金本監督最終試合はナゴドで逆転勝ち(笑)

Posted on : 2018年10月13日 | post in : 阪神 2018年 |2 Replies |

2018年10月  13日 @ナゴヤドーム

チーム 10 11   計
阪  神 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 1
中  日 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0

勝利投手   藤川(5勝3敗)

セーブ    ドリス(32S)

敗戦投手   祖父江(2勝2敗)

 

今日が今季の最後の試合、

3年間の金本阪神の最後の試合

勝敗よりも、

中日・岩瀬、荒木の引退試合の色彩が強かったのかもしれないが

阪神の何人かの若手にも記憶に残る試合だったろう

 

竹安はプロ初先発で、5回2失点

板山が3安打1打点

大山もマルチ

中谷は決勝打

そして藤川球児は、貴重な5勝目

 

今季のことは後日また呟いてみたい

 

 

タグ: , , ,

2 Comments

  1. 匿名 より:

    金本監督、三年間お疲れ様でした。
    こう言う辞めさせ方は本当駄目だわ。
    来年もやって欲しかった。

  2. 匿名 より:

    メンバー表交換時や交代を告げる際、グラウンドに姿を見せると、敵地ファンからも「お疲れさま」、「また戻ってきて」など、温かい声援も飛んだ。試合後は左翼席にあいさつする指揮官に、現役時代の応援歌も流された。

     在任3年間で429試合を戦い、204勝216敗、9分けの成績。4位、2位、6位だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd