DeNAに完敗。高山の一発は良かったけどネ・・・

2017年9月29日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 0 0 0 1 1 0   2
DeNA 0 0 0 3 0 3 0 0 0   6

勝利投手  石田(6勝6敗)

セーブ

敗戦投手  メンドーサ(0勝2敗)

本塁打   高山 6号(7回表ソロ 三上)
戸柱 9号(4回裏3ラン メンドーサ)、筒香 26号(6回裏2ラン 岩崎)

 

高山の久々の本塁打

振り遅れがたまたま入った?でも

結果が良ければそれで良し

 

どうしても勝たなければいけない試合でもないけれど

石田が打てなかったのはネエ・・・

惜しく残念な敗戦・・・・

2017年9月3日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
中日 0 0 0 2 0 0 2 0 0    4
阪神 0 0 0 0 1 1 0 0 0    2

勝利投手  小笠原(4勝6敗)

セーブ   田島(2勝5敗31S)

敗戦投手  メンドーサ(0勝1敗)

本塁打   上本7号(5回裏ソロ 小笠原)、ゲレーロ33号(4回表2ラン メンドーサ)

 

緊急補強したメンドーサの注目の初登板は、

7回4失点(6回まで2失点)

 

1イニングよくばって7回まで投げさせたことが

直接の敗因になるけれど、

一方で、小笠原を打てなかった打線・・・

若い左腕に弱いね

 

新外国人ロジャースに期待したいところだけれど

左腕が苦手だとか

秋山から継投で完封勝利。鳥谷の先制の1点を守る。

2017年8月31日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
ヤク 0 0 0 0 0 0 0 0 0    0
阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 x    1

勝利投手  秋山(12勝4敗)

セーブ   ドリス(3勝3敗33S)

敗戦投手  ブキャナン(6勝12敗)

本塁打

 

相手が最下位ヤクルトとは言え、

秋山の安定感は抜群

7回裏に代打を出されて完封は逃したのが残念だけど

12勝目はさすがの投球内容

 

打線は、ヤクルト3連戦にわたって低調

そのなかで、大山のつなぎの四球の後の

鳥谷の先制・決勝タイムリー

 

首位広島とは、5.5差に縮まったこの日は

骨折のメッセンジャーの代役候補として

日ハムのメンドーサの獲得も発表されている