馬場粘れなかった・・・

Posted on : 2018年8月12日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年8月  12日 @横浜

チーム   計
阪  神 2 0 0 1 0 0 0 2 0
DeNA 0 2 2 0 2 3 1 2 X 12

勝利投手   今永(3勝6敗)

敗戦投手   馬場(0勝1敗)

[本塁打]    糸井14号(神) ソト18号(D) 福留11号(神)

筒香23号(D) ソト19号(D)

 

先発馬場が粘れなかった。

これに尽きるように思う。

ただし、その原因は。馬場だけにあるのではなく

プロ初登板で好投したものの、

それから日数が開いたことや

 

今季は、一軍での経験のほとんどない坂本捕手と組ませ

疑問のある偏った配球もあったことも・・・

 

若い投手を登板させるときに

ファームから上げた捕手と組ませることが少なくないけれど

結果は良くないように思う・・・

梅野を休ませるためかもしれないが、

経験の少ない投手とは、

主戦捕手(今季なら梅野)と組ませたほうが良いように思う

 

馬場が崩れた原因に中堅ナバーロというのもあるように思う

普通の上手い

中堅外野手なら捕れた打球が長打になったり・・・

 

ナバーロとロサリオを

同時起用するための苦肉の策なんだろうけれど

ナバーロは、4タコ(これは結果的に4タコなんだろうが)

ロサリオは、4打数で内野安打のみで3三振

いずれにしても、

ナバーロ中堅は勘弁してほしいと思いませんか?

 

 

 

 

 

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd