甲子園95周年、藤浪先発試合は、全員で逆転勝ち

Posted on : 2019年8月1日 | post in : 阪神 2019年 |4 Replies |

「阪神3-2中日」(1日、甲子園球場)  デイリー

 

甲子園95周年であり
藤浪、復活への第一歩の試合

 

高校時代のライバル北條が3号同点弾
マルテが勝ち越しタイムリー
梅野が結果的には決勝点となるタイムリー

 

藤浪の結果
4回1/3を投げ4安打1失点で降板した。
再三ピンチを招きながら四回まで無失点に封じていたが、
五回に先制を許して1死一、二塁と走者を残したところでマウンドを降り

守屋が後続をぴしゃりと抑え勝ち投手!!

 

 

タグ: , , , ,

4 Comments

  1. 匿名 より:

    藤浪も四死球多かったけど、それを抑えておきにいくピッチングはしてなかったらよかった。もう少しコントロールつけば、また主力で活躍できるはず!頑張れ藤浪!

  2. 匿名 より:

    普通にセカンドソラーテ、ショート北條でええんやないかなぁ

  3. 匿名 より:

    >「抹消します。次のチャンスは晋太郎自身がつかむものだと思いますしね。
    僕らも投げる姿を見たいですしね。それは晋太郎自身が作って、また戻ってくることだと思います」

    良く分からない矢野のコメントだな。ファームでは四球もそれ程じゃないし抑えれる。1軍で2試合程度良くなっていくか
    見ていった方が良いと思う。1軍の試合であまりプレッシャー与えない方が良いと思うが。

  4. 匿名 より:

    最初からの予定通りの抹消
    秋山来週の登坂明言してるしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd