メッセ、能見被弾、阪神打線に反発力なし

「DeNA7-2阪神」(4日、横浜スタジアム)   デイリー

 

1回表1点先制したものの、

メッセンジャーはその裏あっさり逆転され

DeNAの上位打線に手こずり

5回終わって4失点、

リリーフした守屋は戸柱にソロ

能見は中井に2ラン・・・・

 

4番大山は2打点3安打・・・

阪神打線にそれ以上の反発力はなく

THE END

 

交流戦中盤から急降下・・・

ソラテル?

トレード?

少なくとも来季につながる打線を

早急に探してほしいな

 

 

“メッセ、能見被弾、阪神打線に反発力なし” への5件の返信

  1. よかったで、大山くん
    欲を言えばホームランも観たかったけどな。でも4番の働きしたよ。
    エラーはあかんでエラーは

    1. 今日のポジはソト筒香ロペスをキッチリ抑えた岩崎君くらいやな
      大山も猛打賞全出塁は良かったがエラー数トップ独走はアカン

  2. カープも調子悪いけど、今日から甲子園でのカープ戦、勝ち越せるやろか?

  3. メッセアカンかったね
    わりとチャンス作ったり、もらったりしたけど、大山のタイムリーと近本の足での2点のみ
    ホームラン3本も痛かった
    能見さんの被弾は、どストライク投げてるのにストライク取ってもらえんかったしな···ってちょっと思うけどね

  4. どんな調子の悪い時でもハマスタに行けば生き返ってた
    でもそれすら出来ない程に最悪な状態になってしまったのね

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください