楽天に惜敗、キーNOは、4。打線を切断し続ける4番と、四球で崩れた投手陣

2017年6月17日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
楽天 1 0 1 0 0 0 0 6 0   8
阪神 0 0 0 2 0 0 0 0 0   2

勝利投手  福山(3勝0敗)

セーブ

敗戦投手  マテオ(5勝2敗)

本塁打   ペゲーロ15号(8回表満塁 松田)

 

得点は2対8ながら、安打数は、8対10

打線は、若手は好調ながら

今日もベテランがストッパーになった

 

高山が4試合連続のマルチ

中谷は5試合で19打数10安打

原口は3試合で11打数4安打4打点

 

福留の不調ぶりが目立つ

6月はわずか5安打、

糸井が故障中なので無理して出ているのかもしれないが

俊介や伊藤隼太を使ったほうが打線はつながりそう(苦笑)

 

4回無死1・2塁では、どん詰まりが幸いして進塁打、

1死2・3塁となり、中谷、原口のタイムリーで

2点、同年につながった

 

6回無死2塁は、

打席で右に転がそうという意識は垣間見えたが

結局は、浅い中飛で

絶好調中谷の敬遠気味の四球のあとは

鳥谷、原口が倒れて勝ち越し点を奪えなかった

 

ここで1点とれていれば、継投も変わっていただろうし

福留のこの打席はこの試合の大きなポイントだろう

 

投手陣は先頭打者への四球が目立った

 

青柳は、1回いきなりの連続四球で2失点

3番打者がバントをし、しかも3封できたという幸運があっての2失点

2回も先頭に四球

 

2番手岩崎は、調子がイマイチで

6回は、中谷の好捕がなければ失点していた・・・

本来なら、この回で交代だろうが

延長を意識?裏に打席が回ってくるための続投?

6回裏に得点できなかったことで続投し

7回先頭に四球、そして安打されたことで

桑原が救援に

桑原は3者連続三振で事なきを得たが

7回の岩崎続投には疑問が残った

 

8回マテオも先頭に四球を出し・・・・

一塁原口の失策も絡みながら4失点(自責点1)

救援の松田もいきなりの四球後に

ペゲーロに満塁被弾・・・

 

試合の出だしと、終盤に四球から崩れた投手陣は目立つが

やはり、2点しか取れない打線

6月になって恒常的に線になるのを切断する福留

故障?なら無理させる必要はないと思うが

 

 

 

 

4点差あったのに、オリックスに逆転負け

2017年6月7日 @京セラ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 1 0 0 3 0 0 0 0 0   4
オリ 0 0 0 0 1 3 0 0 1x   5

勝利投手  平野(2勝3敗12S)

セーブ

敗戦投手  マテオ(5勝1敗)

本塁打            中谷7号(4回3ラン 東明)

 

4回に中谷の3ランがでて、

4-0と4点リードしたけれど、

8回までで、安打が出たのは、

得点した1回と4回だけ

つまり、ほとんどの回でオリックスの投手に

抑え込まれていたということになる

 

1回の1死満塁で、

原口の併殺崩れで1点しかとれなかった

2死1・3塁で鳥谷の三振が見逃しだだったこと

残念だといえるのがこれくらいか。。。

 

9回に久々に安打が出て、2死満塁で糸井

糸井は実は、3月は好調で打率3割だったが

5月は、244、6月は2割そこそこ

福留は、6月に入って、未だ安打が出ていない

 

レギュラー確定の2人が、

冷凍状態では点は入らないわな

 

能見は、好調な出だしで、5回まで1失点

しかし、6回は、1死もとれず、4連打され降板

薬指の負傷?らしいけれど、

代えどきを間違えたということか

1点さまで詰め寄られて、

無死2・3塁で、登板した桑原

2死をとったあと、同点出されたのは残念だが

あのピンチで失点1は想定内

 

その後、7,8回は岩崎が抑えたが

9回マテオがつかまった。

今日は、制球が思うに任せなかったからだろう

無念のサヨナラ負け

 

糸井、福留の低空飛行が続くと

広島のように本塁打の打てる外国人が欲しくなる(苦笑)

 

明日の予告先発は

メッセンジャー vs ディクソン

投手失策、青柳、マテオ・・・阪神ダントツ

阪神の投手の失策がやけに目立つ気がして調べてみた
ソースはNPBのHP

今日マテオが1失策で、青柳と並んで3
他のローテ投手も・・・・
で、阪神の投手の失策が6球団の投手失策合計の50%超

 

何故阪神の投手は、こんなに失策するのか?
投手を含めた内野手の失策があっての貯金4

失策をいかに減らすかが今季の成績に直結しそう

 

 

■ 2017年5月1日(月) 現在

失策(投手)

1 青柳 晃洋 (神) 3
2 マテオ (神) 2
3 小川 泰弘 (ヤ) 1
3 能見 篤史 (神) 1
3 藤浪 晋太郎 (神) 1
3 岩貞 祐太 (神) 1
3 ドリス (神) 1
3 ルーキ (ヤ) 1
3 森福 允彦 (巨) 1
3 星 知弥 (ヤ) 1
3 カミネロ (巨) 1
3 三上 朋也 (デ) 1
3 ヘーゲンズ (広) 1

岩貞、投打で粘って、2勝目 (マテオが・・・)

2017年5月3日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 0 0 2 0 3 3   8
ヤク 1 0 0 0 0 0 0 3 0   4

 

勝利投手  岩貞(2勝1敗)

セーブ

敗戦投手  山中(0勝3敗)

本塁打

 

対山中の左打線

1番から

荒木、上本、糸井、福留

髙山、鳥谷、糸原、岡﨑、岩貞

 

1回裏、岩貞が要した球数26球

2安打、2四死球で押し出しを含み1失点

よく失点1で粘った。。。

 

2回表、2死満塁で岩貞

結果は三振だったが、ファウル4、8球粘った

 

2回裏、2安打されたが粘って無失点

ここまで、51球

 

先行き不安な岩貞だったが、投打で粘って

6回 1失点。

球数も106球と終わってみれば、ナイスピッチング

 

粘りの岩貞に、運があった

 

6回表に、投手山中の野選アリ、糸井のタイムリー内野安打で

同点に追いつくと、今日は鳥谷が逆転のタイムリー

 

7回裏は、桑原が抑えると

8回表に、3得点で、5-1

勝ちが見えた試合だったが・・・

 

8回裏にマテオが3失点

しかもバッテリーミス3つ・・・

マテオが押し出しで、1失点

岡﨑が捕逸で、1失点

マテオが投手ゴロとれず、さらに1失点

なんとかここで踏ん張ったものの

その差は1点

 

9回表に3得点だったが、

9回裏ドリスも・・・・

安打、四球で無死1・2塁

山田に、3-1まで行き、

嫌な予感もしたが、山田も本調子ではなく

フルカウントから低い球を併殺打

ホット一息だった

 

今日の打のヒーローは。。。。

福留?

得点圏でなければ、4打数4安打

(得点圏では1打数0安打)

9回表に無死1塁でバント失敗し

福留に得点圏で打席に立たせず

貴重なタイムリー2塁打を誘発した江越!?

<実は、江越が犠打失敗した時、

福留のタイムリーを予感した(苦笑)>

 

9回の糸原のタイムリー2塁打もよかったね

 

明日の先発は、

藤浪 vs 石川

投手陣が耐えて、広島に逆転勝ち

2017年4月16日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
広島 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1
阪神 0 0 1 0 0 0 0 1 x   2

 

勝利投手  マテオ(2勝0敗)

セーブ   ドリス(0勝1敗6S)

敗戦投手  九里(2勝1敗)

本塁打

 

今日の勝因は、1失点に抑えたこと

試合開始直後、先発能見は、いきなり無死1・2塁のピンチ

昨日のことがあるから、何点取られるのだろう・・・

不安にかられたが、鈴木の犠飛による1失点のみ

2安打され、四球も2あったが。

 

さらに3回は、3安打されながら無失点

新井サンの併殺打のおかげで

 

今日の能見は、5回1失点(被安打6、与四球2)

能見は、4,5回を三者凡退で片付けたところで降板

投球数75。

 

6、7回は桑原がいずれも三者凡退

8回はマテオが与四球1で無失点

9回は、ドリスが三者凡退

 

今日は広島打線を抑えた投手陣が大きな要因

 

打線は・・・

安打は髙山が2本、代打の伊藤隼太と、決勝打の原口の1本で

チームとして、わずかの4本

これで勝てたということは、成長の証!?

 

と言いたいが、もっと早く得点するチャンスはあった

 

2回は連続四球で無死1・2塁

鳥谷は、一球も振らずに見逃し三振

 

3回は糸原、髙山で作った無死1・2

糸井は一塁ゴロで、1死2・3塁

福留も見逃し三振

 

鳥谷は際どいところをファウルで逃げるのではなく見逃す

故に、四球も多いが、チャンスでの見逃し三振も目立つ

 

福留は、ヤマが外れたのだろうけれど

こうした得点圏での見逃し三振も少なくない・・・

 

序盤、ベテラン2人が、積極的に打っていたら

試合展開は変わっただろう

 

8回・・・・

先頭の糸原のセンターへ抜けるかという打球

菊地が好捕して1塁送球、

糸原セーフと思ったが、判定はアウト

しかし、髙山が打ち直しでセンター前に抜ける安打

糸井が捕邪飛に倒れた後、髙山が盗塁

福留四球後の2死1・2塁で原口が三遊間を抜ける決勝タイムリー

 

甲子園での広島戦、2勝1敗で

対広島戦は、3勝3敗

広島は、今季阪神以外に負けはなく

他チームにも頑張ってもらわねばだけれど

 

阪神は

昨季大きく負け越した、巨人、広島に、4勝4敗の成績

通算8勝5敗で2位は、まずまずのスタートだろう

 

追)

糸井が下降線に入ってきて、すこし心配

藤浪がインフルエンザで登録抹消

チグハグ采配で負けた感あり、ヤクルトにサヨナラ負け

2016年8月7日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
阪神 0 0 1 0 3 1 0 0 1 0    6
ヤクルト 0 0 0 2 0 1 2 1 0 1x   7

勝利投手  中澤(1勝0敗)

セーブ

敗戦投手  マテオ(1勝3敗12S)

本塁打   山田33号(4回裏2ラン 岩崎)

 

6回表を終わって、5-2と3点リード

岩崎の球数83

 

6回から安藤ができてき驚いた

山田、バレンティンで始まるのが怖くて

右の安藤を出したのだろうが、いきなり連続四球

2死1・3塁で島本のリリーフを仰いだが

島本は阪神キラーの今浪にタイムリーを打たれ

2点差。。。。

2つのアウトのうち1つは大和の超ファインプレー

 

安藤が無失点継投したとして

残りの3回は誰を投げさせるつもりだったのか

藤川、サターホワイト、マテオ?

 

7回に出てきた藤川は2失点し岩崎の勝ちを消し同点

延長12回を意識したのだろうが

よくない藤川を8回も続投させ、また失点

結果的に、2回で、52球も投げている

 

9回、10回とイニングまたぎさせたマテオは

9回1死も取れず3連打でサヨナラ負け

 

阪神は6得点だが、

バレンティンと比屋根のタイムリーエラーの3点を含んでのもの

 

9回に江越のタイムリーで同点となったが

この時逆転の走者原口を坂本に代えている

 

延長を意識すべき打順なのになぜ原口を代えた?

 

1死2・3塁で、北條

北條は、15球粘ったが三振

この粘りは評価できるが

2死2.3塁で、藤川の打順で残っていたのは

1割打者の新井

北條を三振にとってホッとしたのか

新井にはボール先行。。。

次打者が3安打の高山だけに

安打よりも粘って四球を期待したかったが

予想通り、あっさり、1塁邪飛

 

10回表先頭の高山は死球で4度目の出塁

大和が送って、

鳥谷はストライクを2球見逃して三振

2ストライク目を見逃した時点で

見逃しの三振を予想してしまったが、見事的中

わざわざ、犠打で2塁に送ったのは

坂本ではなく、鳥谷に期待したからだろう

 

<鳥谷の見逃しの三振で負けを確信した>

 

5番原口には坂本を使っていただけに

4番福留は敬遠。。。。

坂本には荷が重すぎ三振で

10回裏のサヨナラにつながっていく

 

ヤクルト打線では

タイムリーエラーの比屋根とバレンティンには

きっちり打点を稼がれたが

それよりも途中出場の今浪に2打数2安打&

15球粘られた末の四球

今浪対策はできてるのか??

無意味なマテオ投入で、 またサヨナラ負け

2016年5月26日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 1 0 2 0 2 0 0 0   5
ヤクルト 1 0 2 0 2 0 0 0 1x   6

勝利投手  オンドルセク(2勝1敗9S)

セーブ

敗戦投手  マテオ(1勝2敗11S)

本塁打   ゴメス13号(2回表ソロ 小川)、福留3号(4回表ソロ 小川)

原口4号(4回表ソロ 小川)

バレンティン15号(3回裏2ラン 藤浪)、川端1号(5回裏2ラン 藤浪)

 

クリーンアップに1本ずつ本塁打は出た

ヘイグに久々のタイムリーが出た

同様に、藤浪もクリーンアップに2本本塁打を打たれた

 

狭い神宮球場らしい試合展開だったけれど

同点の9回裏、何故マテオを投げさせたのか

これまで4試合連続失点

いつもボールが暴れて投球にならない

今日も四球、安打、死球で無死満塁

あっという間のサヨナラ負け

 

1回から8回まで、打たれながらも懸命に投げてきた投手陣

好調とはいえなかった小川から5得点は不十分かもしれないが

マテオの投入は、そんな選手たち

9回表まで応援してきたファンの思いを踏みにじるものだ

 

マテオは打たれるべくして打たれ

負けるべくして、負けた

 

若手を起用することで負けるのは良い

しかし、中軸が打てなかったり

ここまで酷い投手を同点の場面で出し

負けたのは、言い訳はできないだろう

 

 

明日は、ドームで巨人戦

予告先発は、岩貞vs菅野

防御率1,2位投手の対決

岩貞に援護点を

今日も若手が打ちました!切実な悩み:勝ちパターンの投手求む

2016年5月24日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 3 1 0 0 0 1 0 2   7
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 2 1 1   5

勝利投手  能見(3勝3敗)

セーブ   マテオ(1勝1敗11S)

敗戦投手  八木(0勝1敗)

本塁打            原口3号(7回表ソロ 村中)

 

北條が先制2点タイムリー

原口が3号本塁打

大和、高山、ゴメスがタイムリー

能見も犠飛

 

効果的に得点を上げたが

能見降板後の、勝ちパターンの投手は・・・・

7回 安藤・髙橋 2四球と1安打で1失点

8回 藤川 3四球、1失策、無安打で1失点(押し出し)

9回 マテオ 1四球1安打で1失点

数字以上に大荒れでしたね

 

続きを読む

岩貞7回無失点、高山先制タイムリーも、終わってみれば、最悪の逆転負け

2016年5月20日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3   4
阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1

勝利投手  永川(2勝0敗)

セーブ   戸田(1勝0敗1S)

敗戦投手  田面(0勝1敗)

本塁打

 

黒田に対して、序盤から球数を投げさせている阪神打線

ついに4回裏に先制

先頭の福留2塁打の後、ゴメス、ヘイグが倒れた

2死3塁から、高山が高めのカットボールを強振

1塁新井への強襲タイムリー安打

 

直後の5回裏

三塁手ヘイグの失策で無死1塁となったが

後続を断ちこの回も無失点

 

岩貞は、7回無失点、被安打2

 

再三走者は出すものの追加点を奪えない阪神

 

8回は、髙橋、安藤でしのいだものの

9回久々の登板のマテオが乱調

ボールが暴れすぎ

先頭の丸を四球で出すと

新井の打席で暴投、新井のニゴロで3塁に進み

エルドレッドの犠飛で同点

 

また、岩貞の勝ちが奪われた

 

マテオで逃げ切りを確信したベンチは

捕手も原口から岡崎に代えていた

 

9回裏は、(投手今村)

その岡崎から・・・・・

今成もすでに代打で使っており

最後の捕手だけに代えられない

そして、三振

俊介、新井も三振・・・・・

 

10回表は、3連投になる藤川球児

7番から始まる下位打線を無失点継投

 

 

11回表は石崎

石崎も3連投だが、今日も中軸打線と厳しい所

疲れからか、スピードは出ていなかったが

変化球を織り交ぜながら無失点

(菊地を三振、丸を中安打で出すも

新井を遊飛、松山を二ゴロ)

 

11回裏 (投手永川)

2死から岡崎、俊介の連打で、2死2・3塁

代打狩野は右飛

 

12回表は、田面

鈴木に四球を出したところで榎田に継投

犠打で送られた走者は

天谷の二塁ゴロで三進

ハーフライナーだったため走者は一度戻りかけたが

上本の1塁送球がややそれ、ゴメスが3塁に投げられない態勢

3塁に進めてしまったことも・・・・・

プロ初打点となる磯村に勝ち越しタイムリー

 

こうなるととまらないのがよくあるケース

 

田中に四球で2死1・2塁から

菊地に2点タイムリー3塁打

 

12回裏 (投手戸田)

鳥谷、四球、大和、安打の1死1・2塁も

ゴメス、三振

北條、痛烈な投直でthe end

 

広島菊地の再三の好守備にあったものの

12安打しながら、高山のタイムリーだけ・・・・の打線

そして、大暴れのマテオがクローザー???

 

 

岩貞の勝ちをまた消しただけでなく

中継ぎ投手の連投を強いただけの

最悪の敗戦。。。。。

 

 

明日の先発は

阪神・岩崎 vs 広島・岡田