糸原2ランと糸井のタイムリーの3点が一杯一杯か

Posted on : 2018年6月22日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年6月 22日 @甲子園

チーム   計
広  島 0 0 0 1 0 2 1 1 0
阪  神 0 0 0 0 0 0 0 3 0

勝利投手   大瀬良(10勝3敗)

セーブ    中崎(18セーブ)

敗戦投手   秋山(5勝7敗)

[本塁打]    丸9号(広) 糸原1号(神)

 

先発秋山は、5回までは、

丸の本塁打一本の1失点に抑えていたが

阪神打線の低調さと

野間を二打席連続三振にとったものの球数を投げさせられ

その疲労が6回に出たのか更に2失点

その裏に代打を出された秋山

ちょっと残念だったがこの阪神打線では致し方ないか

 

継投した尾仲、福永も1失点づつ

この2失点が重かったね

 

8回は糸原に2ランと

糸井のタイムリーで3点返したがここまで

いまの阪神打線で期待できるのは

糸原と糸井だけか

 

外国人野手2人体制にして

高山、中谷、大山の3人を育てないとね

 

 

 

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd