新人投手たちから若手の3打点のみ チャンスに打てるドメ、ゴメの復活待ちか?

2016年6月8日@QVC
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 1 0 1 0 0 0 0 1   3
ロッテ 1 0 3 0 0 2 0 2 x   8

勝利投手  関谷(2勝0敗)

セーブ

敗戦投手  青柳(1勝1敗)

本塁打

 

新人投手同志の対決だったが

関谷が6回途中降板するまで

阪神打線は、6安打、4四球でたったの2点

その2点は、8番横田と9番北條のタイムリー

 

今日も福留のところには、走者二人の場面で打席は3度

3回の無死1・2塁は詰まった1塁ゴロ

6回の2死1・2塁も1塁ゴロ

9回、態勢の決まった後の無死1・2塁は、ストレートの四球だが・・・

 

福留のところにチャンスは数多く回ってくるが

得点圏打率230程度という数字が示すように

凡退があまりに多い

 

走者がいないと打つけど・・・

という打者は、今成だけではなかった(苦笑)

 

そして、4番ゴメス

得点圏でもその他でも打率はほぼ同じで

打点も数多く稼いでいるが、

今日のように打てる気配なしの3三振というのもある

 

打線の核は、鳥谷、福留、ゴメスのはずだが、

三人が揃って好調だった時期がないばかりか

一人は、そこそこだが、二人はダメ

そんな試合が多いと思うのは言い過ぎなのだろうか

 

結局、今日の打点は

高山、横田、北條が各1点・・・・

これでは、勝てません

 

 

さて、投手の方は、

先発の青柳、救援の榎田、島本

 

球数はそれぞれ、4.2回で80球、1.1回で30球、2回で52球

走者を出しながらも粘って力投していたが

いかんせんボールが多く、

四球を簡単に出したり、カウントを悪くして打たれたり・・・

制球が悪いのか、狙い過ぎなのか

青柳、島本はこれからの投手だから、

経験によって、改善されることを期待したいが

 

 

救援投手も打線も

核になりうる中堅以上の選手がいないので

今年一年は苦戦するのは間違いないけれど

若手を育成して

来年には、同じことを繰り返さないように

それだけを願っている

 

 

明日の予告先発は

阪神・藤浪vsロッテ・二木

神宮らしく?乱打戦 福留が打てなかった犠飛を球児が打たれてサヨナラ負け

2016年5月25日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 4 0 0 3 0 1 0   8
ヤクルト 3 0 3 2 0 0 0 0 1x   9

勝利投手  オンドルセク(1勝1敗9S)

セーブ

敗戦投手  藤川(2勝3敗1S)

本塁打            バレンティン13号(1回表2ラン 横山)14号(3回裏3ラン 横山)

ゴメス12号(3回表3ラン デイビーズ)、鳥谷3号(6回表2ラン 村中)

 

本塁打の数では、2対2と負けていなかったが

藤川がサヨナラ犠飛を打たれて負けた

 

中継ぎ、クローザーが打たれるのはいつものこと

そして、守備が乱れるのもいつものこと

しかし・・・・・

 

ヤクルトの先制点は、2塁に走者を置いて

ヘイグが三塁ゴロをトンネルしたもの

ヘイグが普通にさばいていれば、

2死2塁でバレンティン、

フルカウントから四球を避けるべく

甘く入って2ランを打たれることもなかったかもしれない

 

横山は、バレンティンに

2打席連続で本塁打を打たれてはいるが・・・・

 

中盤まで点の取り合い、経過は省くとして

 

8回の攻撃

1死2・3塁から代打狩野の左前安打

バレンティンがワンバウンドで捕球しようとして

大きく弾いていたにも拘らず

二走の新井は何故本塁に走れなかったのだろう

 

同点に追いついて1死1・3塁

ここで三走を俊介に代えるが

福留が外野飛球も内野ゴロも打てず三振

ゴメスも三振

 

一方のヤクルトは

9回裏1死2・3塁から代打の今浪がサヨナラ犠飛

 

 

今日は、鳥谷、ゴメスが久しぶりの本塁打を打ち

横山がプロ初安打、初長打を打ち

北條のタイムリーで初得点を記録(おそらく)

福留も5月に入って、やっと、2打点目を記録

攻撃面では、いつもと違う側面を見せてくれたものの・・・・・

 

 

今日は先発横山も崩れたが

若い投手に3試合連続で好投しろなんて言わない

今日も中継ぎ陣をつぎ込んで

勝ちパターンにも使いたい、

榎田、安藤、藤川も使って、勝てなかったし

7-9回を無失点で切り抜けることもできなかった

 

未だ、今週は4試合残っているし

疲労気味の中継ぎ投手の補充、

10日間の再調整も必要だよね

 

 

そして、ヘイグ・・・・

初回のタイムリー失策のほか、危うい守備の乱れが2つほどあった

もともと守備には期待できないと言われた選手

本塁打打者ではない選手

当初から、求めるスペックと違う気がしていた

せめて安打を量産してくれれば、良かったけれど

 

マテオ、ドリスに不安があって

さらに勝ちパターンの投手が必要な今

やはり外国人投手の補強が必要だと思う

 

 

明日の予告先発は

阪神・藤浪vsヤクルト・小川

今日も若手が打ちました!切実な悩み:勝ちパターンの投手求む

2016年5月24日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 3 1 0 0 0 1 0 2   7
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 2 1 1   5

勝利投手  能見(3勝3敗)

セーブ   マテオ(1勝1敗11S)

敗戦投手  八木(0勝1敗)

本塁打            原口3号(7回表ソロ 村中)

 

北條が先制2点タイムリー

原口が3号本塁打

大和、高山、ゴメスがタイムリー

能見も犠飛

 

効果的に得点を上げたが

能見降板後の、勝ちパターンの投手は・・・・

7回 安藤・髙橋 2四球と1安打で1失点

8回 藤川 3四球、1失策、無安打で1失点(押し出し)

9回 マテオ 1四球1安打で1失点

数字以上に大荒れでしたね

 

続きを読む

横山から石崎。。。。、球児が締め、5割復帰

2016年5月18日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
中日 0 0 0 1 0 0 0 1 0   2
阪神 0 1 0 1 1 0 0 0 x   3

勝利投手  横山(2勝0敗)

セーブ   藤川(1勝2敗1S)

敗戦投手  山井(0勝6敗)

本塁打     ゴメス11号(5回裏ソロ 山井)

 

先制点は、2塁打の板山を原口のタイムリーで帰したもの

同点に追いつかれた4回裏

原口の2塁打、犠打野選、死球でつくった1死満塁は、

鳥谷の犠飛で1点のみ

(福留凡退)

 

5回裏にゴメスの本塁打で追加点

 

6回表、1死1・2塁 打者ビシエドのところ

横山から石崎に継投

高めのストレートで、ビシエド三振

ナニータは一ゴロで、

全球ストレートで、2点リードをキープ

超変革 継投編、成功!

 

6回裏、投手は、新人左腕 福

守備から入った北條を高山が送り

大和四球で、1死1・2塁

鳥谷三振、福留左飛。。。。

 

7回表も石崎

難しいと言われる

大ピンチを抑えた後のイニング跨ぎだが

あっぱれ石崎

三者凡退、力で抑えこんだ

 

8回表、1死1・2塁と走者を残して

榎田から安藤に

しかし、初球を平田にタイムリー

(1死1・2塁) ビシエド三振

(2死1・2塁) ナニータ右飛

 

1点リードの9回表、クローザーは、藤川球児

コールされた時に大歓声

ストライクを投げるたびに大歓声

 

中日は6番打者からと若干恵まれた感はあるが

今日の球児は、先発の時とは違う

先頭の堂上は、3ボールから、

高めのストレートで三振

亀澤はニゴロ

代打野本は、中飛

球児復活となれば、心強い

 

若手の活躍にベテランが続いたナイスゲーム

 

ヒーインは、昨年のドラ1、2コンビの横山、石崎

 

明日の予告先発は

藤浪vs若松

能見悲運、勝ち星するり・・・内野守備と乱調マテオに泣く

2016年5月15日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
阪神 0 0 0 3 0 1 0 0 1 0 0 0   5
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 3 2 0 0 0   5

勝利投手

セーブ

敗戦投手

本塁打   鳥谷2号(4回表2ラン 鳥谷)、ゴメス10号(9回表ソロ 大原)

ロペス7号(9回裏ソロ  マテオ)

 

4回表、俊介2塁打の後、制球を乱した山口

大和、福留連続四球で無死満塁

ゴメス併殺の間に1点

2死3塁から、鳥谷が2ラン

失投とはいえ、

鳥谷は、気が楽になったのか

6回にもタイムリー

そして、盗塁

 

8回裏、中盤以降ストライク先行だった能見が

ボール先行

1点取られて、2死2・3塁で継投

 

投手は髙橋

梶谷はマウンドやや右へ高く上がった飛球・・・

原口はファーストを指示するも

ゴメス捕球体制に入らず。。。。。

内野安打としてしまう

ポップフライが2点タイムリーに

 

筒香も高く上がった三飛・・・

スタンドは湧いたが、今成が捕球

 

1点差に詰め寄られたところで

9回表、ゴメスは大原から初球を本塁打で、2点差

 

しかし、9回裏は、マテオが乱調

不調のロペスに本塁打され、

さらに、下園にタイムリーで同点

能見の勝ちが消えた

なおも2死満塁までいったが

梶谷を打ちとって延長に

 

10回、11回は、ドリスが、

4三振を含む6者凡退と完璧

 

ドリス、マテオは、

投げてみないとわからないところが困りモノ・・・

 

12回は榎田が抑えて、

結局は、5対5の引き分け

阪神が押していたようにも見えたが

安打数は、5対11

しかも阪神には、大きすぎる守備のミスもあって

引き分けられたのが幸いという試合かもしれない

 

貧打解消と勝ち試合のリリーフ

課題は続く

新井の決勝本塁打!藤浪に勝ちはつかなかったがナイスピッチング

2016年5月13日 @横浜
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 0 0 0 0 2 1   3
DeNA 0 1 0 0 0 0 0 1 0   2

勝利投手  髙橋(3勝0敗)

セーブ   マテオ(0勝1敗10S)

敗戦投手  山崎(1勝2敗7S)

本塁打            新井2号(9回表ソロ 山崎)

 

藤浪の失点は

二盗を刺すための送球(ストライク)を

鳥谷がグラブに当てて弾いた走者を

さらに、8番戸柱の1・2塁間の当たりを

ゴメスが弾いて右前に転がったタイムリー安打

 

今日の藤浪は、被安打3だが

クリーン安打はひとつもなかった

勝ちはつかなかったが、久々にナイスピッチング

思えば、昨年も今の時期から勝ち始めた

 

そして、打線が点を取れないために

8回先頭打者の藤浪に代打今成を出して交代

 

ここから、試合は

静から動へと動き始めた

 

走者のいない時には強い今成が安打

大和のタイムリー2塁打で同点

高山の3失で、

1死1・2塁で福留は浅い中飛

2死1・2塁でゴメスは、右2塁打で逆転

 

8回裏はドリス

死球、牽制悪送球で、無死2塁

石川は、犠打ができず三振 1死2塁

乙坂安打で、1死1・3塁

投手髙橋から梶谷タイムリー

1死1・2塁で筒香は見三振

ロペスも三振

 

9回表に、クローザー山崎から

途中出場の新井が本塁打で勝ち越し

 

9回裏は、マテオ

球が暴れ、四球を一つ出しながら無失点

 

得点圏の打撃成績

 

高山 四球、3失

福留 ニゴロ、中飛

ゴメス 三振、ニゴロ、タイムリー2塁打

原口 二飛(ファインプレー)、一飛

鳥谷 ニゴロ

 

タイムリーが出ませんね・・・・

 

また借金生活阻止

 

明日の先発は、

岩貞、今永の好調左腕同志の対決

横山初勝利、原口初本塁打4打点、板山3安打・・・、苦手ナゴドで若手が躍動

2016年5月4日 @ナゴド
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 0 5 2 0 2 0 0   9
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0

勝利投手  横山(1勝0敗)

セーブ

敗戦投手  吉見(0勝1敗)

本塁打            原口1号(4回表3ラン 吉見)

 

横山、今季初登板・初先発

7回3安打1四球無失点!!

 

ファームでは16回で9四球、

5.06/試合の四球を出していた横山が

3ボールには何度もなったが、四球はたったの1

四球を出さない投球ができたことがなにより

 

思えば、昨季は、捕手鶴岡で四球を連発、

追い込んだ時にも捨て球を要求され、また四球

鶴岡の捕手としての能力に疑問符をつけたものだった・・・

 

今日は、ゆるい球や内角球を使いながら

3番平田、4番ビシエドをきっちり抑えられたのも

予想外の??好投二重丸

 

8回は、榎田が三者三振

9回は、今季初登板の石崎も三者凡退(1三振)

 

ローテの谷間で、若手投手(+榎田)で完封できたのは大きい

それもかつて苦手だった吉見を打ち込んだ打線の援護があってこそ

 

4回表、阪神先制!

鳥谷、福留で作った無死2・3塁で

ゴメス、板山が連続タイムリー

北條倒れた後、

原口が粘った末のプロ1号の3ラン

 

(ここでライトは、福留から横田に)

 

4回裏、横山は、先頭の荒木に2塁打を打たれたものの

平田、ビシエド、ナニータを打ちとって無失点

 

5回表に、ゴメスが2点タイムリー

7回表に、北條、原口連続タイムリー、

 

原口の初本塁打を含む4打点

板山のタイムリーを含む3安打(1打点)

北條の1打点・・・

若手が6打点あげたのは素晴らしい

 

まさに若虎の大活躍で

苦手ナゴドでの連敗ストップ

そして、勝率5割キープ

 

明日は、メッセンジャー  vs 小熊

藤川好投も、救援投手が失点、ゴメス2ランも追いつけず

2016年4月30日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 1 0 0 0 1 1   3
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 2   2

勝利投手  井納(3勝2敗)

セーブ   山崎(0勝1敗4S)

敗戦投手  藤川(1勝2敗)

本塁打   宮崎1号(8回表ソロ 榎田)

ゴメス9号(9回裏2ラン 山崎)

 

DeNA打線が低調とはいえ

藤川球児は、初めて先発らしい働きをした

6回2/3 失点1

 

しかし、DeNAと同様阪神打線も低調で

井納、三上に抑えられ

クローザー山崎に対して

9回裏2死からゴメスの2ランで追い上げたものの

1点足らなかった。。。

 

今成、狩野をベンチに残したままだったのは

止むなしなのか。。。

 

 

投手リレーは、藤川の後

榎田1回1/3 失点1

高宮1回 失点1

 

高宮のところ

せっかく上げたのだから石崎を見たかった・・・

とはいえ、結果的に1点差まで追い詰めたことを考えると

石崎を使うリスクは取れなかったということか

 

打てない打線をバックにする投手陣は

超変革は難しいのかな

好投メッセンジャーを若手トリオが援護で、DeNAに連勝

2016年4月14日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 0 0 1 0 0 0 1   2
阪神 0 1 0 0 0 2 0 2 x   5

勝利投手   メッセンジャー(2勝1敗)

セーブ   マテオ(4S)

敗戦投手   今永(3敗)

本塁打  ゴメス5号(8回2ラン ペトリック)

筒香6号(9回ソロ 高宮)

 

先発は、阪神・メッセンジャー vs DeNA・今永

 

阪神は2回裏に先制したが

ゴメスが、外飛・落球失策で3塁に行き

ヘイグの犠飛で先制したもので

5回まで阪神の安打は、高山・福留の3本のみ

 

メッセンジャーを上回る好投をしていた今永を

6回裏に攻略したのは若手トリオ

 

6回裏は、1死から、高山・鳥谷の連打でつくったチャンスを

3番江越が右フェンス直撃のタイムリー2塁打で勝ち越し

さらに、故障の福留に代わって

代走から4番に入っていた横田のタイムリー

 

8回裏、江越を2塁においてゴメスが2ラン

 

メッセンジャーは8回まで

9回は先頭の筒香に対して高宮が本塁打を打たれたが

セーブがつく点差になったところで

マテオが登場、3人で占めて

DeNAに連勝

 

 

江越は頼もしくなったね

2打席連続三振後の3打席目

きっちり結果を出してくれるところはすばらしい

そして、マルチ安打

 

高山もマルチ安打で、

横田も勝負どころでタイムリーと

途中から福留がいなくなったのを感じさせない活躍

 

若手の活躍には、監督が信頼して使ってあげることの大切さを

改めて感じるこれまでの戦いですねぇ

 

藤浪、激走三塁打もあり、ちょっと苦しい3勝目か

2016年4月12日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 1 0 0 0 0 0 2 0 0   3
阪神 3 0 0 0 1 0 0 0 x   4

勝利投手   藤浪(3勝)

セーブ   マテオ(3S)

敗戦投手   久保(3敗)

本塁打

 

先発は、阪神・藤浪vsDeNA・久保

 

1回表に1点先制されたが直後の1回裏

いきなり高山が安打で出塁したが、鳥谷投ゴロ併殺・・・

しかし、2死から江越、福留連続四球後に

ゴメスがタイムリー2塁打、

さらに西岡タイムリーで3点取って逆転

 

追加点が欲しい5回裏

藤浪が中堅右へ

俊足藤浪は三塁打・・・・

そして、高山は初球を中堅へ十分な犠飛で追加点

 

7回表、藤浪の投球数も100球を超えてきた所

この回が踏ん張りどころだったが・・・・

先頭打者のイージーゴロを鳥谷が後逸

これに四球が絡んで、1死満塁で継投に入った

高宮は2死満塁から2点タイムリー

2死1・2塁で好調井手を安藤が抑え

2失点でとどまる

 

8回表は、筒香を高橋を三振に取ると福原が2死をとり

9回表は、マテオが三人で抑えて、

藤浪に3勝目、バースデイ勝利をもたらした

 

ヒーインには呼ばれなかったが

私的には、藤浪と高山の5回の得点が素晴らしい

投手ながら、藤浪は今日も激走し三塁打を打つと

高山があっさり犠飛を打って藤浪を迎え入れた

 

8回1死満塁で今成、狩野と代打攻勢をかけたが

無得点に終わっただけに、高山の凄さが光る

 

さて、投手藤浪はというと、

 

 

序盤はファウルで何球も粘られ球数を要し

さらに、5回の激走でのスタミナ消耗

加えて、100球を超えてきたところでの内野手の失策

 

7回途中降板は残念だと思うが

自身の打撃にも助けられながら?

3戦3勝というのは、エース何だなと思う

 

PS) 北條 8回1死2・3塁でプロ初敬遠かな

 

明日の先発は、阪神・岩田vs DeNA・新人今永

岩田もそろそろ勝ってくれないと