小野7回1失点も悔しい3敗目。福留、併殺打王独走中

Posted on : 2017年6月18日 | post in : 阪神 2017年 |Leave a reply |
2017年6月18日 @甲子園
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
楽天 0 0 0 0 0 1 0 0 0   1
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0

勝利投手  岸(5勝2敗)

セーブ   松井裕(2勝1敗21S)

敗戦投手  小野(0勝3敗)

本塁打

 

先発小野は、制球も安定し、7回1失点

登板ごとに成長を見せてくれており

交流戦明けの登板が今から待ち遠しい

 

が、打てないバックでは

せっかくあげてきた調子もどうなるのか・・・

 

その打線、

楽天の5安打に対して、10安打・・・

高山、上本の1、2番がマルチで

クリーンアップに再三チャンスが回りながら

点が入らない

 

1回は無死1・2塁から、

3番中谷(三振)、4番福留(三邪飛)、5番原口(三ゴロ)が

岸に簡単にひねられ

 

3回は1死2塁から(安打の高山を上本が送って)

中谷、福留が連続三振、特に福留は見逃し

 

8回は、1死から中谷安打で1死1・3塁となるも

福留は、二ゴロ併殺

福留の併殺打は今季15度目

ワースト2位がマギーらの8度、ほぼ2倍

当たりが良くて併殺になるのではなく

力負けして併殺打というところ

 

4番打者が、

タイムリーは出ないばかりでなく

併殺打と見三振量産では、点が入るわけがない

故障?なのに、無理してでなければならないほど

層が薄いわけではないのに

小野を見殺しにしてしまった・・・

 


にほんブログ村 阪神タイガース

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Theme Designed Bymarksitbd