ドリスが打たれるも逃げ切り成功

Posted on : 2017年10月4日 | post in : 阪神 2017年 |1 Reply |
2017年10月1日 @東京ドーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 3 0 2 0 0 0 0   5
巨人 0 0 0 2 0 0 0 0 2   4

勝利投手  岩田(3勝2敗)

セーブ   ドリス(4勝4敗36S)

敗戦投手  田口(13勝4敗)

本塁打   上本9号(5回表ソロ 畠)、糸井16号(5回表ソロ 畠)
村田14号(4回裏ソロ 岩田)

 

左腕田口も打ち崩して、黒星をつけ

岩田も5回2失点

 

CSの相手は、DeNAになったけれど

少しばかり明るい要素もあったネ

 

残すは、甲子園での中日戦2つ

CSに向けての調整、新戦力の腕試し、引退試合?

と楽しみな材料が

中日戦は、トラテレで無料視聴できるようですね!


にほんブログ村 阪神タイガース

タグ:

One Comment

  1. 匿名 より:

    今シーズンも、いよいよ残り2試合。2位を決めた虎だが、消化試合として戦うつもりはない。発見の場とする。金本監督が、若手投手をテストすることを明かした。

     「若いピッチャーを機会があれば、出したい。才木とか竹安とか」

     高卒1年目の才木は1メートル88の大型右腕で、スラリの長い手足から繰り出す150キロ超えの直球が武器。ウエスタンでも55回1/3を投げ、防御率4・88と着実にステップを踏んでいる。

     前日2日にはCSに備えてマテオ、岩田を一旦抹消したばかりで、枠もある。指揮官の発言を伝え聞いた才木は鳴尾浜で「呼んでもらえることがあれば、強気でいきたいです」と意気込んだ。18歳が、ついに1軍デビューする可能性は大だ。

     2年目の竹安は今季、ウエスタンで初勝利を挙げるなど20試合で5勝4敗、防御率2・76。こちらもチャンスがあれば登板する可能性もある。

     昨季は10月1日の最終戦で、高卒ルーキーだった望月が巨人戦でプロ初登板を果たし、1回無失点。最速153キロをマークし、素材の高さを証明した。決して消化試合ではない、力試しの舞台。才木ら若虎が思う存分、腕を振る姿を、虎将は楽しみにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Theme Designed Bymarksitbd