高山の先制ソロ、木浪・マルテで追加点2で、快勝

「阪神3-1DeNA」(21日、京セラドーム大阪)     デイリー

 

先発・秋山は、5回被安打7ながら
失点1と粘って、降板

以降は、岩崎、ドリス、ジョンソン、藤川球児と
鉄壁な継投

得点は、3回に、高山の2号ソロで先制

4回先頭の木浪が2塁打
福留は三球三振で走者を進めることはできなかったが
4番マルテが三塁筒香の横を抜けるタイムリー2塁打

6回も先頭木浪が2塁打
今度は福留の内野ゴロで1死三塁として
4番マルテが犠飛で3点目

得点差は僅少ではあったものの
好調な救援陣の前では
安心して見ていられた試合だったよ

DeNAに、8-0で快勝

「阪神8-0DeNA」(20日、京セラドーム大阪)    デイリー

 

この試合、久びさのことが多く、快勝

ドームでの巨人戦からの連敗を止めたのは
青柳の粘投での6勝目

先制は、2番木浪の押し出し
続く3番福留もほんとに久々の走者一掃の追撃打

本塁打も3発
糸原のソロ
マルテの2ラン
梅野のソロ

終わってみたら、
8-0の快勝
投手5人での完封勝利

 

 

木浪、久々のヒーロー打!!

「中日3-6阪神」(14日、ナゴヤドーム)    デイリー

 

4回まで、0-3
あっさり完封負けしそうな試合だったが
木浪の一打から連打で一挙逆転

今季は、瀕死の重傷でもうダメというところからの
逆転勝ちやサヨナラが意外と多いね

弱すぎ李チームではないが
強いチームでもない

来季に向けて
ほんの微かな光というところか

 

 

広島との打撃戦制し連勝

「阪神8-5広島」(6日、甲子園球場)   デイリー

 

糸井の先制2点タイムリーに始まって、

糸原の1号3ランもあって

1番近本 3安打1盗塁

2番糸原 3安打3打点

3番糸井 3安打3打点

5番マルテ 2安打1打点

6番高山 2盗塁

7番梅野 1打点

8番木浪 2安打

代打鳥谷も久々の安打

マルテは何度も好守備を見せたし

高山の守備範囲も広くなったし

投手が疲れた試合は野手がカバーした

数少ない試合だった

 

 

勝てる試合を落としたのはベンチワークの故?

「交流戦、阪神3-7西武」(23日、甲子園球場)  デイリー

 

点差は開いたけれど、チャンスは何度もあった

先制タイムリーは、1回裏のマルテ

しかし2回表、大山のタイムリー失策で同点に

 

2回裏、高山が2塁打で無死2塁

木浪は無理に進塁打を打って1死3塁としたが、

ここは木浪に自由に打たせるようベンチが指示しないとね

ガルシアが犠飛を打てる?

2死3塁で近本で点が取れる?

木浪にタイムリーを期待するほうが確立は高いでしょ

 

5回表に、秋山を歩かせずにタイムリーを打たれ

1-2と逆転され

 

5回裏は2死2塁で大山凡退すると

6回表はガルシア大崩れで5失点

 

7,8回は各1点返し

2死満塁の大チャンスはあったものの・・・

代打鳥谷が、4番大山が、

ビデオテープを見させられるように凡退

 

 

大山も安打が出ていないわけではなく

試合の勝負どころでは必ず凡退

タイムリー失策・・・

精神的に参っているように思う

 

逆に勝負所で強いのは意外と、マルテ

同点打、逆転打をよく打ってくれる

糸原も勝負強さを見せてくれるし

最近は糸井が復調

下位の高山、木浪は打撃好調

打線の並びが悪いんだろうね

そして、どこで誰を代打に出すのか

その人選に甘さがあるのでしょう

ベンチの学習が必要かな

 

 

 

全員野球で西武に快勝

「交流戦、阪神6-2西武」(22日、甲子園球場) デイリー

 

先発が阪神・岩田 vs 西武・本田

打撃戦にならないときついかな

が試合前の思い

 

4回表を終わって、おかわり君に二発撃たれて

0-2と2点リードを許していたが

4回裏、不調の近本が安打で出て二盗三盗、

糸井のタイムリーで1点差

大山は右戦にポトリと落ちる2塁打

マルテの2点タイムリーで逆転

 

5回には、高山、木浪で追加点

6回は糸井、大山で

7回は植田、糸原で追加点

 

岩田は6回2失点で勝ち投手

7回以降は、小野。藤川球児、ドリスが無失点継投で

今日は、6-2で快勝といってもいいかな

 

5回1点追加した後、無死2塁で岩田のバント

いつも同様失敗で、1死1塁・・・

岩田がバント成功した記憶はない

なぜバントさせたのか?

併殺もないのだから、ノーサインで行くべきだったね

 

 

 

ガルシア今季初完封!

「DeNA0-7阪神」(26日、横浜スタジアム) デイリー

 

近本の先頭打者本塁打がいきなり飛び出し

2回に3塁打の梅野をマルテが2ランで返し

中谷も連続本塁打、敵失も加わり

2回終わって、5-0

 

先発ガルシアも力感の無いフォームながら

150キロ前後の直球を交えながら

制球力のある投球

昨年13勝の力を見せて

今季初勝利、初完封

ブルペン陣の温存もできて

今季ベストゲームの一つだった

 

4回裏無死で、安打と大山の失策で残した2走者

更にガルシアが投ゴロを二塁悪送球

ここでベースカバーの木浪が

オーバーランの走者を3塁で刺したのは

めっちゃ大きかったと思う

 

6回裏2死2・3塁でロペスの2塁後方のポテン安打気味の飛球を

糸原が背走の上キャッチしたのも大きなプレー

 

今日は投打ともかみ合い

勝ちパターン投手と福留に休暇を与えられた

パーフェクトゲームだった

 

 

ヤクに甲子園で粘って連勝

「阪神 3 - 2 ヤクルト」(22日、甲子園球場) デイリー

 

守りの差でなんとか勝った、良かったという試合

近本の本塁封殺はお見事

広島戦と違ったのはコントロール

良いところに投げたことによる封殺

 

木浪はチャンスで打てなかったけれど

昨日、今日と安定した守りで併殺にも貢献

 

点が取れなかった試合だったけれど

先発の岩田も塁に走者をにぎわしながらも

粘った投球だったね・・・

 

梅野の先制本塁打に、投手のリード・・・

評価も上がってるね

 

 

 

開幕戦はサヨナラ勝ち

阪神 vs ヤクルト @京セラドーム大阪

チーム 10 11   計
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1X

勝利投手 桑原(1勝0敗)
敗戦投手 石山(0勝1敗)

 

開幕戦は。サヨナラ勝ち

苦しい試合だったからこそ喜びは大きい

 

サヨナラは代打鳥谷のフェンス直撃の3塁打から

木浪は粘ったけれど、石山に最後は三振に仕留められ

1死3塁から、近本の初球がワイルドピッチとなりサヨナラ

木浪は三振だったが、8球投げさせ粘った

そして、近本への警戒感もあり低めを意識しすぎての暴投

必ずしも他力本願でのサヨナラでもないよね

 

その近本、6回2死から木浪が失策で出塁すると

初球を同点タイムリー3塁打

並みの新人ではないよね

ここで糸井が外野に落としてくれていれば

メッセンジャーの勝利もあったろうに・・・

糸井、大山、福留のクリーンアップには明日はやってもらわねば(笑)

 

今日はメッセンジャーから始まって、

ジョンソン、ドリス、能見、桑原とつなぎ、11回1失点

 

守りも1回表無死から3連打されたが

中堅の近本から梅野への返球で本塁封殺

1死1塁から梅野が1塁刺殺

山田のベンチに入るかという邪飛を梅野が好捕

今日は昨年からの課題の守りもよかった

 

新人のスタメン野手、近本が攻守で結果を残し

木浪は安打こそ出なかったが、

とらえた打球が多く、

簡単に三振をしない選球眼と粘り強さもあった

この二人、楽しみだね

 

明日の予告先発は、阪神・岩貞 vs  ヤクルト・石川の左腕対決

新人二人の対応力が楽しみ

 

 

中日に連勝!木浪、好調維持

 

昨日、オープン戦初勝利。そして、連勝。

中日相手だからかな(苦笑)

 

先発青柳が5回被安打4の1失点。与四死球0

安定感が感じられそうだね・・・・

 

大山が、中日の吉見から2ランを含む2安打、

この日1番スタメンの木浪が、2塁打ふたつ・・・

オープン戦通算でも .444

 

近本もマルチ

高山は1安打

 

新人に期待の若手も結果を出したという試合かな