能見悲運、勝ち星するり・・・内野守備と乱調マテオに泣く

2016年5月15日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
阪神 0 0 0 3 0 1 0 0 1 0 0 0   5
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 3 2 0 0 0   5

勝利投手

セーブ

敗戦投手

本塁打   鳥谷2号(4回表2ラン 鳥谷)、ゴメス10号(9回表ソロ 大原)

ロペス7号(9回裏ソロ  マテオ)

 

4回表、俊介2塁打の後、制球を乱した山口

大和、福留連続四球で無死満塁

ゴメス併殺の間に1点

2死3塁から、鳥谷が2ラン

失投とはいえ、

鳥谷は、気が楽になったのか

6回にもタイムリー

そして、盗塁

 

8回裏、中盤以降ストライク先行だった能見が

ボール先行

1点取られて、2死2・3塁で継投

 

投手は髙橋

梶谷はマウンドやや右へ高く上がった飛球・・・

原口はファーストを指示するも

ゴメス捕球体制に入らず。。。。。

内野安打としてしまう

ポップフライが2点タイムリーに

 

筒香も高く上がった三飛・・・

スタンドは湧いたが、今成が捕球

 

1点差に詰め寄られたところで

9回表、ゴメスは大原から初球を本塁打で、2点差

 

しかし、9回裏は、マテオが乱調

不調のロペスに本塁打され、

さらに、下園にタイムリーで同点

能見の勝ちが消えた

なおも2死満塁までいったが

梶谷を打ちとって延長に

 

10回、11回は、ドリスが、

4三振を含む6者凡退と完璧

 

ドリス、マテオは、

投げてみないとわからないところが困りモノ・・・

 

12回は榎田が抑えて、

結局は、5対5の引き分け

阪神が押していたようにも見えたが

安打数は、5対11

しかも阪神には、大きすぎる守備のミスもあって

引き分けられたのが幸いという試合かもしれない

 

貧打解消と勝ち試合のリリーフ

課題は続く

俊介登録、横田抹消

横田は、OP戦で不思議なほど安打を量産して

昨日まで一軍ベンチにいたけれど

糸井や柳田のような大きな選手にするためには

今一度ファームで、じっくり

バッティングを直したほうが良いと思っていた・・・・

やっと、決断したのかという感じもする

 

板山も振れており

高山、江越もいるなか、

一軍ベンチにおいておくより

掛布クリニックで見てもらい

ファームで打席に立ったほうがいい

 

一方で、ファームで好調な俊介

どういう使い方をされるのだろうか・・・

 

あとは、ファームの4番上本

守備が良くなればなあ・・・・