広島に逆転負けは、シーズンを通しての作戦が故にだろう

Posted on : 2019年5月17日 | post in : 阪神 2019年 |1 Reply |

「阪神2-10広島」(5月17日、甲子園球場) @デイリー

 

逃げ切ろうと思えば逃げ切れた試合だったと思う

そんな試合をヤクルト戦に続いて逆転負け

 

勝ちたいなら、8回からジョンソンに継投

負けたくないなら、8回に同点に追いつかれたときにジョンソンに継投

2度継投のチャンスがあったけど、

西にかけた、西の勝ちをつけるチャンスのために続投させた

 

長いシーズンを考慮しての継投だったのだろう

監督の1年を通しての作戦なら仕方がないね

 

一方の打線、

4番大山にはまだ荷が重い

そして、今日も近本にチャンスが回ってきたけど

疲れてる感がいっぱい

これも1年を通しての作戦なのだろう

まあ仕方がないね

 

終盤大量点を奪われての敗戦も

接戦での敗戦も同じ1敗

 

明日から頑張ろう

 

 

タグ: ,

One Comment

  1. 匿名 より:

    近本最近5試合打率.130
    やはりチームの不調は近本の調子次第

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd