甲子園巨人戦3タテを食う。チャンスでの打線の差は歴然

Posted on : 2018年7月18日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年7月 18日 @甲子園

チーム   計
巨  人 3 0 0 0 0 0 0 2 0
阪  神 0 0 0 0 0 0 0 0 3

勝利投手   メルセデス(2勝0敗)

セーブ    マシソン(8S)

敗戦投手   才木(2勝3敗)

 

甲子園巨人戦3連敗かぁ・・・

今日も貧打線に対するバッテリーの信頼感の欠如

これが大きく影響していたと思う

1回表、2死からマギー安打の後

4番岡本、5番亀井に結局四球を出して満塁にし

陽に走者一掃のタイムリー2塁打

その後5回までは抑えただけに

才木にとっては残念な2四球だった

1点も与えたくないという思いが強すぎたゆえの四球

問題は貧打線だろうなぁ

 

一方の打線は、走者は出すけれど、

今日も本塁は遠かった

3番福留、4番陽川がノーカンな感じ

特に福留は、3回2死1・2塁で内ゴロ・・・

9回も3点返して、なお2死1・3塁で内ゴロ・・・

福留、打率は .256、得点圏は .197

今年もチャンスで打てない福留を

クリーンアップに置かないといけない現状が

貧打線のすべてでしょう(苦笑)

 

ナバーロがいい滑り出しを見せ、

ロサリオは復調の可能性を期待させる

糸井が戻ってくれば・・・・

少しは期待できるかな(苦笑)

 

来季、片岡工務店??を代えることができないのなら

金本監督にも退陣願いたいほどだね・・・

 

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd