松山の悲劇再び 岩貞、中谷・俊介、次に期待する

Posted on : 2016年6月26日 | post in : 阪神 2016年 |10 Replies |
2016年6月26日@マツダ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
阪神 0 0 2 0 0 0 0 1 0   3
広島 0 1 0 0 1 0 0 0 2x   4

勝利投手  オスカル(2勝0敗)

セーブ

敗戦投手  岩貞(4勝5敗)

本塁打   新井5号(2回裏ソロ 岩貞)

 

今日は主軸の福留、ゴメスで

3打点をあげたが、勝てなかった

 

勝負の分岐点は

9回裏にクローザーを出せなかったこと

 

8回を終わって、岩貞の球数98球ながら

好投しても勝てない試合が多く

交流戦ではピッチング自体が

おかしくなっていた岩貞だ

 

普通に考えたら、

9回はクローザーに任せるべきだろう

しかし、阪神には、

信頼できるリリーフ投手が皆無という判断から

岩貞を続投させたのだろう

 

この日はほぼ完璧におさえていた丸に安打され

ルナのゆるい二塁ゴロで併殺がとれなかった

大和は走者にタッチして1塁送球を狙ったが

走者にうまくかわされ、

タッチに手間取っているうちに

打者走者は1塁を駆け抜けていた

 

あのときすぐに、

6-4-3の併殺を狙っていたらどうだっただろう

 

そして、鈴木に中前安打されたら

3年前の鳥谷ならと思う打球

 

新井を歩かせ、1死満塁とし

7番打者を三振に仕留め

8番打者にタイムリーで同点

 

ここで岩貞からドリスにスイッチし

松山の中飛を

センター中谷とレフト俊介が交錯し落球しサヨナラ負け

俊介は担架で退場・・・・

 

どちらでも取れるあたりは

通常はセンターに優先権があるが

守備固めで入った俊介の自分が取らねばという思いが

交錯プレーにつながったのだろうか

 

松山の悲劇パート2

 

今日の中谷はセンターでファインプレーを2つ

失点を防いでいただけに

神様の悪戯を残念に思う

 

 

 

 

タグ: ,

10 Comments

  1. 匿名 より:

    俊介の怪我と7回目のサヨナラ負けのダブルショック

  2. 匿名 より:

    福留が中谷の肩を抱いていたのが印象的
    福留ってリーダーやなぁ

  3. 匿名 より:

    俊介の無事と中谷は必ず乗り越えてくれる事を祈ってます。

  4. 匿名 より:

    違うやん。
    9回裏の大和のミスは、ランナーの丸が一塁方向へ逃げたところで、まず打者走者のルナを一塁でアウトにし、その後二塁送球ランナーの丸にタッチしたら、楽勝で併殺やったやん。
    当たりが弱かったから、普通の4-6-3の併殺は無理!

  5. 匿名 より:

    継投も下手だし、未だに鳥谷を1番で使い続けるし

    ここも超変革してくれ

  6. 匿名 より:

    「パート2」って・・・・

    • 匿名 より:

      広島の松山選手にやられたパート2ってことやろ。
      今日は打ち取ったんやけどね。

      • 匿名 より:

        「松山」をかけてるのはわかってるよ
        松山の悲劇ってもともと2ちゃんねるのネタ用語でしょ、阪神をバカにするための
        選手が怪我してるのにそれを使って「パート2」なんて書き方するのはどうなのかなって思っただけ・・

  7. 匿名 より:

    俊介お大事に。

  8. 匿名 より:

    こんなもの。広島に3連敗は予想通り!いつもの終盤の展開にベンチのミスが多すぎるだけのこと。選手に罪はない!最下位で思い切り采配を勉強したらいいだろう。負けて当たり前です❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd