陽川3ラン含み4打点、メッセンジャー9勝目

Posted on : 2018年6月26日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年6月 26日 @横浜

チーム   計
阪  神 0 0 0 0 0 0 3 0 1
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝利投手   メッセンジャー(9勝4敗)

敗戦投手   バリオス(2勝4敗)

[本塁打]    陽川2号(神)

 

阪神・メッセンジャー、DeNA・バリオス

両先発好投で中盤まで 0-0

7回先頭の植田が安打で出塁すると、

DeNAは、バリオスからエスコバーにスイッチ

福留の安打で俊足植田は3塁へ

無死1・3塁のチャンスで糸井が遊飛であーあ

しかし、1死1・2塁で、陽川が先制3ラン

 

バリオスは被安打2与四死球0、投球数85

阪神にとってみれば、エスコバーに代わってくれてありがとう

そんな交代だったが、ラミレス監督によれば

足の速い植田の盗塁が怖かった故の

左腕エスコバーへの交代らしい

3、4番の福留・糸井を意識したものでもあったろう

 

陽川のパワーと植田の足が生んだ先制3ランだったね

 

5番陽川は、9回にもタイムリー2塁打で

この試合全4打点を稼ぐヒーロー

打率も .353 !!!

 

メッセンジャーも2度のピンチがあったが

8回無失点!!!

 

4回1死1塁から宮崎の三ゴロを鳥谷が弾き

併殺終了のはずが、1死1・3塁のピンチ

しかし、次2打者を連続三振

 

8回1死1塁からソトの三ゴロを

下がって捕って2塁へ送球しオールセーフで1死1・2塁

ここでは、筒香、宮崎を打ち取って無失点

 

鳥谷は打っても、見三振を含む3タコ

攻守ともアグレッシブさもなく、冴えないなぁ

 

9回は、ドリス

大乱調後の登板で不安もあったが

4点差にした陽川に助けられたところは大だったと思う

 

今日は陽川とメッセンジャー

 

 

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd