投手陣の踏ん張りで広島に逆転勝利!

Posted on : 2018年4月10日 | post in : 阪神 2018年 |3 Replies |
2018年4月10日 @甲子園
チーム   計
広  島 0 2 0 0 1 0 0 0 0
阪  神 0 0 0 1 0 3 0 0 X
勝利投手  藤川(1勝)
セーブ     ドリス(4S)

敗戦投手  一岡(1敗)

 

1回裏、高山、西岡連続四球の無死1・2塁
糸井、ロサリオの大きな外野飛球で
高山がタッチアップしていれば、
高山が本塁を踏めていたかもしれない・・・
そして、2死1・2塁で福留が見逃三振
その後も、阪神打線は併殺を繰り返し、
守りでは、併殺をとれず、失点してしまう
糸井が走塁死2度
(1・2塁で2走が3盗を躊躇し1走の糸井が牽制し
 1走の糸井がロサリオのフェンス直撃弾で暴走気味に本塁憤死)
やや雰囲気が悪かった・・・
しかし、2死からでた四球の糸原を梅野の
タイムリー2塁打で返した後の6回裏
1死から、大山、糸原が連続四球ででると
広島は薮田から一岡にスイッチ
梅野が粘って四球で満塁にすると
俊介の詰まった遊ゴロを田中が後逸・・・
2点取って同点
続いて、
代打伊藤隼が投手強襲の逆転タイムリー
先発小野は5回
継投は、藤川、桑原、高橋、ドリス
走守の乱れはあったが
投手陣の踏ん張りで、広島に逆転勝ち

 

過程はどうあれ、
広島に接戦で勝てたのは大きい
タグ: , ,

3 Comments

  1. 匿名 より:

    相手に貰った四球は10
    もっと楽に勝たなアカンな

  2. 匿名 より:

    疲労感いっぱいの試合だったね

    西岡の二塁は、怖いわ・・・

  3. 匿名 より:

    小野に勝ちを付けてあげたかった。。。。

    打てない、守れない・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd