打線爆発も1点足らず惜敗

Posted on : 2018年6月13日 | post in : 阪神 2018年 |Leave a reply |

2018年6月 13日 @札幌ドーム

チーム   計
阪  神 0 0 0 3 0 0 2 0 2
日本ハム 0 0 1 6 1 0 0 0 X

勝利投手   上沢(6勝2敗)

セーブ    有原(1S)

敗戦投手   尾仲(0勝1敗)

[本塁打]    レアード13号(日) 石井一1号(日)

 

先発小野は、球数を使いながら、四球を出しながら、

球威で3回まで抑えてきたが、

3回2/3で、走者2人を塁に置き、力尽きた・・・

 

リリーフしたのは、尾仲

この試合前までは、自責点0で好投しており

今日も期待していたが

1死も取れず、3ランを含む4連打

4回の6失点は大き過ぎた

バッテリーもベンチも何かできることがあったのではないか

 

しかし、今日は、打線が活発だった

日ハムは、10安打で8得点

阪神は、16安打で7得点

あと1本出でいたら、という場面が何度もあった

あと少しで勝てた試合を落としたけれど

今後に期待を抱かせる攻撃だったと思う

 

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd