大山が3ランで連敗を止めた!

Posted on : 2017年7月1日 | post in : 阪神 2017年 |Leave a reply |
2017年7月1日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
ヤク 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1
阪神 0 0 3 0 0 0 0 0 x   3

勝利投手  能見(3勝3敗)

セーブ   ドリス(0勝3敗21S)

敗戦投手  原(2勝5敗)

本塁打   大山1号(3回裏3ラン 原)

 

大山のプロ初安打初本塁打が3ランとなり

3-1で連敗をストップ

 

プロ無安打の大山を5番に入れるとは

正直、恐れ入った(苦笑)

しかも、その大山が唯一の得点となる3ランを打つとは

すごいの一言しかない

 

能見は6回1失点、その後を

桑原、マテオ、ドリスと繋いで連敗ストップしたが、

打線の低調さを相変わらず

 

1回、3回と1死1・3塁で福留に回ること2度

昨日の最終打席から続いて、3打席連続となるが

三振、捕邪飛、三振・・・

内野ゴロすら打てない

4番がこれでは、なんともならい

(否、ぶっちぎりの併殺打王だから

併殺にならないだけマシと考えるべき??)

 

今日は福留の後が、大山だけに

プライドをすべて捨ててでも

点を取りに行くべきだった

けれど、福留は何もできなかった

それを救ったのは、大山のひと振り

 

明日の予告先発は、岩貞と左腕・石川

福留はスタメンから外すべき


にほんブログ村 阪神タイガース

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Theme Designed Bymarksitbd