甲子園で弱すぎる3連敗。山中を打てないのは選手の責任か??????

2016年8月28日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
ヤクルト 0 0 0 0 3 0 0 0 0   3
阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1

勝利投手  山中(6勝9敗)

セーブ

敗戦投手  岩貞(5勝9敗)

本塁打

 

1回、上本の2塁打、北條犠打、高山犠飛先制!

までは良かったが、

5回先頭の三塁ゴロを上本が今日二度目の失策・・・・

山田、バレンティンの前の走者が故に

岩貞もこらえきれなかった

 

勝ち越しの2点タイムリーの直前の投球が

ベース板にあたってはねて暴投となり

2死2・3塁となり

決勝打を打たれたのは真ん中高めのストレート

ワンバウンドを怖がらずに、

低めの落ちる球で勝負できなかったのが残念

 

岩貞は、5回失点3ながら、自責点0での敗戦

残念でならない

 

上本の失策は、1死1塁から併殺と思った瞬間の失策で

チャン次のはずが、1死1・2塁のピンチになったもの

この時は下位打線に回ったために無失点だったが

はやり内野の守りは大切・・・・・

かつ、三塁手は、大和でも苦労していたのを覚えている

投手にも上本にも厳しいスタメン三塁のように思えた

(それを思うと、北條は、内野ならどこでも態勢はずばらしい)

 

打線も初回に先制したものの

フライを量産するばかり

 

6勝9敗の投手が阪神には3勝0敗

山中は、対広島が防御率7点台、巨人も5点近いのに

阪神は1点未満というのは、

選手だけの責任ではないだろう

8月27日 左腕石川に、スタメンはサード上本

8月27日 阪神vsヤクルト(@甲子園)

 

1 三 上本      .188
2 遊 北條      .266
3 左 髙山      .280
4 右 福留      .325
5 一 原口      .309
6 中 中谷      .287
7 二 大和       .233
8 捕 坂本      .280
9 投 青柳      .083

 

ヤクルト先発石川に対して、

上本をサードに、大和をセカンドに

あくまで、鳥谷はスタメン起用しないかんじかな

 

当初言っていたレギュラー確定の3人のうち

鳥谷、ゴメスがベンチスタート

延長戦決勝打は北條 @東京ドーム

2016年8月21日 @東京ドーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
阪神 0 0 0 0 0 0 0 1 0 3   4
巨人 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0   1

勝利投手  松田(1勝0敗)

セーブ   マテオ(1勝3敗15S)

敗戦投手  山口(1勝6敗1S)

本塁打 上本 1号(8回表ソロ 高木)、 小林誠 3号(7回裏ソロ 岩貞)

 

岩貞は、7回被安打3、1失点

これで勝てないのだから今季は悲運の投手のままだったが、

 

7回岩貞が小林にソロを打たれた直後の8回表

今日から一軍登録スタメンの上本が同点ソロ

 

9回裏には、2度のファインプレーで福留が松田を救えば

10回表、2死2塁から上本を避けて勝負してくれた北條が

右中間を破る2点タイムリー2塁打

一塁走者の上本も快速を生かしてよく走った!

 

北條がマイクのないマツダでのヒーイン以来

勝負強くなっているのは心強い

高校時代のチームメイト田村と比較されることもあるが

田村はロッテで北條より早く一軍に出てレギュラー捕手

北條は、今季初安打

少し出遅れ感はあったが、

高校時代も先行する田村を北條が追い越したという

天才ではなく、着実に進歩する努力家北條というところか

 

来季に向けて、ポジションは鳥谷次第?かもしれないが

北條のレギュラーへの道は開けてきている

 

火曜日からは、横浜でDeNA戦だが

天気はどうでしょうか・・・・

8月21日 今日は1番上本8番中谷

8月21日 巨人vs阪神(@東京ドーム)

1 二 上本    .103
2 遊 北條    .262
3 左 髙山    .270
4 右 福留    .318
5 捕 原口    .322
6 一 ゴメス     .262
7 三 今成    .234
8 中 中谷    .292
9 投 岩貞    .065

 

上本昇格即1番

注目は中谷、初戦の3番から・・・・

下がって下がって、今日は8番

7月10日広島戦スタメン 今日は複数の本塁打を期待!

7月10日 阪神vs広島(@甲子園)スタメン

1 二 上本    .120
2 遊 鳥谷   .234
3 左 江越    .245
4 右 福留    .307
5 一 ゴメス   .255
6 中 中谷    .367
7 三 北條    .268
8 捕 岡﨑    .213
9 投 岩貞    .037

 

このところ左腕との対戦が多く

スタメンも少し落ち着いている感じ

 

今日はファームの試合に高山が出場

ソフトバンクの一軍経験左腕相手に

3打数1安打(外野に飛んだのが2度)

状態も悪くなさそうなのでスタメンでもみたいが

望月は1回3失策に足引っ張られすぎ・・・・(ファーム・中日戦)

ファーム
6月26日 甲子園での中日戦

望月、4回2失点
球数79球は多すぎ、と数字だけをみれば
誰もがそう思うけれど

2回に5失点したけれど、自責点0
なんとこの回、3失策
先頭打者は2塁上本が弾き(失策1)
この走者は内野ゴロなどで3塁に行き
一塁ゴロを本塁に投げようとしたヘイグだったが
打者走者にデッドボール(失策2)
レフトフライをやや下がって捕球したはずの
柴田だがグラブからぽろり(失策3)

記録上の野手の失策は3
高卒新人が平常心を失いかけても不思議ではない
3失策だから
単純に1回分の球数が増えたことになる

望月には、次は足を引っ張られない布陣で
投げさせてあげたいですね

ヘイグの走者に当てる送球は珍プレーになるそうだけれど
上本はファームで、2塁で30試合出場8失策
今季ファームで、柴田の落球を見たのは2度目

ファームは、上本、横田の本塁打で圧勝

きょう18日は豊中ローズ球場場所を移してのオリックス戦で、
秋山投手が先発して7回 (ちょうど100球!) を投げ、6安打2失点。
ボグセビックに2ランを浴びたようですが、
こちらは上本選手の5号3ラン、横田選手の3号2ランなどもあり、
7対2で勝っています。

阪神打線は10安打で、そのうち本塁打は2、三塁打1(江越)、
二塁打4(へイグ、緒方、鶴岡、江越)と、長打が7本
望月vs世那、竹安プロ初登板、小豆畑ゲーム復帰《6/17 阪神ファーム》

 

パ・リーグ首位独走中のソフトバンクに対して、

藤浪、メッセンジャーをはじめとする投手陣は、2試合で3失点

一方の打線も同じく3得点

相変わらずの貧打ですが、

今日の掛布軍団は、打線好調

本塁打2本を含む長打7本。。。。

 

こんな日に少しうれしいニュースです

 

望月の件はまた。。。。

5月20日 スタメンに2番セカンド上本 

5月20日 阪神 vs 広島 (@甲子園)

 

1 左 板山    .255
2 二 上本    .000
3 遊 鳥谷    .248
4 右 福留   .288
5 一 ゴメス     .280
6 三 ヘイグ    .231
7 中 髙山   .257
8 捕 原口   .353
9 投 岩貞   .071

 

上本ファンの方、お待たせ

昨日と違うのは、セカンドと投手だけ

少し落ち着きを感じます

 

さて、広島のスタメンと比べると

上位打線、特に3、4番が弱く感じられます

鳥谷、福留の爆発に期待!!

上本登録、江越抹消

2016年5月8日の出場選手登録、登録抹消

セントラル・リーグ

出場選手登録

東京ヤクルトスワローズ 投手 26 久古 健太郎
読売ジャイアンツ 外野手 51 堂上 剛裕
阪神タイガース 内野手 4 上本 博紀
広島東洋カープ 投手 98 佐藤 祥万
中日ドラゴンズ 投手 14 佐藤 優
中日ドラゴンズ 投手 44 R.バルデス

出場選手登録抹消

東京ヤクルトスワローズ 投手 13 L.ペレス
読売ジャイアンツ 内野手 65 辻 東倫
阪神タイガース 外野手 25 江越 大賀
広島東洋カープ 投手 15 黒田 博樹
中日ドラゴンズ 投手 54 D.ネイラー