スタメンを見て、勝つのは難しいと思ったが・・・・

2016年7月19日@甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
巨人 0 2 4 0 0 0 0 0 0   6
阪神 0 0 0 0 1 0 0 0 0   1

勝利投手  内海(5勝3敗)

セーブ

敗戦投手  能見(5勝8敗)

本塁打   原口7号(5回ソロ 内海)

 

見せ場らいしい見せ場もないままにまた負けた

1回表、能見が無失点で抑えた直後の

1回裏、先頭の西岡が二塁打

鳥谷は3ボールからフルカウントになり、捕手邪飛

進塁打だけを期待していたけれど前にも飛ばず

3番江越も、4番福留も凡退

 

今日は、途中出場の原口の本塁打の1点のみ

スタメンでは、西岡が3安打、北條が1安打

 

いつもどおりの貧打線が背景では

先発投手も辛い

 

西岡は今日は3安打だったが

鳥谷は相変わらず

江越も粗い・・・・・

福留が打てなければ

5番ゴメスは3タコ、3三振

 

上位は、1回から打席が周り

多く打席が回る打者

この打順で、どうやって点を取るつもりなのだろうか

 

二遊間の守備範囲はお世辞にも広くはなく

来季以降を見据えたチーム編成をもっと

つよく意識するべき時期だろう

 

明日の予告先発は

青柳vs田口。。。。。

厳しい戦いになりそうだね

7月19日 能見・坂本のバッテリー 巨人戦@甲子園

7月19日 阪神vs巨人(@甲子園)

1 二 西岡    .277
2 遊 鳥谷    .232
3 中 江越    .246
4 右 福留    .313
5 一 ゴメス   .252
6 三 北條    .260
7 左 髙山    .278
8 捕 坂本    .—
9 投 能見    .100

 

相変わらず、監督の心がバタバタしているような感じがするスタメン

プロ初出場の坂本がどう活躍してくれるか

楽しみにしましょう

 

7月8日のウエスタンも 若手>中堅

7月8日のウエスタンのソフトバンク戦

 

内野の守りのまずさもあったものの

秋山5失点(自責点は1)

ファームでは好投手でローテを守っているけれど

一軍で通用するのかといえば

失策で走者が出たとはいえ

マウンドでの粘り、球威・・・

一軍で投げたのが秋山ではなく

ファームで打たれていた青柳だったのがよくわかる内容

 

打線の方は、ドラ2の打撃が課題の坂本捕手が

本塁打とフェンス直撃打

ファーム通算打率も.293と3割間近

ドラフト時には何故2位なのか

という疑問もあったけれど・・・

期待感も膨らみ始めた

 

陽川、横田・・・・、新井

陽川、横田の連続2塁打で同点に追いつき

5番新井は、2つボールを振って見逃しの三球三振

 

9回は陽川2塁打、横田の安打で

無死1・3塁でサヨナラの絶好のチャンスに

新井は浅い右飛

続くペレス、緒方も倒れて無得点

 

1番スタメン俊介、2番森越、5番新井はいずれも5タコ・・・

坂本2打数2安打、陽川・横田が5打数3安打

 

7対7の同点に終わった試合

坂本、横田、陽川の躍動

俊介、森越、新井の・・・・

対照的だった

 

ウエスタンシーズン記録を見ると

横田、陽川の打率は、325、328だけれど

三振率は横田は陽川の1/3ほど

横田の三振率の低さは、新井、江越と比べても圧倒的に少ない

 

シーズン後半に向けて

横田、坂本が楽しみ