横山初勝利、原口初本塁打4打点、板山3安打・・・、苦手ナゴドで若手が躍動

2016年5月4日 @ナゴド
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 5 2 0 2 0 0   9
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0

勝利投手  横山(1勝0敗)

セーブ

敗戦投手  吉見(0勝1敗)

本塁打            原口1号(4回表3ラン 吉見)

 

横山、今季初登板・初先発

7回3安打1四球無失点!!

 

ファームでは16回で9四球、

5.06/試合の四球を出していた横山が

3ボールには何度もなったが、四球はたったの1

四球を出さない投球ができたことがなにより

 

思えば、昨季は、捕手鶴岡で四球を連発、

追い込んだ時にも捨て球を要求され、また四球

鶴岡の捕手としての能力に疑問符をつけたものだった・・・

 

今日は、ゆるい球や内角球を使いながら

3番平田、4番ビシエドをきっちり抑えられたのも

予想外の??好投二重丸

 

8回は、榎田が三者三振

9回は、今季初登板の石崎も三者凡退(1三振)

 

ローテの谷間で、若手投手(+榎田)で完封できたのは大きい

それもかつて苦手だった吉見を打ち込んだ打線の援護があってこそ

 

4回表、阪神先制!

鳥谷、福留で作った無死2・3塁で

ゴメス、板山が連続タイムリー

北條倒れた後、

原口が粘った末のプロ1号の3ラン

 

(ここでライトは、福留から横田に)

 

4回裏、横山は、先頭の荒木に2塁打を打たれたものの

平田、ビシエド、ナニータを打ちとって無失点

 

5回表に、ゴメスが2点タイムリー

7回表に、北條、原口連続タイムリー、

 

原口の初本塁打を含む4打点

板山のタイムリーを含む3安打(1打点)

北條の1打点・・・

若手が6打点あげたのは素晴らしい

 

まさに若虎の大活躍で

苦手ナゴドでの連敗ストップ

そして、勝率5割キープ

 

明日は、メッセンジャー  vs 小熊

若虎からベテランへ、ベイに大逆転勝利

2016年5月1日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 3 0 0 0 3 0 0 0   6
阪神 0 0 1 0 0 0 5 1 x   7

勝利投手  ドリス(1勝0敗)

セーブ   マテオ(0勝1敗7S)

敗戦投手  須田(1勝2敗)

本塁打

 

3回裏1死から能見安打、

板山プロ初安打初タイムリー

大和安打で作った1死2・3塁だったが

4番福留の四球を挟んで

鳥谷、ゴメスが三振で

この回一挙逆転のチャンスが

1点しか取れなかった

 

一方で能見は

2死満塁から、

3回に、投手山口の2点タイムリーを含む3失点

6回に、8番高城に走者一掃の3点タイムリー

 

能見は、6回6失点で降板したが、

 

7回裏

先頭の江越の四球に続いて

陽川が安打、代打原口も安打で無死満塁

(投手が、山口からサガースキー)

そして、代打今成は、遊直

1死満塁となったが

板山に代打狩野は、ストレートの押し出し四球で1点

大和も、ストレートの押し出し四球で2点目

鳥谷は、フルカウントからタイムリーで3点目

なおも1死満塁で、投手田中に交代し

福留は、三球三振

二死満塁で、投手は、須田

ゴメスが、同点2点タイムリー

江越は中飛で

この回一挙5点

 

8回は1死から、原口安打、代打高山四球でつくった1死1・2塁

狩野の3塁ゴロで2死1・3塁で

大和タイムリーで、ついに勝ち越し!

続く鳥谷は三振・・・・

 

9回表は、投手は、マテオが三者凡退で抑え

5割死守成功

 

大和のヒーインは3年ぶり

原口のヒーインも見たかった

岩貞・原口のバッテリー、陽川の2ラン、若手の躍動でDeNAに勝利

2016年4月29日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 1 0 0 0 0 0    1
阪神 0 0 0 0 2 0 0 0 x    2

勝利投手  岩貞(2勝1敗)

セーブ   マテオ(6S1敗)

敗戦投手  今永(4敗)

本塁打             陽川1号(5回裏2ラン 今永)

 

阪神打線が今日も得点をあげられない中

岩貞は、時折高く抜ける球もありながら粘投

 

4回の失点は、自らの一塁ベースカバーの際

ベースを踏み損ねて走者を出し

次打者の鳥谷への当たりが安打になり

そしてタイムリー

これまでの鳥谷だったら、

難なくさばいていた球だろう・・・・

 

5回裏は、鳥谷が四球でリベンジ

今永からの初安打が、陽川のプロ初本塁打(2ラン)

今永のゆったりとしたフォームは、

タイミングが取り難そうだっただけに

セットポジションにした鳥谷の四球は大きかったと思う

 

6回表は、先頭のロペスに3塁打されたが

岩貞・原口のバッテリーは

気迫を込めて、

後続を浅い中飛、三振、三振と無失点で切り抜けた

 

7回表は、高橋が

8回表は、ドリスが抑えたが

 

7回裏の2死1・2塁で代打福留三振

8回裏の2死満塁で鳥谷は走者を返せず

 

岩貞の2勝目は、

クローザー、マテオに託されることになった

1死から3塁打を打たれ

ヒーイン候補の岩貞も、陽川もドキドキ・・・・

そして、捕手ゴロ、三邪飛で抑えゲームセット

 

ヒーインには呼ばれなかったが

原口は

初スタメンながら懸命にリードし

ワンバウンドを何度も止め

打席でもクリーン安打1本

 

 

正に、若手が躍動した勝利だった

 

相手チームながら、

新人の今永投手・・・

6回までは

被安打が陽川の本塁打のみで12奪三振

阪神の貧打というのもあるけれど、

こういう投球を続けていながら未勝利というのは気の毒

 

明日は、藤川 vs 井納・・・・

藤川に意地を見せてほしい

 

4月29日DeNA戦 バッテリーは、岩貞・原口

4月29日 阪神 vs DeNA 戦 (@甲子園)スタメン

DeNAの筒香が登録抹消されたが

阪神も福留がまた離脱??

そして、驚きは

バッテリーが、岩貞・原口

2塁北條、3塁陽川・・・・

左腕今永を意識したスタメンなのだろうか

 

1 (左) 髙山     .283
2 (中) 大和       .273
3 (右) 江越     .302
4 (一) ゴメス     .273
5 (遊) 鳥谷    .253
6 (三) 陽川    .308
7 (捕) 原口    .500
8 (二) 北條    .192
9 (投) 岩貞    .100

9回 北條が、江越が、原口が活躍で引き分け

2016年4月28日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
巨人 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0    3
阪神 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0    3

勝利投手

セーブ

敗戦投手

本塁打             坂本5号(3回表3ラン メッセ)

ゴメス8号(9回裏ソロ 澤村)

 

菅野にほぼ完璧に抑えられていた阪神打線

9回澤村に代わった途端

ゴメスが1点差に迫る本塁打

 

途中出場の北條安打

大和が送って

代打江越が三遊間を破る安打

送球間に2塁に走って、1死2・3塁

 

代打原口が初球をセンターへ同点犠飛

(プロ初打点)

 

12回にも、マシソンに対して

先頭江越が四球、原口が送って

2塁に走者をおいたが

代打陽川、今成が連続三振でゲームセット

 

今日負けなかった阪神

12回表に、先頭安藤が、長野に右中間を抜かれた当たり

途中で守備に入った横田、北條から3塁今成に送球し

3塁を欲張った長野を刺したのも大きかった

 

さらに、北條の二塁守備も

スタメンで十分守れるのも確認できた

 

 

菅野からは、唯一とも言える

7回裏1死満塁のチャンス

代打攻勢をかけるも

狩野、新井と連続三振・・・・

菅野に力負け、気迫負けという感じだった

 

先発菅野は、打てなかったが

クローザー澤村から

途中出場の若手の活躍で引き分けた試合

 

 

 

明日の先発は

阪神・岩貞 vs DeNA・今永

好投するも無援護が続く左腕投手の投げ合い

 

原口、一軍登録へ

原口捕手、育成契約ながら、ファームで4番をつとめ

ソフトバンクの一軍経験豊富な投手から

本塁打など快打を連発・・・

 

「いつ支配下登録されるのか」

注目していたが、

今日4月27日に選手登録され

即、一軍合流されるらしい

(サンスポ)