榎田に勝利を献上、一方藤浪の評価は・・・

Posted on : 2018年6月3日 | post in : 阪神 2018年 |1 Reply |

2018年6月 3日 @メットライフドーム

チーム   計
阪  神 0 0 0 0 0 3 0 2 0
西  武 2 0 0 0 2 6 0 0 X 10

勝利投手   榎田(5勝1敗)

敗戦投手   藤浪(0勝2敗)

[本塁打]    陽川1号(神)

 

藤浪は、どうなのか

が、試合前の一番の注目点だった

結果は・・・・6回途中7失点(自責点4)

 

1回表は併殺で2死無走者と思った直後に

無死1・3塁となって、2失点

2回から4回までは9人で抑え

藤浪の丁寧な投球、ニュー藤浪が見て取れた

 

5回は、糸井の失策も絡んで2失点

ここまでは、次回に期待を持たせる内容だった

 

しかし、6回は1死から

2塁打を打たれると四球、四球で降板

かつての藤浪ならスタミナ十分だけれど

中盤までにどこかで球が抜け四球連発

このところの藤浪が出てしまった

 

相手の榎田から7回で3得点

いまの阪神でも3点取れたという内容のような気がする

榎田が阪神にいたなら、5勝なんて無理だったと思う

超強力打線を背景に投げれば

超貧打線を背景に投げるのとは上下で大きな差になる

 

藤浪も西武打線を バックに投げれば

今のように苦しむことはなかったような気がしてならない

 

外国人、4人中、戦力になっているのは

メッセンジャーとドリスの二人

阪神の現状を鑑みるに

外国人打者をあと一人取っておくべきだったと思う

 

ロサリオ抹消で、登録・即スタメンの陽川が

本塁打とタイムリーで、4打点

今日の明るい話題はこれだけか

 

タグ: , ,

One Comment

  1. 匿名 より:

    阪神、緊急助っ人補強!両打ち砲バルガスらリストアップ、不振ロサ2軍で球団動く
     球団は既に新助っ人候補のリストアップを進めており、選手が判明した。2017年ワールド・ベースボール・クラシックでプエルトリコ代表のスイッチヒッター、ケニス・バルガス内野手(27)=ツインズ傘下3A=だ。メジャー4年間で35本塁打をマークした実績を持ち、今季は3Aで50試合に出場し、打率・228、8本塁打、27打点。

     またメジャー通算11発のタイラー・ホワイト内野手(27)=アストロズ=は一、三塁を守ることができ、今季は3Aで54試合、打率・337、10本塁打、36打点と安定した数字を残している。他にもメジャー通算16発のマイク・オルト内野手(29)=レッドソックス傘下3A=らが候補。右打者で長距離砲が基本線となりそうだ。

     昨季のロジャースの例がある。キャンベルが不振にあえぎ、得点力に悩まされている7月1日に新加入。同中旬に右脇腹を痛めた糸井に代わって緊急昇格すると、40試合で打率・258、5本塁打、23打点の成績を残した。また、2009年にはメンチの代役として、ブラゼルを獲得し、翌10年には47本塁打と大暴れ。“劇薬”を投入するには遅くない。

     首位・広島が頭1つ抜け出し、2位DeNAから6位ヤクルトまでわずか2ゲーム差という大混セが続いている。5日からは甲子園にオリックスを迎えての関西ダービー。今だからこそ、攻めの姿勢が必要だ。13年ぶりのリーグ優勝に向け、前へと進んでいく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd