乱調岩田、大逆転チャンスもあったが、執念不足

Posted on : 2018年8月19日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年8月  19日 @神宮

チーム   計
阪  神 0 0 2 0 0 0 3 0 0
ヤクルト 2 1 4 0 1 0 0 0 X

勝利投手   石川(5勝4敗)

セーブ    石山(21S)

敗戦投手   岩田(0勝3敗)

[本塁打]    バレンティン30号(ヤ) 西浦8号(ヤ)

 

先発岩田は3回先頭の青木のヘルメットをかすめる死球

危険球退場で、2発撃たれて、4失点

そのあとも最近好リリーフの岡本も打たれて

3回まで、7失点・・・・

 

一気に追いつけるチャンスは、7回と9回

3点返して、なお2死1・2塁で鳥谷はフルカウント

そして、見逃しの三振

チャンスで見逃しの三振は、鳥谷にはよくある・・・

きわどい球は打っていくとか、ファウルで粘るとか、

鳥谷には執念とかないのが残念だった

 

鳥谷の不運?は9回にも巡ってきた

北条内安打、大山・糸井の連続四球

無死満塁となって、一気に逆転の大チャンスのはずが

ロサリオはポップフライ

1死満塁で鳥谷は、二ゴロ併殺で万事休す

 

ベンチに、原口も福留も残していたのが

ちょっと残念だったね

 

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd