岩崎ファームでは無双っぷり

今日の鳴尾浜でのオリックス戦、

先発は岩崎、

スタメンには、ヘイグや江越、横田らと並んで今成も名を連ねていた

 

江越は本塁打を含む3安打、盗塁も決め、

ファームでは役者が違う?と思わせといて

最後の打席は、150k超の荒れ球コーディエ

ストライクが入ると一軍でも打ちづらい投手になると

江越の脆さも垣間見えたけど・・

 

今成は、うまいバッティングでタイムリー

ファームならチャンスでも打てるんだ

というファンの声も聞かれたが

 

横田は、コーディエからバットを折られながら

ライト前にタイムリー・・・・

 

そして、先発岩崎

時折制球を乱し四球を出しピンチも作ったが

それもピンチでの投球練習のため

とでも言うように、点を取られそうもないピッチング

7回無失点

一軍での先発が待ち遠しい

 

この他、

ヘイグは相変わらず好調だが

外野への飛球があと一伸びすればなあという感じ

 

植田は途中出場で

軽快な遊撃守備を見せてくれました

“岩崎ファームでは無双っぷり” への1件の返信

  1. 球児が中継ぎ、11日の巨人戦から
    2016年5月11日
     「阪神-巨人」(11日、甲子園球場)

     阪神・藤川球児投手(35)が中継ぎ待機することになった。

     香田投手コーチが「(期限は)いつまでというのは決めていないけど、様子を見ながらです」と話した。登板場面については「最初は楽なところ。今年はリリーフとしての投球スタイルも見ていないので」と説明した。

     この日、藤川はドリス、マテオ、安藤らと共に、リリーフの練習メニューを消化。キャッチボールやショートダッシュを行った。(デイリー)

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください