4連敗、打開策が見えてこない阪神打線

Posted on : 2019年4月4日 | post in : 阪神 2019年 |2 Replies |
巨人 vs 阪神  東京ドーム
チーム   計
阪  神 0 0 0 0 1 0 0 0 0
巨  人 3 0 0 3 2 1 0 1 X 10

勝利投手 高橋(1勝0敗)

敗戦投手 浜地(0勝1敗)

[本塁打]  阪神 坂本1号

巨人 岡本2・3号、坂本勇1号、亀井1号

 

阪神・巨人とのプロ初登板・初先発の投手で、

投手としては、浜地のほうが上だったと思うけど

(ひいき目かな?)

結果は、高橋のほうが圧倒・・・・

 

浜地の甘い球を確実にとらえた巨人打線と

高橋の甘い球を全く打てなかった阪神打線

こんな縮図しか見えてこない

 

どんな投手が来ても打てそうな予感がしない阪神打線

先々代の監督時代以降の

打撃指導の賜物ってところじゃないのか(苦笑)

何も手を打ってこなかったフロントの責任だわ

 

せめて今日は、

中谷をスタメンで見たかったな

 

 

タグ:

2 Comments

  1. 匿名 より:

    開幕6戦連続3得点以下は60年ぶりの屈辱

    シーズン最初の東京ドームでの同一カード3連敗は、球団史上初の屈辱

  2. 匿名 より:

    上田 一回の3点目は重盗を決められた。好き放題やられて…。

     黒田 滅多に走ることのない一走・ゲレーロがスタートを切った時点で、捕手・坂本は「怪しい」と思わなければいけない。決めごとで前へ出てきた遊撃・北條に投げるのだが、その前にまず、三走に注意しなければ。確認したら、三走のスタートは早かったから、投げずに済んだ。そのまま二塁へ送球してしまった坂本は、大いに反省してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd