馬場好投も延長引き分け。野手は糸井孤軍奮闘3打点

Posted on : 2018年6月21日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年6月 21日 @甲子園

チーム 10 11 12   計
オリックス 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0

本塁打   ロメロ10号(オ) 糸井10号(神)

 

プロ初登板・初登板のドラ1馬場は6回1失点

球数は84球とあと1回見たかったけれど

打線が沈黙していた故に6回裏先頭打者というところで

代打を送られ交代

後ろの投手、マテオ、ドリスともに抹消中だけに

あと1回投げさせられなかったのが残念

 

しかし、代打の山崎が安打で出たことによって

糸井の2点タイムリーで逆転

馬場に初勝利のチャンスが生まれた

 

が・・・・

 

7回は能見が抑え

8回も能見が続投

1死2塁となったところで桑原にチェンジ

結局桑原が小谷野と吉田に打たれて逆転され

 

9回表を伊藤和が抑えた後

その裏に糸井がクローザー増田から同点弾

 

10,11回は藤川球児が

12回は岩崎が抑え

なんとか引き分けにしたというところ

 

今日は、先発野手では糸井だけだったね

福留の打率も、242まで下がり

得点圏ではさらに下。。。

外国人野手2人なら

福留もレギュラーも聖域ではなく

巨人の阿部のように代打で目を光らせてもらう時期かもね

 

馬場投手、凄みは感じなかったけれど

安定感は感じた

今の阪神のローテ投手でいえば

秋山タイプかな

次回に期待

 

 

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd