横山、今季初勝利。ドームの巨人戦に勝ち越し

Posted on : 2017年4月23日 | post in : 阪神 2017年 |1 Reply |
2017年4月23日 @東京ドーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 1 0 1 0 0 0 0 0 0   2
巨人 0 0 1 0 0 0 0 0 0   1

 

勝利投手  横山(1勝0敗)

セーブ   ドリス(0勝1敗9S)

敗戦投手  内海(1勝2敗)

本塁打

 

髙山に代わって1番左翼に入っていた中谷が

1回表いきなりの2塁打、そして、福留のタイムリーで先制

3回表は、1死から、中谷、上本の連打、糸井四球から

福留の犠飛で追加点

阪神は、たった5安打で2得点

 

今日は投手が耐えた

 

藤浪のインフルエンザでの抹消で回ってきた先発横山

今季初登板でうれしい初勝利

5回1失点は期待以上

 

横山は余裕を持って降板し

6回からは桑原

 

2安打され、2死1・3塁となると

代打阿部を三振にとると7回も続投

簡単に2死をとると、

坂本・村田に連打されると

マテオがマギーを三振におさえ、

 

8回、9回は、マテオ、ドリスが各三者凡退

東京ドームだけに、一発で同点・・・

そんな緊張感はあったものの見事なリリーフ

 

今日も内野陣の拙守がいくつか

これらを乗り越えて、1失点の投手陣はお見事!

タグ: ,

One Comment

  1. 匿名 より:

    横山はナイスピッチング。また二軍に配置はもったいないで。
    北條、鳥谷の守備にはヒヤヒヤするわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd