5点差を追いつき引き分け、締めたのは浜地投手

Posted on : 2019年6月16日 | post in : 阪神 2019年 |4 Replies |

「交流戦、オリックス5-5阪神」(16日、京セラドーム)  デイーリー

 

 

6回終わって、0-5

しかも田島に対して、無安打

5失点のうち3失点は内野の失策によるもの

とんでもない試合だった

 

しかし、7回糸原が初安打、田島が動揺し糸井四球

で田島降板

すると、大山が2点タイムリー

 

9回にはオリックスのクローザー増井が乱調で四球連発

代打福留の2点タイムリー等で同点に追いたが。。。

結局12回引き分け

 

大山は貴重なタイムリーを打ったものの・・・

あと一本出ていたら昨日までのことも

リフレッシュされると思ったが

結局5打数1安打

今日は一塁に入った大山

延長で無死1・2塁から投手前のバントを

ドリスに処理させず三封

スーパーファインプレーも

あと一本出ていたら・・・・

火曜日からに期待しよう

 

今日は、浜地

延長12回に出てきて、この3連戦当たっている

ロメロを三振に取るなど三者凡退

良い経験が積めたね

 

 

 

タグ: , , , ,

4 Comments

  1. 匿名 より:

    負けなかった勝ちきれなかった
    選手の皆様お疲れ様です
    明日はゆっくり休んでね

  2. 匿名 より:

    最後浜地投手よく抑えてくれましたね
    大きな自信にしてほしいですね

  3. 匿名 より:

    ドメさんをあの場面で使えるのは高山をスタメンで使えるから。今日ヒット無しやったけど間違いなく復活しかけてると思うからDH無しでも高山使ってほしいな

  4. 匿名 より:

    赤星は打てなくても四球が多かったけど、近本は圧倒的な四球が少ない。
    調子が悪くても、カットしたりしてなんとか粘ることも四球をとることも出来ない

    矢野は全く休ませないけど、使い続けて近本潰れたってしらんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd