秋山5勝目を強力援護! 金子を粉砕!!

2017年6月6日 @京セラ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 6 0 0 5 0 0 0   11
オリ 2 0 0 0 0 0 0 0 2   4

勝利投手  秋山(5勝3敗)

セーブ

敗戦投手  金子(6勝3敗)

本塁打            鳥谷2号(3回3ラン 金子)

 

1回表、金子の三者凡退に抑えられ

その裏、秋山先頭打者に四球を出すと4安打打たれ

いきなりの失点2

相手が、好調金子なので、「2点もとられた・・・」

という思いがあったが、結果的には、

「2点で踏ん張った」秋山だった

 

3回先頭の糸井がチーム初安打、

梅野が送って、糸井が倒れた後

2死から、怒涛の攻撃

上本がチームを勇気づけるタイムリー2塁打で1点差

高山は同点タイムリー、

福留が歩いた後、原口は逆転のタイムリー

そして、鳥谷が、まさかの3ラン

 

相手が金子だから、4点差がついたのは、

秋山には非常に大きな援護となった

 

6回には、キャンベルが凡退した後

糸原が四球、梅野が送って・・・

3回と似たパターン、

その後、1番糸井から6番鳥谷まで

安打と四球をつらね、この回5得点

 

6回の3アウトの内一つは梅野の犠打だが

残りの2つは、7番DHのキャンベル

キャンベルは、4タコの内容も良くなく

3三振とポップフライ・・・

 

秋山は、初回こそ2失点したが、

その後8回までは無失点

8回、120球投げて、2失点

12安打されたが、3併殺もあって、実質的に完投勝ち

 

 

打で心配なのが、キャンベルなら

投は、9回に出てきた松田

いきなり連打され、被安打3の2失点

登録直後の登板だったが、点差があきすぎて、

ボール先行できないというのもあったのかもしれないが

 

 

阪神は交流戦、5勝2敗

無敗だったオリックスに、

しかも金子のときに土をつけたのは気持ちいい

 

明日の予告先発は、

阪神・能見 vs オリ・東明

阪神打線爆発、秋山を勝たせた主役は、昇格即スタメンの俊介

2017年5月30日 @マリン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 2 0 1 1 6 2 1 0 2   15
ロッテ 0 4 0 0 3 0 0 0 0   7

勝利投手  秋山(4勝3敗)

セーブ

敗戦投手  石川(0勝5敗)

本塁打   糸井7号(1回表2ラン 石川)、高山4号(3回表ソロ 石川)

大嶺3号(2回2ラン 秋山)

 

こんな悪い秋山、今季初めて見た。

好投しても勝てないときもあれば、

酷く打たれても、勝てるときもある。

次は、いつもの秋山を見せてほしい!

 

さて、秋山を支えた打線。

糸井をDHに、中堅に俊介。

 

1回表、糸井がいきなりの先生2ラン

3点取られて、逆転されると、高山が追撃のソロ。

 

そして、8番俊介が2塁打で出て、牽制悪送球で3塁に進むと

バントの職人梅野がスクイズで同点。

 

俊介は、3打席連続2塁打で、4打点。

試合の流れを一気に阪神に引き寄せたのは俊介だった。

 

今日は。みんな打った・・・

5番一塁キャンベル以外は。

4タコだったが、2打席目から

走者を2人置いて、3打席連続三振

(見逃し、空振り、空振り)

一人だけ、タイミングが合わなかった感じ

 

PS) 藤川球児が、1,000奪三振達成!

 

 

明日は左腕対決

能見 vs チェン

キャンベル初本塁打などで3得点でメッセンジャー6勝目を援護

2017年5月25日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
巨人 0 1 0 0 0 0 0 0 0   1
阪神 4 0 2 0 0 0 0 0 0   6

勝利投手  メッセンジャー(6勝1敗)

セーブ

敗戦投手  大竹(4勝3敗)

本塁打   キャンベル1号(1回裏2ラン 大竹)

 

メッセンジャーは、

1回表、球数を使いながら無失点。

この3連戦で思うのは、

3番坂本を警戒して歩かせて、

4番阿部で勝負というパターン

5番マギーも好調だけど、3試合で5失点。

 

坂本を歩かせ、阿部を抑えて、

貧打のはずの小林に打たれ・・・

とても特徴的な試合展開だった。

 

1回裏、今季初1番の糸井が

29打席ぶりの安打で出塁すると

上本の2塁打で先制

髙山の進塁打で3塁に送ると

福留の二塁失策で2点目

中谷が倒れた後、

キャンベルがバックスクリーンに2ラン

 

2回表に、小林に巧打されて失点したが

3回裏に、キャンベル、梅野のタイムリーで6点目

 

序盤は、球数を使ったメッセンジャーだったが

大量点をもらうとスイスイ・・・

8回127球で6勝目

 

明日は、交流戦前のDeNAとの3連戦

予告先発は、藤浪 vs 井納

秋山、力投するも、守乱もあって、悔しい逆転負け。

2017年5月2日 @神宮
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1
ヤク 0 1 0 0 0 0 1 2 x   4

 

勝利投手  ブキャナン(2勝1敗)

セーブ   秋吉(3勝0敗5S)

敗戦投手  秋山(1勝2敗)

本塁打   髙山1号(1回表ソロ ブキャナン)

 

久しぶりのスタメン髙山が

ブキャナンの2球目をバックスクリーン弾

幸先よく先制したものの

今日は、1番髙山から、2番上本、3番糸井まで

 

なかでも福留は、4タコ

いずれも走者を置いてだったが

1死満塁で併殺打、2死1・3塁でも内野ゴロ

打率が、280あっても

得点圏では.233しか打ててない

鳥谷の 217よりはマシだが

上本、糸井が塁に出ることが多いだけに

点が入るか否かは、その後の福留次第

 

今日も守乱・・・・

主役は、一塁手キャンベル

ファウルフライを落とし

マウンド付近に上がった打球は、

キャンベル、上本、鳥谷がお見合い

(キャンベルが一番近かったが)

更に、一塁ゴロを弾いて、併殺がとれなかったことも

 

 

秋山は・・・

援護点も高山の1発のみのなか

守りでも足を引っ張られ

球数も増え、ピンチで体力を使い

とうとう7回途中で力尽きてしまった

 

打てない、守れない野手ばかりでは、

投手陣は非常に厳しい

 

ところで、中継ぎ陣も整備されつつあるが

例外は、藤川球児・・・・

8回裏とか、登板のチャンスかとも思うが

僅差の展開では使えないのか?

やはり、中継ぎなのに、

週1度1イニングだけのローテなのか??(苦笑)

(連投できないのだから

先日打球を宛てた影響があるなら抹消すればいい)

 

 

秋山は、今日も安定感のある投球

高山は、引っ張り一辺倒から、

広角に打法に戻したように思う

これからきっと上向いていくだろう

大野を打って、メッセンジャーからの完封リレー

2017年4月28日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0
阪神 0 0 0 2 1 0 3 0 x   6

 

勝利投手  メッセンジャー(4勝0敗)

セーブ

敗戦投手  大野(0勝2敗)

本塁打   中谷1号(5回裏ソロ 大野)

 

序盤の守りのヒーローは梅野

2度二盗を刺した強肩が光った

 

そして打は、ヒーインに呼ばれなかったけれど

上本を押したい

3打数2安打1四球

3度出塁してチャンスを作るだけではなく

4点目のタイムリーも

 

そして、キャンベルの先制タイムリー

1回に1死1・3塁で福留が投手ゴロ併殺

4回も無死1・2塁で福留がまた凡退後の

先制打だっただけに非常に大きかった

 

さらに、中谷の3点目の本塁打

7回には中谷のバント失敗後の三振の後の

上本、糸井の連続タイムリー

 

先発メッセンジャーは球数は多かったけれど

効率的な援護点に助けられて、7回無失点で

4勝目

 

6点差がついたところで

8回は桑原

9回は藤川(1/3)、松田が締めて

今季初の完封リレー

 

マテオ。ドリス、髙橋が温存できて最高の試合だった

 

明日の先発は

青柳 vs バルデス

阪神、2位浮上。1番の原動力は、上本

2017年4月27日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
DeNA 0 0 1 0 1 0 0 0 0   2
阪神 3 1 0 0 0 0 1 0 x   5

 

勝利投手  藤浪(2勝1敗)

セーブ   ドリス(0勝1敗10S)

敗戦投手  井納(0勝2敗)

本塁打   筒香1号(5回表ソロ 藤浪)

 

阪神の初回の速攻は素晴らしかった

髙山の安打に続いて、

上本が2ナッシングからフルカウントまで粘り

9球目を2塁打

<上本の粘りはいつも素晴らしい>

そして、糸井が2点タイムリーで先制

福留の安打で、無死1・3塁

キャンベルの併殺打で3点目

 

2回裏は、2塁打の北條を上本がタイムリー

 

2回終わって、4点リード

楽に勝ちたい試合だったけれど、

藤浪は、落ち着かなかった・・・

5回2失点ながら、108球

 

被安打5は、ともかく与四球5

四球の内容も

1回表の先頭打者にストレートの四球を含み2四球

8番戸柱、投手に、4打席2与四球

抜ける球もあって、相変わらずの藤浪の投球

 

6回以降は、

岩崎、髙橋、マテオ、ドリスが無失点継投

岩崎は、初ホールド

ドリスは、月間チーム最多タイの10S目

 

新外国人キャンベルは、5番ファーストで初スタメン

4打数2安打、1打点

本塁打打者ではなく

低めのボールを見極めてしぶとく安打を打つ・・・

そんな感じかな

メッツのキャンベル内野手獲得へ(デイリー)

阪神が来季の守護神候補として、

ローマン・メンデス投手(26=レッドソックス傘下3A)と

合意に達したことが17日、分かった。

(ニッカン)

 

サンスポ、スポニチに続いて、ニッカンにも出て、

メンデスは、確かな情報のよう。

ただし、制球については疑問符もあって、

クローザーよりもセットアッパー向きという意見も・・。

 

さて、4番三塁手候補として、マギーの名前もあがっていたけれど、

”断念”の記事にホッとしているのは事実。

ここ二年間の衰えは隠せないとも言われ、

だったら昨年ルナを獲っておけばよかったのではとも思っていたから。

 

今日デイリーに出たのは、メッツのキャンベル内野手

といっても決定ではなく、獲得への記事

 

打撃はマートンタイプで、まもりは三塁などユーティリティ。

 

血統も別格だ。キャンベルはスコットランド国王・ロバート1世と遠い血縁関係にあり、気品も◎

 

時折キレたマートンとは違うことを言いたいらしい。

 

スペックを見る限り、若くてマギーより良さそう。

 

WIKI