球団記録通算5,000敗目は、後味の悪い敗戦

Posted on : 2019年9月10日 | post in : 阪神 2019年 |5 Replies |

「阪神4-5ヤクルト」(10日、甲子園球場)    デイリー

 

先発・秋山は、
投手高橋に満塁で走者一掃のタイムリーを打たれ
バレンタインに本塁打を打たれ・・・

とはいえ、3回を終わって、1点差

なのにか、だからなのか
3回裏に代打上本を出して降板させ

今日はリリーバー総出演

の末、10回表にドリスが打たれて敗戦

 

阪神打線も11安打打ちながら
4点しか取れなかった

8回1死から、代打高山が安打で出て、
9番に入っていた梅野に送らせて・・・
結局無得点
そして、高山のところに投手を入れ

高山を代えるなら
代走植田で、梅野にも打たせたら

9回1死から3番福留が2塁打
代走は植田ではなく、江越
4番マルテ敬遠、
糸原、大山は抑えられて無得点

植田を出すタイミングもなく敗戦

タグ: , ,

5 Comments

  1. 匿名 より:

    ピッチャーに3点タイムリー打たれちゃ
    勝利の女神は微笑んでくれないよね

  2. 匿名 より:

    ドリスは最近失点続きだから、ビハインドでお願いします
    いい時のドリスはほんと素晴らしいから頑張って欲しいよ

  3. 匿名 より:

    7連戦の初戦島本と岩崎に2イニング行かせて勝てなかった・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd