メッセンジャー快投も福留、大山が打てず・・・

Posted on : 2019年6月11日 | post in : 阪神 2019年 |6 Replies |

「交流戦、ソフトバンク2-2 阪神」(11日、ヤフオクドーム) デイリー

 

勝つチャンスが何度もあった試合でもあり

12回はサヨナラ負けの大ピンチからの引き分け

痛み分けと思うしかないなぁ

 

1回表、1,2番が粘って、ミランダに球数を投げさせ

糸井のフェン直2塁打もあって

もうヘロヘロのミランダに対して

1死満塁で、5番福留が3球三振・・・

ここで一気にKOするチャンスだったのに

久々の一軍の福留に

速球派左腕は難しかったということだと思う

 

4回に高山のタイムリーと

北條のスクイズで2点先取

 

8回まで1失点のメッセンジャーが

9回に同点に追いつかれて

 

12回の攻防は見ごたえがあった!?

 

表の攻撃は高山の安打を足掛かりに攻撃を始めたが

ソフトバンクの武田はヘロヘロで2死満塁

ここで4番大山

ストライクが入らず苦しんでいる武田より

緊張感いっぱいに見えた大山

ストライクを取りに来た

初球の甘い球を見逃し

ボール球を振って三振

4番打者に代打原口というわけにはいかないからね

 

その裏を投げたのはドリス

先頭打者を内野安打で出すと

けん制悪送球、暴投で無死3塁の大ピンチ

しかし、ここから剛速球を投げ込み

無失点・・・・・

いつも思うけど、ドリスは

危険な牽制球を投げるべきじゃないよね

 

タグ: , , , ,

6 Comments

  1. 匿名 より:

    糸井四球の後
    変化球でストライクが取れない相手投手

    こんなんストレート一本で待つ場面やん
    そこで初球の甘いストレート見逃した時点で勝負あったな
    最後はとんでもないボール球手出して三振やもん

    大山は押し出し狙いの弱気になってたんちがうかな

  2. 匿名 より:

    チャンスが追いかけてくるのは四番の宿命
    大山頑張れ!大山しかおらん

  3. 匿名 より:

    あの時、大山は悲壮感しか感じんかったわ
    初球から振れるわけないわ

    4番はまだ早かったね。。。

  4. 匿名 より:

    大山は才能の有る打者ですが、性格的に4番としてはどうなんだろうと思う事があります。
    4番打者には、岡本や村上のような傲慢さとふてぶてしさが欲しいんです。

  5. 匿名 より:

    相手もノーアウト3塁から点取れなかったんだからお互い様

  6. 匿名 より:

    大山には愛を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd