大山今日も一発、しかしドリスがサヨナラ2ラン被弾

2018年9月  17日 @横浜

チーム 10   計
阪  神 1 0 0 0 0 2 0 1 0 0
DeNA 3 0 0 0 0 0 0 1 0 2X

勝利投手   エスコバー(3勝3敗)

敗戦投手   ドリス(1勝6敗)

[本塁打]    大山10号(神) ソト32、33号(D) 宮崎27号(D)

 

3番大山が先制本塁打を打ち、マルチ

4番糸井、5番陽川、6番ナバーロがタイムリー

中軸が打ち4得点は

必ずしも多くの点ではない

 

が、中継ぎの岡本が移籍後初先発で

1回裏に3失点したものの、以降4回まで無失点

望月、桑原、藤川球とつなぎ7回まで無失点継投

しかし、8回回マタギの藤川球が同点被弾で

8回2死から9回は能見が無失点継投

10回裏、ドリスがサヨナラ2ラン被弾

 

またドリスで負けた

6敗目で、防御率3.22

はっきりと、クローザーは失格の烙印を押したいね

 

今年優勝を逃したのは

外国人が戦力にならなかったことも大きな一因だね

 

岩貞7勝目。大山3ラン、糸井2ラン。

2018年9月  12日 @甲子園

チーム   計
中  日 2 0 0 0 0 0 0 0 3
阪  神 2 0 1 5 0 0 0 0 X

勝利投手   岩貞(7勝7敗)

セーブ    藤川(2S)

敗戦投手   小熊(3勝3敗)

[本塁打]    糸井16号(神) 大山6号(神)

 

岩貞は、立ち上がりに

2失点してしまったが、

その裏糸井の2ランで追いついた

 

岩貞は、7回までその後無失点で投げ切り

被安打も4回の1、7回の2のみと

大量点に守られながら安定した投球内容

 

8回は望月が、9回は岡本で抑える予定だったようだが

9回の岡本はちょっとした不運もあって、

失点後、藤川球児がクロージング

 

打線は、3回陽川のポテン安打で勝ち越し

4回には打線がつながって、大山の3ランなどで5得点

 

大山の3ラン、糸井の2ラン

本塁打が出始めると点が取れるね

 

敵ながら中日の高卒1年目のドラ6山本拓

小柄ながら、投げっぷりの良さは気持ちよかった

 

 

梅野の強肩が光ったけど、ドリス、藤川球児で失点しサヨナラ負けに

2018年9月  4日 @マツダスタジアム

チーム 10 11 12   計
阪  神 0 1 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0
広  島 0 0 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1X

勝利投手   フランスア(2勝3敗)

敗戦投手   ドリス(1勝4敗)

[本塁打]    西川6号(広)

 

広島先発ジョンソンから、5回9安打、3四球で3得点

しかし、2点がタイムリーエラーによるもので、自責点は1

走者を12人出しながら、1点ということ

なんとも効率の悪い・・・

リリーバーから、7回3安打1点

結局打てなかったね

 

一方で投手陣は、メッセンジャーは7回3失点で

通算100勝目のチャンスだったが、

藤川は松山に打たれて同点にされ

1回を投げ切れず、同店にされ、

能見が後始末(1回1/3)、桑原が1回

岩崎、岡本で1回を無失点継投

そして12回裏ドリスが打たれてサヨナラ負け

ドリスが打たれたのは、想定内なのが悲しい

 

阪神が盗塁2(陽川、糸井)なのに対して、

梅野は、3企画をすべて刺したのは素晴らしいかった

 

 

糸原、北条、福留がつながって、ブルペン陣も好救援で逆転勝ち

2018年9月  1日 @甲子園

チーム   計
DeNA 0 0 3 0 0 0 0 0 0
阪  神 2 0 0 0 3 0 3 0 X

勝利投手   岡本(1勝0敗)

敗戦投手   京山(5勝5敗)

[本塁打]    福留13号(神)

 

阪神先発・小野は、制球に苦しみ

4回3失点で代打を送られて降板

 

5回以降は、岡本、桑原、藤川球、能見、ドリスが

ぴしっと抑えて勝利に貢献

 

藤川は700試合登板を達成を祝いたいが

岡本の移籍後初勝利もお祝いしたい

負けている展開が多い最近は特にだが

移籍後使いべりのない投手よろしく

いつも登板しているよう

だからこそ岡本の勝利は特にうれしい

 

打線は、上位がかみ合った

1番糸原は、2安打2四球と4出塁

2番北条は、2安打

3番福留は、3安打(1本塁打を含む)、4打点

下位では、7番大山も3安打

 

守備では、記録上の失策ではないが

福留がグラブに当てながら落球したり

糸井はダッシュが遅く、一走を三塁にすすめたり

ポテン安打にしたり・・・・

勝ったから笑って言えるけれどネ

 

 

藤川球児でサヨナラ負け・・・

2018年8月  23日 @ナゴヤドーム

チーム   計
阪  神 0 1 0 0 1 1 0 0 0
中  日 0 0 0 1 1 0 1 0 1x

勝利投手   佐藤(1勝1敗)

敗戦投手   藤川(4勝2敗)

 

6回終わってリードしていて負けたのは今季初めてか

9安打、3四球で、3点しかとれなかった

2番北条、4番糸井、5番ナバーロが、マルチ安打なのにね

 

9回裏の藤川球児

先頭の1番平田を歩かせたことが

サヨナラ負けの最大の要因だった・・・

 

鳥谷、梅野連発、桑原、藤川球、能見好リリーフで、小野は7勝目

2018年8月  18日 @神宮

チーム   計
阪  神 0 0 1 1 0 2 0 0 0
ヤクルト 1 0 0 0 0 2 0 0 0

勝利投手   小野(7勝3敗)

セーブ    ドリス(27S)

敗戦投手   カラシティー(6勝1敗)

[本塁打]    鳥谷1号(神) 梅野6号(神)

 

先発小野、良かったのか悪かったのか

5回3失点で7勝目

 

4点取った打線、

クリーンアップが得点に絡めなかったが

今日は、1番糸原、2番北条

7番鳥谷、8番梅野が光った4点

なかでも鳥谷、北条の連発はすっきりした瞬間だった

 

失点は3ながら、小野が6回下位打線に対して4四球を連発

新人の宮本に安打され、無死満塁で降板したが、

一人交代が遅かった

2連続四球で桑原に交代させるべきだろう

今日の試合以外の意図があっての遅れなのだろうが

桑原が小野の残した走者を二人返しただけで踏ん張り

7,8回の藤川球、能見は素晴らしく

交代遅れをカバーしてくれた

 

しかし、ドリス劇場・・・・

控え捕手に安打され、

坂口、青木を打ち取り2死1塁としたものの

山田、バレンティンに連続四球

続く雄平の2球目まで、8球連続四球

2ボールから、三邪でゲームセット

なんとか逃げ切ったが

ドリスは怖くし仕方がない

 

 

緊急登板能見が完璧クロージング!!

2018年8月  16日 @京セラドーム大阪

チーム   計
広  島 0 0 0 0 0 1 0 1 0
阪  神 0 1 0 0 1 0 0 1 X

勝利投手   藤川(4勝1敗)

セーブ    能見(1S)

敗戦投手   フランスア(1勝3敗)

 

広島3連戦の勝ち越しは難産の末!!

メッセンジャーに勝ちをつけたかった

これを除けば、万々歳、言うことなし!!!!

 

先発メッセンジャーは粘って、7回1失点

しかし、8回を任された藤川球・・・

今日も1失点で同点に追いつかれ

メッセンジャーの勝ちが消えた

 

藤川球児、1番から始まる広島打線

先頭の田中は3ボールから一ゴロ

次打者の菊池も3ボール後の四球

丸には左・福留の前にポテン安打

鈴木に四球で、1死満塁

松山に犠飛を打たれての失点

さらに2死2・3塁となったが

西川を投手ゴロに抑えて、逆転は阻止

 

8回裏には、中谷の内安打、

鳥谷の犠打が失策になって、無死1・3塁

鳥谷盗塁後、無死2・3塁

梅野は粘って四球で、無死満塁

ここで代打原口ではなく大山

・・・・・

左腕より右腕を得意にする原口ではなく

直球に強い大山を選んだという監督談

・・・・・

その大山、粘って

三塁線に打った打球は

ファウル域にいた三走中谷のお知りを直撃

これで緊張感が抜けた大山は中前タイムリー

1点勝ち越し、なお無死満塁

しかし、糸原、北条、福留は凡退し

勝ち越しはわずか1点

 

9回表、クローザーはドリス

今日のドリス劇場は

初球を会澤の頭部直撃

危険球退場

 

無死1塁から、緊急登板能見

野間をバント失敗、代打バティスタ三振

田中を投ゴロで、完璧なクロージング

 

大山だけのヒーインだったけれど

個人的には、能見が一番のヒーローだと思う

 

素晴らしい試合だったね

 

藤川球児は、3連戦で2勝したが

いずれも1失点した後のもの

藤川球児の幸運が生んだ2勝かな(笑)

 

奮闘の小野5勝目は、リリーバーと打線の援護あってのもの

2018年8月  5日 @京セラドーム大阪

チーム   計
ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 0 2 0 1 0 X

勝利投手   小野(5勝3敗)

セーブ    ドリス(22セーブ)

敗戦投手   石川(4勝4敗)

 

先発・小野投手、不思議な勝利だったかな?

5回1失点ながら、投球数122

被安打6、与四死球7・・・

四球を出して満塁にして、三振にとる

満塁での制球を無走者の時に出せよと思ってしまう・・・

かつて中日時代の中田に

こんな感じで負けていたのを思い出すね(苦笑)

 

6回以降のリリーバーは、

四球を出したものの無安打無失点に抑えた

最後のドリスは1四球を出し、

何度も3ボールにしながら無失点

「フー」だねー

 

打線は、数少ないチャンスに確実に点を取ったね

ロサリオ、中谷の連続長打で同点

梅野四球を挟んで代打鳥谷の内野ゴロで逆転

 

北条が相変わらず好調を持続

ロサリオが複数安打

ロサリオが打てば点が入る

というより、これまでは

ロサリオが得点を止めていたのだから(苦笑)

ロサリオに大きいのが出始めればね!!

 

心配は、デットボールの糸井

またヤクルトに当てられた死球は、

故障につながっているから心配

 

リリーバーの中では

能見、藤川球児の安定感が光っている

 

ヤクルトに勝った!糸原、北条は好調維持、途中出場の中谷決勝タイムリー

2018年7月 29日 @神宮

チーム   計
阪  神 3 0 0 1 0 0 0 1 5 10
ヤクルト 2 0 0 0 2 0 0 0 0

勝利投手   藤川(2勝1敗)

敗戦投手   風張(1勝3敗)

[本塁打]    福留8号(神)

 

打線は、1、2番の糸原。北条で、6出塁

打点も二人で3打点

クリーンアップがチャンスで打てれば、快勝でるところ

今日は、ロサリオ、糸井、福留で4打点

今日のヒーインは途中出場で決勝タイムリーを含む

2打数2安打2打点の中谷

9回トータルで見たら、よくつながったネ

 

ただ、糸井は怪我で状態が悪そう

無理しても結果が出なさそうなら

思い切ってほかの選手にチャンスを与えたほうがいいよね

 

さて、投手は、メッセンジャーは、神宮が苦手なのか

5回4失点、114球も費やしている・・・

しかし、継投の桑原、7,8の2回を投げた藤川球児

9回は大量点差をバックに無失点で抑えたドリス

9回を考えれば、投打の歯車がかみ合った試合だったのか(苦笑)

 

2回を投げた藤川球児・・・・

7回は三者凡退、8回も2死までは簡単にとったが

そこから四球、安打・・・

川端の夕直は、北条がジャンプ一番の好捕

結果的には無失点で抑えたが、

ちょっと冷や汗いっぱいだった

 

ロサリオ2発、糸井3ラン、能見好火消しで連敗ストップ

2018年7月 21日 @横浜

チーム   計
阪  神 0 1 5 0 1 0 0 0 0
DeNA 0 2 0 0 0 1 2 0 0

勝利投手   岩貞(4勝4敗)

セーブ    ドリス(20S)

敗戦投手   石田(2勝6敗)

[本塁打]    ロサリオ5号(神) ロペス17号(D) 糸井11号(神)

ロサリオ6号(神) ソト11号(D)

 

ロサリオ、ソロ2発を含む猛打賞

糸井の3ラン

今日は7点取れたが、

ぜいたくを言えば終盤にも得点が欲しかったね(苦笑)

 

一方の投手陣、岩貞は6回3失点

猛暑の中、投手陣には厳しい日だったのかも・・・

7回を投げた藤川球児は、

いきなり先頭の柴田に四球を出して3失点

 

8回は桑原、先頭の倉本に四球を出して

1死2・3塁、1打同点のピンチを残して降板

このピンチをぴしゃりと押さえた能見は

今日の投のヒーローだね

 

今日のスタメン外野手は、左から

福留、ナバーロ、糸井

怖すぎる大胆な布陣だった・・・・

連敗ストップできてよかったけれど