青柳が今期一番の投球をしていたのに

それをぶち壊す継投をした首脳陣+藤川球児

まったく学習効果がないのには呆れるばかり

 

藤川球児のチームリーダー的な発言をしばしば聞くが

その前に、自分の力量を知るべきだろう

阪神3連勝の立役者は、藤浪、坂本、高山と・・・・・DeNAの守りかな

2016年8月24日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 2 3 0 0 0 0 0   5
DeNA 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1

勝利投手  藤浪(6勝9敗)

セーブ

敗戦投手  久保(5勝8敗)

本塁打     坂本1号(4回表ソロ 久保)

梶谷13号(4回裏ソロ 藤浪)

 

5得点の内訳は

高山のタイムリー2塁打、坂本のソロ

新人の打点2以外は

福留の内野ゴロの間と野手の悪送球

および暴投。。。。。

 

先発は、藤浪が7回1失点

走者を出しながらの130球。

 

1回裏先頭の桑原を出したが

坂本が盗塁を刺したことで

立ち上がりを無失点で切り抜けられた

 

3回にも桑原を牽制で刺し

広島戦とは異なる展開で投げられたか

 

8回は、髙橋、サターホワイトで抑え

9回は、マテオがク完ぺきに抑え、3連勝

 

今日のヒーインは、

初本塁打など

攻守に光るところを魅せた坂本もありだったが

3本の2塁打で、

阪神新人最多猛打賞を更新した高山だった

 

打ち勝ったというより

DeNAがこけてくれたという感じか

3位DeNAまで、ゲーム差1.5

 

しかし、8回に藤川球児を出せないのなら、

なぜベンチに入れているのか?

8月の登板は、まだ5度、5回1/3 失点6、四死球6。

数字を見れば、勝ちゲームに出せないのはわかるが

若い投手と入れ替えないのは、聖域なのか

 

明日の予告先発は

阪神・メッセンジャー vs DeNA・ペトリック

福留が延長12回決勝打 勝ちパターン継投に光が

2016年7月13日@神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 合計
阪神 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2   4
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0   2

勝利投手  ドリス(3勝2敗6S)

セーブ

敗戦投手  ペレス(2勝2敗)

本塁打    福留 4号(5回表ソロ 館山)  西田 4号(5回裏ソロ 岩崎)

 

今日も安打は出るけれど、タイムリーは

四球の高山を北條が2塁打で返した先制の1点のみ

 

5回に福留のソロは出たものの

直後に岩崎もソロを浴び

7回は、安藤・髙橋で抑えようとしたが同点にされ

 

延長12回、福留の2点タイムリー2塁打が決勝点

 

今日は福留がヒーローなのはもちろんだけれど

北條、江越のファインプレー

梅野もドリスのワンバウンドを何度も捕球と

野手が守備でもり立てれば

投手も必死に攻めていた

 

先発の岩崎は中盤まで好投

10、11回を投げたドリス

6回無死1・2塁から無失点継投のマテオ

さらに、藤川球児が

8,9回を無失点で切り抜けた

 

ファームにはサターホワイトもいるけれど

勝ちパターン継投に光が見えた感じ

ベテラン、若手がかみあい、やっと連敗ストップ

2016年6月28日@甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 0 0 3 0 0 0   3
阪神 0 0 2 2 0 0 1 0 x   5

勝利投手  メッセンジャー(7勝5敗)

セーブ   ドリス(2勝2敗4S)

敗戦投手  山口(5勝4敗)

本塁打

 

メッセンジャーは、5回まで出塁を許さず完璧な投球

しかし、6回に先頭の7番エリアンに四球を出すと連打連打・・・・

投手ゴロをグラブトスして悪送球するなど3失点

なおも無死1・3塁からは

3番梶谷を三邪飛、4番筒香を三振

5番宮崎の三遊間のゴロは、北條がファインプレー

リードを保ったまま抑えられたのは大きかった

 

攻撃は、

福留(2四球)を除く先発野手全員安打

高山、鳥谷、ゴメス、岡崎といった

不調組がマルチならば点は取れる

 

ゴメスは、内野ゴロの間の打点を含み2打点

西岡もタイムリー2塁打で1打点

高山、北條の犠飛で2点

主軸、若手がかみあえば点は入る

 

メッセンジャーの後を受け

8回は藤川

先頭の松本に2ボール後

1・2塁間の当たりを守備固めの大和が超ファインプレー

次の桑原にもいきなり2ボールとしたが遊飛

しかし石川の投ゴロは送球と

走者が重なったのかゴメスが落球

梶谷に安打され、2死1・3塁・・・・・

藤川劇場?を予感させたが、筒香は三振

 

今日は、筒香に助けられたかな

2度の得点機で三振

鳥谷、西岡の2塁打も筒香でなければ

どうだっただろう

 

明日の先発は

阪神・岩崎 vs DeNA・久保

そろそろ北條のヒーインが見たい

今日も藤川劇場だった そして直後の降雨コールド

2016年6月24日@マツダ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 1 0 1 0 0 0 0 x   2
広島 1 0 0 1 0 0 0 2   4

勝利投手  ジャクソン(3勝3敗)

セーブ

敗戦投手  藤川(3勝5敗)

本塁打

 

2-4、2点差で負けている9回表

クローザー中崎から、

中谷が3安打目となる安打で出塁

代打高山が初球を空振りをしたところで中断し、降雨コールド

 

中崎は、阪神が得意にしているクローザーだけに

不完全燃焼の結末だった

 

それもこれも・・・

 

また藤川球児・・・・・・

 

スピードは、140K後半から150Kも出ているが抑えられない

自分の力を知ることから逃げ周り

そして、勝負どころで打たれ

今日もまた、試合をぶち壊した

 

 

藤川球児は今日も打たれた後

マウンドで呆然と立ち尽くし、

ベースカバーにすらいけない

若い投手ではないのだから・・・・

 

打たれた藤川球児より

重要な場面で使うほうが悪い

 

藤川はファームで投げても得るものはないのだろうから

敗戦処理からスタートするか

あるいは、再度抹消して

プライドと自信喪失との間で蠢く弱い心のケアをすべきだろう

 

若手は頑張った!!

 

藤浪が7回2失点と力投

苦手ジョンソンから、中谷、北條のタイムリー2塁打で2得点

中谷はプロ初の3安打

 

鳥谷はやっと安打が出たが、

今日は、1番から4番まで、終盤に出た鳥谷の1安打のみ

あとは、福留が外飛ひとつはあったが

打席で球数を投げさせることすらできず

内野ゴロと三振の山

 

ゴメスが単打ながら2安打したのはかすかな光だが

主力打者がこうも簡単にアウトを重ねても勝てない

高山3打点も、球児のサヨナラ被弾で、泥沼5連敗

2016年6月10日@札幌ドーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 1 0 0 1 0 0 2 0   4
日ハム 0 0 0 0 1 1 1 0 2x   5

勝利投手  宮西(2勝0敗)

セーブ

敗戦投手  藤川(2勝4敗2S)

本塁打   レアード19号(9回裏2ラン 藤川)

 

先制点は阪神、

福留が安打で出て、

狩野の3塁ゴロで走者が入れ替わった後

高山のタイムリー3塁打で先制

最近の高山は、第一ストライクを見送って、

2ストライク目を空振りしたあと、凡退することが増えてきたが

今日は、初球を中超の3塁打、

シーズン当初の打撃を思い出してくれると良い

 

2点目は、安打の梅野、西岡を塁に置き

ゴメスがタイムリー

そして、今日、先頭打者で、2打数2安打の福留だったが

走者二人をおけば、中飛・・・・

 

8回、ゴメス、福留の連打で無死2・3塁とし

今成一塁ゴロ後の1死2・3塁から

高山が、逆転2点タイムリー2塁打

 

今日は、福留がチャンスメイクして

高山が本塁に帰す形

 

4-3、1点リードで9回裏

藤川は、7番から始まる打線なら

なんとか無失点でおさえていたが

今日は、5番から。。。。。

 

やはり・・・・・・・

 

藤川は、1死も取れず、

レアードにフォークをサヨナラ2ラン

 

 

阪神泥沼の5連敗

 

明日の先発は、

阪神・メッセンジャー vs 日ハム・吉川