メッセンジャー7度目の二けた勝利を祝う横浜球場は花火大会だった

2018年7月 22日 @横浜

チーム   計
阪  神 1 2 2 0 1 2 2 1 0 11
DeNA 1 0 0 0 0 1 0 1 4

勝利投手   メッセンジャー(10勝6敗)

敗戦投手   今永(2勝6敗)

[本塁打]    ソト12号(D) ナバーロ1号(神) ロサリオ7号(神)

糸井12号(神) 陽川4号(神) 梶谷7号(D)

 

メッセンジャーは、酷暑のなか7回2失点で10勝目

7度目の二けた勝利は外国人投手初の快挙!

 

打線も一発攻勢で援護

4番糸井、5番ロサリオ、6番ナバーロ、7番陽川

甲子園でも花火大会が見たいね!

 

苦い経験は、9回を締められなかった谷川投手だけか

ちょっと残念だったね・・・

 

貧打に加えて、岩田病・・・一気に4失点も痛かったなぁ

2018年7月 17日 @甲子園

チーム   計
巨  人 0 0 0 4 0 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 0 2 0 0 0 0

勝利投手  ヤングマン(3勝0敗)

セーブ   マシソン(7S)

敗戦投手  岩田(0勝1敗)

 

先発岩田、3回まで無失点

被安打1、奪三振6と立ち上がりに不安?

の岩田らしくない好調な立ち上がり

しかし、4回に一気に4失点

うち2失点は相手投手にうたれた2点タイムリー

岩田らしく、好投していても、突然大量失点するクセ

勝てない投手岩田らしい(苦笑)

 

打線は、序盤はヤングマンに手も足も出ず

中盤以降、5番ナバーロの安打からチャンスを作ったけれど

チャンスで打てたのは梅野だけ

5回のフェン直2点タイムリー2塁打の梅野

最終回も2死から、ナバーロのラッキー安打

伊藤隼、鳥谷連続四球の2死満塁から

梅野はファウルで粘った末のレフトフェン直の逆転サヨナラ2塁打・・・・

を少し期待したけれど、左翼亀井の大ファインプレーで、the End

 

3番福留、4番陽川はお疲れ気味?

福留を休ませて、

一軍登録したロサリオを使ってみる時かもね

8番打者に期待集中しなければいけない試合は辛い

 

 

 

 

マテオ今日も打たれてぶち壊し、貧打線も相変わらず

2018年7月 16日 @甲子園

チーム   計
巨  人 0 0 0 0 2 0 0 2 0
阪  神 1 0 0 0 0 0 0 2 0

勝利投手   内海(3勝1敗)

セーブ    マシソン(6S)

敗戦投手   メッセンジャー(9勝6敗)

[本塁打]    亀井9号(巨)

 

先発メッセンジャーは、今日も力投

しかし球数も多くて、6回までしか投げられなかった・・・

失点は2だが、打線の反発力のなさから

前進守備をしたことで、2失点につながったのは

残念な結果だね

 

7回は、望月が二塁手の失策で無死で走者を出したものの

後続3人を抑えて、無失点

三振をとれなかったのは残念でもあったが

危なげない投球だったね

 

8回は、1点差でなぜ、マテオ????

今日も不安定感いっぱいの投球で

亀井に2ランを被弾

マテオを接戦で出したのはベンチの責任だろう

 

打線は、9安打しながら、3点のみ

先制打は、ナバーロ

2点目もナバーロの詰まった内野ゴロ

3点目は原口の代打タイムリー

 

走者が出ていないのではなく

チャンスで打てなかった

そんな中、ナバーロへの期待は膨らむ

 

梅野4号3ランから4点差を逆転勝ち

2018年7月 4日 @甲子園

チーム   計
中  日 0 1 3 0 0 0 0 0 1
阪  神 0 0 0 3 0 1 0 2 X

勝利投手   桑原(2勝1敗)

セーブ    ドリス(19S)

敗戦投手   祖父江(1勝1敗)

[本塁打]    梅野4号(神)

 

藤浪やドリスは、力で押し込む「らしい」投球ではなく

不安を感じる投球だった

「らしい」投球だったら。

不運なプレーや失策があっても

簡単に失点することはないだろうな

というのが、本音

 

6回途中からリリーフの能見の安定感

藤川らしさ、復調近い桑原

この3人は今日も良かったね!

 

さて、打線は、スタメン野手全員安打

マルチは、梅野とナバーロ

 

梅野は3ランと8回の6点目となるタイムリー内野安打

ナバーロは、同店犠飛と、得点に絡む安打2本

8回勝ち越し点はナバーロの安打から

代走の俊介は2死から盗塁

大山は、浜風に戻されながらも

俊介が2塁に行ったことで前進守備をしていた右へ3塁打で

1ヵ月以上ぶりの打点!

 

俊介が代走に送られる度に思っていたこと

代走に送るなら盗塁のできる選手じゃないと意味ないだろうと

今日も植田が残っていた・・・・

しかし、今日は代走の価値があったね(笑)

 

4点差を逆転して、不安定なドリスのために2点勝ち越す

打線が活発になってきたね

 

小野4勝目は、あわやドリス劇場の末に

2018年7月 1日 @神宮

チーム   計
阪  神 0 6 0 0 0 0 0 0 0
ヤクルト 0 1 2 0 0 0 0 0 2

勝利投手   小野(4勝2敗)

セーブ    ドリス(18S)

敗戦投手   寺島(0勝1敗)

[本塁打]    俊介2号(神)

 

今日のクリーンアップは

ナバーロ、陽川、俊介

大丈夫か??

2回表の一気6点は、この3人と糸原が打点を挙げたもの

追加点は全く取れなかったのが...

投手陣にはきつかった

 

先発小野はヘロヘロ気味ながら、6回を投げ切った

7回藤川球は簡単に2死を取りながら

満塁まで攻めよられ、ヘロヘロ・・・・

8回は桑原が抑え

9回はドリス劇場

2点取られて、逆転負けも脳裏を過ったが

最後に雄平を三振に打ち取って

冷や汗いっぱいの逃げ切りだった

 

ドリスは、すぐに四球を出し

内野ゴロを深追いしたり、暴投したり

打線がめいっぱい頑張らないと厳しい戦いが続く(苦笑)

 

 

継投ミスで惜しい試合を落としたな

2018年6月 29日 @神宮

チーム   計
阪  神 0 2 3 1 0 2 0 0 1
ヤクルト 1 0 1 1 4 1 2 0 X 10

勝利投手   中尾(6勝2敗)

セーブ    石山(13S)

敗戦投手   伊藤和(0勝1敗)

[本塁打]    俊介1号(神) 陽川3号(神) 原口1号(神) 坂口2号(ヤ)

 

陽川、原口ばかりでなく俊介にも本塁打

先発秋山

で、なぜ負けたのか・・・

 

秋山が5回途中でKO

岩崎も打者4人に被安打3で油を注ぎ

才木を投入してやっと5回を終了

 

しかし、継投が不可解

6回に2点取って逆転

その裏に伊藤和が1失点

なぜ7回にも続投させたのか?

伊藤和にとって不運もあったが

桑原をピンチでつぎ込んでこの回2失点

 

8回裏は2点ビハインドで能見・・・

7、8、9回は、

桑原、能見、ドリス、藤川のうち3人で行くべきだったろう

延長も考えた???

負け試合で能見を使って疲弊させた。。

岩崎もこういう使い方で今があると思う

5回に3人も使ってしまったつけかもしれないが

継投ミスと書いておきたい

 

ナバーロ、9回に代打出てきてタイムリー

滑り出しはOKだね

 

 

雨中の戦い。打線は湿ったまま・・・

2018年6月 19日 @甲子園

チーム   計
ロッテ 2 1 0 0 0 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 1 0 0 0 0 0

勝利投手   石川(8勝3敗)

セーブ    内(15S)

敗戦投手   メッセンジャー(8勝4敗)

 

立ち上がりに、3点取られたメッセンジャーは

終わってみれば、7回3失点

しかし、阪神打線には、重すぎた(泣)

 

1番糸原が、好調を維持(1安打1四球)

4番糸井が、2安打

7番、高山が2安打、1打点

 

この3人の間に、2人づつ入っている

気になるのは、2番植田

打席で力負け感がある

一時期は対応できていた球に力負け

つなぎもできない

疲労なのか・・・・

しばらくほかの選手を使うほうが良さそうに思う

 

3番福留、4打席目に安打したが

走者がいるときに、粘ってファウルを打っていたが

力負けの感のポップばかり

 

陽川を使って、(中谷を一塁ではなく外野で)

福留を休ませる時期かも

 

ファームでロサリオが復調気配を見せ

マートン2世と期待のナバーロも月内に出場可能になりそう

 

福留頼りから脱却が内野安打と

チームとしての快進撃のスタートはないだろう