なんとももったいない逆転負け

2018年4月1日 @東京ドーム
チーム   計
阪  神 0 1 0 1 0 0 0 0 0
巨  人 0 0 0 3 0 0 0 0 X
勝利投手 野上(1勝)

セーブ  カミネロ(1S)

敗戦投手 秋山(1敗)

 [本塁打] 梅野1号(神)ロサリオ1号(神)
      岡本2号(巨)
阪神打線は、たったの5安打。しかし、ソロ2本に。2塁打3本
もっと点が取れなかったのか・・・。
初回、先頭の高山が2塁打で出塁するも、鳥谷が浅い左飛で釘付け
糸井四球後のロサリオの外飛、福留三振
鳥谷が1死3塁を作れていれば、ここで先制できていたけれど・・・
阪神の2点は、梅野とロサリオのソロによるもの
ロサリオが上向きなのは好材料
2番鳥谷のところは上本を入れたほうがつながりそう
そして、3失点は、
坂本の安打、ゲレレーロの左中間のライナーを追いつきながら
高山が捕球できず・・・
そして、昨日絶好調の岡本に逆転3ランを被弾
なんとももったいない3失点
秋山は好投も
走者をためての一発だけは避けないともったいない
しかし、失点は3
東京ドームだから、打ち勝つ試合が見たい
2試合連続の逆転負けも
「未だシーズンが始まったばかりだから」
と思おう

田口は打ち崩すも逆転負け

2018年3月31日 @東京ドーム
チーム   計
阪  神 1 0 3 0 0 0 0 0 0
巨  人 0 0 2 0 0 2 1 3 X
勝利投手 澤村(1勝0敗)

敗戦投手 桑原(0勝1敗)

[本塁打] 糸井1号(神)、岡本1号(巨)
今日は左腕の田口対策で、1,2番を
昨日の高山・鳥谷から俊介・上本に変更
今日も序盤は先発田口から4点先取したが...
阪神先発の藤浪は時折制球を乱しながらも
5回を2失点。
ここが交代の時かとも思われたが、続投。
そして、6回裏に安打と2四球で無死満塁として
代打阿部となったときに、藤浪から岩崎にスイッチ
岩崎の内容は悪くなかったものの
結果的に、この回、同点に追いつかれた
最終的に4点差をつけられて逆転負けとなったが
両チームの差はリリーバー
阪神の7回は、桑原。
今季初登板故の緊張感もあったかもしれないが
8回の藤川球児・・・

 

安打、四球の末の3ランには
不安定さを隠せない
一方の巨人は
澤村、上原、カミネロから走者を
一人も出すこともなく5三振

 

藤浪が安定感や自信を取り戻すまでは
今少しの時間がかかりそうなことと
救援陣に不安が残ることを感じた
明日は、ロサリオの一発に期待したい

開幕の巨人戦、菅野相手に快勝!!

2018年3月30日 @東京ドーム

チーム   計
阪  神 0 2 2 0 0 0 1 0 0
巨  人 0 0 0 0 0 0 1 0 0

勝利投手 メッセンジャー(1勝0敗)

敗戦投手 菅野(0勝1敗)

[本塁打] 福留1号(神)大山1号(神)
開幕オーダーは、1番から
高山、鳥谷、糸井、ロサリオ、福留、
大山、糸原、梅原、メッセンジャー
先発・メッセンジャーは、7回1失点と
開幕投手の責任を全う
一方で、打線は機能
2回表に、1死から福留が
レフトポールへ先制本塁打すると
大山、糸原、梅原の連打で満塁
そして高山のタイムリー内野安打で2点目
3回表、安打の福留を一塁に置き大山が2ラン
7回表には、ロサリオのタイムリー
菅野から5得点
先発野手全員安打は、
オープン戦の貧打で心配された阪神打線だけに
ほっと一安心!?

 

開幕一軍登録 @NPB公示

投手 19 藤浪 晋太郎
投手 22 藤川 球児
投手 30 石崎 剛
投手 38 M.マテオ
投手 41 髙橋 聡文
投手 46 秋山 拓巳
投手 54 R.メッセンジャー
投手 64 桑原 謙太朗
投手 67 岩崎 優
投手 98 R.ドリス
捕手 12 坂本 誠志郎
捕手 44 梅野 隆太郎
捕手 94 原口 文仁
内野手 00 上本 博紀
内野手 1 鳥谷 敬
内野手 3 大山 悠輔
内野手 5 西岡 剛
内野手 20 W.ロサリオ
内野手 32 山崎 憲晴
内野手 33 糸原 健斗
内野手 62 植田 海
外野手 7 糸井 嘉男
外野手 8 福留 孝介
外野手 9 髙山 俊
外野手 51 伊藤 隼太
外野手 53 島田 海吏
外野手 68 俊介

以上27名

2018年シーズンは、3月30日に、東京ドームでの巨人戦で開幕
予告先発は、メッセンジャーvs菅野

さて、注目の登録メンバーは、概ね、新聞で予想された通りだけれど

新人では、ドラ4の島田外野手

DeNAから移籍の山崎内野手

植田、伊藤隼が登録されているのに注目

 

一方で、登録から外れているのは

北条、中谷ら