OP戦 積極的な攻撃・・・・ソフトバンクと引き分ける

Posted on : 2016年3月3日 | post in : 阪神 2016年 |2 Replies |

2016年3月3日 ソフトバンク  3-3 阪神 (ヤフオクドーム)

 

先発岩田が5回3失点で先制を許したが、

西岡に続いて、横田、高山のタイムリーで、3点返し、引き分け。

 

野手では

1番打者緒方(DH)が、3打数2安打1死球

7番横田が、4打数2安打2三振(1打点)

6番高山が、4打数1安打(タイムリー内野安打)

 

緒方、横田、荒木(代走)が盗塁にチャレンジするもいずれも失敗

 

投手では、岩田以降の鶴、榎田、マテオが無失点で好投した模様

 

試合観戦をしたわけではないが、

変わろうとしていること、積極野球を目指していることは感じられる。

 

 

 

タグ: , ,

2 Comments

  1. 匿名 より:

    遊撃は大和だった
    北條は死球の影響で福岡には行ってないのかな、残念。

    大和は初回無死2塁で、粘ったものの三振
    最低でも1死3塁にして先制チャンクを大きくして欲しかったなあ

  2. 名無し より:

    今年の大学生のドラ1,巨人桜井、ヤクルト原、DeNA今永、広島岡田
    幸先良いスタートをきってるようだね

    阪神、高山も頑張れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd