望月6回無失点、プロ初勝利

「阪神8-0DeNA」(22日、京セラドーム大阪)    デイリー

 

望月プロ初勝利

巨人に三タテ食らった直後の
横浜戦に三タテ

先制点は3回、2塁打の近本を木浪が返して先制
続く福留が2ラン

申告敬遠が4つ
うち8回の申告敬遠2つが
8回の5得点につながり
投手起用を楽にしたね

6回は無死1・2塁から大山が送って
高山申告敬遠で1死満塁
ここでは、梅野レフトライナー
代打鳥谷見逃し三振で
DeNAnの申告敬遠成功

8回は無死1・2塁で
(無死1塁から代走植田が盗塁すると
糸原申告敬遠に結果)
大山は普通に打たせて
タイムリー2塁打
1点追加で無死2・3塁
また高山敬遠・・・・
そして、この回5点

9回は藤川ではなく、守屋に任せることができた

今日は、望月が6回無失点と結果を出したこともあって
連投の岩崎、ドリス、藤川球児を温存できたのは大きかった

DeNAに、8-0で快勝

「阪神8-0DeNA」(20日、京セラドーム大阪)    デイリー

 

この試合、久びさのことが多く、快勝

ドームでの巨人戦からの連敗を止めたのは
青柳の粘投での6勝目

先制は、2番木浪の押し出し
続く3番福留もほんとに久々の走者一掃の追撃打

本塁打も3発
糸原のソロ
マルテの2ラン
梅野のソロ

終わってみたら、
8-0の快勝
投手5人での完封勝利

 

 

また新人左腕にひねられた

「巨人4-2阪神」(17日、東京ドーム)    デイリー

 

先発・西は、1回裏坂本の本塁打で先制され
6回まで投げて、1失点

6回終わって、0-1

昨日の高橋遥人なら7回まで続投だったかな・・・

西は、走者も多く出してスタミナ切れ???
で、7回から継投に入った・・・・

能見は先頭に2塁打を打たれ、
坂本、丸に連続四球・・・
守屋の救援を仰ぎながら、3失点

8回表、4点差になったところで
北條、福留が連発で、2点差になったものの
ここまで

 

西は先制され、6回くらいが一杯いっぱいか

能見は、慎重に投げるが故に、四球連発

打線は相変わらず貧打

 

勝てませんわ

 

 

 

 

あと一本出ず高橋遥人をまたも見殺し

「巨人2-1阪神」(16日、東京ドーム)    デイリー

 

先発高橋遥人は、7回被安打4で2失点
これで負け投手

本当に打てないね
というより、点を取れないね・・・

阪神は、8安打
3番福留が3安打
7番高山が2塁打を含むマルチ

特に8回1死1・3塁
走者はいずれも代走の植田と島田
で、6番大山が併殺打・・・
元4番打者だから、作戦はできなかったのでしょう
最低限同点犠飛と言いたいところだが
次打者高山だから、
せめて、併殺打だけでも打たなかったらなぁ

延長12回無得点ドロー

「中日0-0阪神」(13日、ナゴヤドーム)    デイリー

 

延長12回で無失点ドロー
投手を中心によく守ったね

しかし、打てない
毎年打てないけど
来年打てないという事態は避けねば
そのためには、両外国人の見極めは大切
そして、来期以降期待できる選手を見極め育てる

チャンスにも弱く、打率も低い福留の
優先スタメンは止めるべきでしょ

二死無走者でしか安打の出ない超ベテランを
チャンスに強いとごまかすのはもうやめなよ
忖度ばかりやね

原口・北條の下位打線で逆転、近本2ランで勝ちを手元に引き寄せる

「ヤクルト3-5阪神」(8日、神宮球場)   デイリー

 

わからないもんですね・・・

先制点奪った試合では逆転負け
先制点を奪われ、さらに追加点を取られたら
逆転勝ち

 

3回表先制機二死2・3塁で福留は二ゴロ
先制しなかったことがよかったのか(苦笑)

 

6回2点アヘッドで
糸井の二塁打を大山が返して1点差
なお無死2塁、福留は二ゴロさえ打てず、ポップフライ
そのあとのマルテの二ゴロで2死3塁となり
逆転につながった

 

原口の内野ゴロで同点
さらに北條のタイムリー2塁打で逆転

 

6回以降、島本、岩崎、ジョンソンが抑え

9回に近本の2ランで緩んだのか
藤川球児は雄平にソロを打たれたものの逃げ切りに成功

今日はクリーンアップの糸井、大山が
勝利に貢献

打点は、1番近本2点
4番大山1点
7番原口1点
8番北條1点

クリーンアップって何だろうね(笑)

 

もちろん今日の勝利は、

先発秋山の好投が前提だね

 

 

クリーンアップは無抵抗で、先発は四死球後被弾

「ヤクルト11-2阪神」(7日、神宮球場)   デイリー

 

今日も負けパターンの一つ

固定されたクリーンアップ、
糸井・大山・福留が無安打

そして、先発青柳は四死球で走者をためて3ラン被弾

 

今日打点を挙げたのが
先制弾のマルテと犠飛のソラーテ

 

いいかげん聖域としている3人を考え直せ
うち二人は、来季につながる若手・中堅でもない

 

内野の失策に、福留はチャンスで3三振、ヤクルトに逆転負け

「ヤクルト4-3阪神」(6日、神宮球場)    デイリー

 

また内野のエラーで決勝点を取られたか・・・
内野の守備位置をコロコロ変えすぎるから
こうなっても仕方ないよね・・・

しかし、打線では5番の福留
1回表には、1点先制して、
2・3塁に走者を置いて三振
3回表も、走者を二人おいて三振
6回も走者を置いて三振
最終回に、帳尻合わせの安打は打ったけれど
3三振ではねえ・・・打率250
最終戦で使わなければならない大ベテランではないよね

守備位置は難しいながら
ソラーテは左打席で初本塁打を含むマルチ
マルテも安打は出始めたから
チーム全体で内野守備の破綻は大きいから
尚更、ソラーテの使い方難しいよね

 

 

11度目の完封負け

「広島7-0阪神」(2日、マツダスタジアム)  デイリー

 

1回裏併殺でチェンジとなるところを
セカンドに入ったソラーテがポロリ
やらずもがなの2失点

打線は大瀬良に完封負け
11度目の完封負けは両リーグワースト

矢野監督がことだっているのは
4番大山と近本、福留

4番大山へのこだわりはよく批判されているので
ここでは取り上げない

近本は、少し休ませながら
体調を整えながらの起用がベストかと思うが
ここではこれに留める

さて福留、体調を考慮しながら
左腕は避けながらの起用でありながら
打率は、251
得点圏も、 255

若くて将来性への投資では全くないのに
この成績で、最優先で起用する成績ではないね

若いほかの選手のチャンスもなくなるわけだから
巨人の阿部のように代打に専念させるべきだと思う

 

 

ソラーテ勝ち越し2ランで、デビュー即ヒーイン

「巨人2-4阪神」(26日、東京ドーム)  デイリー

 

 

ソラーテは、同点に追いつかれた7回表

この日初めて右打席に入ったソラーテ

2階席へと特大の勝ち越し2ラン!!!

 

遊撃の守備でもメジャーの

身体能力の高さの片りんも見せてくれた

 

6回裏同点に追いつかれた場面

疲労が見える高橋遥人だった

先頭の亀井の左前安打を

福留が軽率なプレーで後逸

無死2塁となって

同点に追いつかれる端緒となった

 

この回は投手交代も遅れた

1死満塁で代打阿部のところ

投手交代なく押し出しの四球を与えてしまう

 

ここでやっと投手交代

1死満塁で島本が若林、坂本を抑えて追加点を防いだ

 

6回表は2死1・2塁で菅野暴投したが

2走の福留が走らず

1走の糸原は福留を見ないで飛び出し・・・

 

 

ソラーテ昇格に伴って

外国人枠の関係でドリス抹消

6回ランナーを置いて島本

7回主力打線に対してジョンソン

8回岩崎

9回藤川球児

球児は少し心配したけど

それ以外安心感のある勝ちパターン継投でした